受講案内:2022年度前期 地域協働講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記講座名をクリックすると該当講座へ移動します。
教育(講座)健康(講座)福祉(講座)企業連携(講座)生活(講座)

定員について

講座は会場定員を表示しています。オンライン講座を併用する講座のオンライン受講の定員は100名程度です。ワークショップは学習内容に合わせた定員です。野外学習のある講座・ワークショップは、学習内容に合わせ、かつ安全対策を前提とした定員です。
生涯学習プラザで同一時間帯に複数講座が開催される場合、会場定員は小教室の定員で記載しています。(会場受講の申込みの多い講座を大教室で開催します。)






講座 A 【講座名】「0歳〜2歳の子育て」応援講座
オンライン併用
【定 員】 30組(親子で参加できます)  【受講料】 3,700円  (資料代等を実費徴収いたします。) 
*保育ボランティア付きをご希望の場合(1歳児〜2歳児 6名まで、受講申し込みの際に申込必要)は
別途保育料金1,400円(保育料:1回につき200円×3回=600円、保険料:800円)がかかります。
教育  【時 間】 毎回10時00分〜12時00分(計3回)
概要  コロナ禍のために閉じられた空間で過ごすしかない若い子育て世代は孤立し、不安を抱えながらSNSなど溢れる情報世界の中に身を置いています。
 そこで、この講座ではそのような子育て世代に向けて長年にわたって子育て・孫育てに取り組んでいる専門家、そして、小児科専門医からの温かく、力強い
 メッセージをお送りします。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
5/16 (月) 川崎市
生涯学習プラザ
引き算の子育て―子どもに大切な7つの力 NPO法人孫育て・ニッポン 
理事長 ぼうだ あきこ
5/23 (月) 小児科医が教える「小児科クリニックと上手に付き合う方法」 みくりキッズくりにっく
院長 本田 真美
5/30 (月) 子育てと「防災」 NPO法人孫育て・ニッポン 
理事長 ぼうだ あきこ
連絡
事項
 託児をお申込みされた方には、受講決定通知のご案内の際に、託児サービスの詳細をご案内いたします。(保育対象:1歳児〜2歳児のお子さま 6名まで)




講座 B 【講座名】 「認知症」を最新医学から学ぶ
【定 員】 100名  【受講料】4,480円
健康  【時間】 毎回14時00分〜15時30分(計5回)
概要 高齢化の進展とともに、認知症患者数も増加し、2020年の65歳以上の高齢者の認知症有病率は16.7%、6人に1人程度が認知症有病者と言われます。本講座では、聖マリアンナ医科大学病院に所属する多職種の講師らが、認知症の検査・診断、初期治療、そして支援について様々なアプローチから詳細に解説します。
※聖マリアンナ医科大学等からの中継となります。受講生の方もそれぞれご自宅等でご受講いただきます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
5/10(火) zoomによる
オンライン講義

(講師・受講者共に
任意の場所より参加
「認知症」の基礎知識と予防について 聖マリアンナ医科大学
神経精神科学
病院教授/
認知症(老年精神疾患)治療研究センター長
笠貫 浩史
5/17(火) 「認知症」の介護とケアについて 聖マリアンナ医科大学病院 
看護部
認知症看護認定看護師 
小橋 章人
5/31(火) 「認知症」の介護保険サービスを中心に 聖マリアンナ医科大学病院
神経精神科
精神保健福祉士 
久米 歩
6/7(火) 「認知症」のココロ模様と家族の心理 聖マリアンナ医科大学病院
神経精神科
臨床心理士
田所 正典
6/14(火) 「認知症」と運転免許 聖マリアンナ医科大学
神経精神科学
講師/
認知症(老年精神疾患)治療研究センター副センター長
袖長 光知穂
連絡
事項
※各講座の資料は、原則前日午後にメールでお送りいたします。




