受講案内:2022年度前期 土曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記講座名をクリックすると該当講座へ移動します。
歴史(川崎学)講座

定員について

講座は会場定員を表示しています。オンライン講座を併用する講座のオンライン受講の定員は100名程度です。ワークショップは学習内容に合わせた定員です。野外学習のある講座・ワークショップは、学習内容に合わせ、かつ安全対策を前提とした定員です。
生涯学習プラザで同一時間帯に複数講座が開催される場合、会場定員は小教室の定員で記載しています。(会場受講の申込みの多い講座を大教室で開催します。)






講座 32 【講座名】 モノの生産から見る川崎の歴史(その2)
【定 員】72名  
【受講料】2年会員11,490円 1年会員12,920円 聴講生17,210円(野外学習安全費用50円を含みます。)
歴史(川崎学) 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 京浜工業地帯の中心として、現代のモノづくりの先端を進むのが川崎です。この川崎のモノづくり、決して一朝一夕に成立したものではありません。原始から現代に至る人びとの「モノづくり」によって成されてきたのです。モノの生産から川崎の歴史を眺め、各時代どのようにしてモノが運ばれたのかを考えます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1 4/9(土) 川崎市
生涯学習
プラザ
川崎の縄文土器 國學院大學
栃木短期大学准教授
中村 耕作
2 4/16(土) 瓦から見た影向寺の姿 國學院大學講師
中 大輔
3 4/23(土) 稲毛荘の農業と諸産業 國學院大學栃木短期大学教授
菱沼 一憲
4 5/14(土) 戦国時代の竹と縄 都筑・橘樹研究会会員
小股 昭 
5 5/21(土) 川崎の道と信仰 成城大学名誉教授
田中宣一
6 5/28(土) 多摩川の水運 埼玉県立文書館・
八代市立資料館嘱託
清水 雅彦
7 6/4(土) 多摩川の筏流しと登戸の筏会所 國學院大學栃木短期大学教授
坂本 達彦
8 6/11(土) 川崎の味噌・醤油造り 法政大学第二中・高等学校
育友会教育研究所所長
大庭 乾一
9 6/18(土) 塩づくりから産業の米(鉄鋼)作りへ 京浜歴史科学研究会会員
大湖 賢一 
10 6/25(土) 野外学習 花作りの現場を歩く(江戸の園芸文化を支えた川崎の花作りの現場を歩く) 川崎地域史研究会会員
川崎 晶子
11 7/9(土) 近代川崎の物作りの跡を歩く(コロンビアレコード、味の素、富士紡工場跡を歩き、川崎の近代工業成立の様子を知る) 東部62部隊を
語り継ぐ会代表
大泉 雅彦
12 7/16(土) 川崎市
生涯学習プラザ
川崎の農機具づくり 明治大学講師
渡辺 賢二
連絡
事項
初回(4/9)はコーディネーターの大庭乾一講師の話と事務連絡があります。10時までにお集まりください。


















このページの先頭へ