講座 C 【講座名】 傾聴ボランティア養成講座
【定員】42名  【受講料】10,600円(資料代等を実費徴収いたします。)
福祉  【時間】毎回13時00分〜17時00分(計10回)
概要 傾聴とは、相手の話に耳を傾け、一生懸命、あるいは熱心に聴くことです。また、相手の話を一生懸命、あるいは熱心に聴くためには、相手の存在を認めるといった基本的な人への向かい合い方(態度)も必要になってきます。相手の話を否定しないで、どんなふうに聴けるか、練習をします。 「高齢者に対しての傾聴ボランティア」養成講座です。
月/日(曜日)時間会場学習内容講師名(敬称略)
1,2 5/11 (水) 13:00〜15:00 生涯学習
プラザ
(講義)よい聴き手になるために〜傾聴の意味と意義〜 NPO法人
日本傾聴ボランティア協会
事務局長 山田 豊吉
15:00〜17:00 (演習)初めての出会い、「傾聴モードで聴く」・・・話す喜び、聴く喜び
3,4 5/18 (水) 13:00〜15:00 (RP)傾聴のスキル「繰り返し」「質問」「共感的な励まし」「支持」
15:00〜17:00 (RP)傾聴のスキルを使って、総合練習@ ロールプレイ実習
5,6 6/1 (水) 13:00〜15:00 (RP)傾聴のスキルを使って、総合練習A ロールプレイ実習
15:00〜17:00 (RP)実践に向けて総合練習 @「よくある事例」を使って、ロールプレイ実習
7,8 6/8 (水) 13:00〜15:00 (RP)実践に向けて総合練習 A「よくある事例」を使って、ロールプレイ実習
15:00〜17:00 (講義&RP)認知症高齢者への関わり方及びロールプレイ実習
9,10 6/15 (水) 13:00〜15:00 (講義)傾聴ボランティア活動の仕方(個人宅&各種の高齢者施設等)
15:00〜17:00 先輩の傾聴ボランティアの方のお話




講座 D 【講座名】 地域社会に貢献している川崎の会社と人々 その23
【定員】70名  【受講料】8,980円  (資料代等を実費徴収いたします。)
企業連携  
【時間】 座学 13時 30分〜 15時 00分  現地見学は開始/終了時間が変わります。    (計10回)
概要 ものづくり企業や先端技術の開発・研究機関を多く抱える川崎には、世界に誇る技術やアイディアをもつ企業・研究者がたくさんいます。川崎を中心とした企業・団体・個人の方々から、最先端の技術、ものづくり、環境、教育、まちづくり等を学びます。 初めての方も気軽に参加できる講座です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/14(木) 川崎市
生涯学習
プラザ
長寿命化が求められるインフラ業界でのDX化技術〜ロボット×AI技術 株式会社イクシス代表取締役
山崎 文敬
4/21(木) 「はやぶさ2」が教えてくれたもの 元NEC航空宇宙システム 
チーム「はやぶさ」メンバー
小笠原 雅弘
4/28(木) 見学 第1部 講演:競輪とは? その仕組みと地域貢献
第2部 見学:川崎競輪場
川崎市経済労働局公営事業部総務課課長
倉 雅彦
5/12(木) 川崎市
生涯学習
プラザ
地域に根差した循環型社会の構築を目指して 株式会社ちとせ研究所
シニアマネジャー
北村 玲雄奈
5/19(木) 完全脱炭素化への道〜町工場の挑戦 日崎工業株式会社代表取締役
三瓶 修
5/26(木) 「学び直そう!成年後見制度」〜どのようなときに役に立つのか? キーワードは「代理権」と「任意後見」 成年後見サポート
W.Coあうん事務局長
佐々木 肇
6/9(木) 見学 第1部 講演:「私の街から戦争がみえた」~登戸研究所を調べて35年の軌跡~
第2部 見学:明治大学平和教育登戸研究所資料館
明治大学講師
渡辺 賢二
6/16(木) 川崎市
生涯学習
プラザ
クラブ創設26周年〜球団を市民と共に一歩ずつ作り上げる 川崎フロンターレ
タウンコミュニケーション部部長 
天野 春果
6/30(木) 地域資源を活かした川崎区のまちづくり〜区制50周年迎えた川崎区の取組み 川崎区役所川崎区長
増田 宏之
10 7/7(木) 人生100年時代、福祉イノベーションの価値共創から実装へ 東京工業大学教授
西田 佳史
連絡
事項
 第7回 見学会につきましては、見学が中止となった場合に川崎市生涯学習プラザでの講演に変更となることがあります。




講座 E 【講座名】 シニア世代が安心して楽しく過ごすためのマネー術
オンライン併用
【定 員】 70 名  【受講料】  2,880円(資料代を実費徴収いたします。)  
生活  【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計3回)
概要 人生100年時代、現役リタイア後はお金に働いてもらいたいものです。資産運用・年金・税金など、どこでどの様なものであれば安全なのか。知っていると知らないでは大きな差が出るお金の事情を解説、自分にストレスのないマネー術を学びます。人それぞれ違う税金は簡単な計算方法を学び、自分の場合でシミュレーションを行います。また様々な分野に拡大が見込まれるデジタル化に対応できる知識を事例に沿って学んでいきます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
5/13(金) 川崎市
生涯学習プラザ
銀行が勧める投資商品は買ってはいけない 日本ファイナンシャル
プランナーズ協会認定
CFP®認定者 三島木 英雄
5/27(金) 実は簡単税金計算
6/10(金) デジタル化に対応して老後生活を楽しむ
連絡
事項
第2回(5/27)は税金の簡単な計算をいたします。常用している電卓などをご用意ください。





















このページの先頭へ