受講案内:2022年度後期 火曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記講座・ワークショップ(WS)名をクリックすると該当講座へ移動します。
美術T講座エクセレントV講座新しい科学の世界T講座自然U(川崎学)講座日本史講座日本史WSみどり学T講座みどり学(フレッシュ)講座

定員について

講座は会場定員を表示しています。オンライン講座を併用する講座のオンライン受講の定員は100名程度です。ワークショップは学習内容に合わせた定員です。野外学習のある講座・ワークショップは、学習内容に合わせ、かつ安全対策を前提とした定員です。
生涯学習プラザで同一時間帯に複数講座が開催される場合、会場定員は小教室の定員で記載しています。(会場受講の申込みの多い講座を大教室で開催します。)






講座 6 【講座名】 シルクロードの仏教説話図―インドから法隆寺玉虫厨子まで
【定員】 200名  【受講料】2年会員11,440円  1年会員12,870円  聴講生17,160円
美術T  【時間】毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 インドでは仏教の教えや物語を絵画や彫刻で表した説話図が早くから発達し、またその絵解きも行われていたようです。日本を終着点とするシルクロードに伝えられた説話図の内容と技法について、楽しく絵解きをしながらご紹介します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/4(火) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
導入 仏教説話図とは何か 多摩美術大学講師
森 美智代
10/18(火) インド・バールフット仏塔の浮彫
11/1(火) インド・アジャンター石窟@ 前期石窟の壁画
11/15(火) インド・アジャンター石窟A 後期石窟の壁画
11/29(火) ガンダーラの仏伝図浮彫@
12/6(火) ガンダーラの仏伝図浮彫A
12/13(火) 中央アジア・キジル石窟@ 第一様式壁画
1/17(火) 中央アジア・キジル石窟A 第二様式壁画
1/31(火) 中国・敦煌莫高窟@ 北朝前期の壁画
10 2/14(火) 中国・敦煌莫高窟A 北朝後期〜隋の壁画
11 2/28(火) 日本・法隆寺玉虫厨子@
12 3/14(火) 日本・法隆寺玉虫厨子A




講座 7 【講座名】 〈中華帝国システム〉を考える(第2部)
       ----歴史と比較の視座から理解する東アジアの国際関係----
オンライン併用
【会場定員】 200名  【オンライン定員】100名  
【受講料】2年会員11,440円  1年会員12,870円  聴講生17,160円
エクセレントV  【時間】毎回13時30分〜15時00分(計12回)
概要 超大国の座を目指す中国は、《中華帝国》システムの理想を現代に応用し、中国と世界の発展を牽引すると称していますが、一方で中国の内外で摩擦が引き起こされてきたのは何故でしょうか。このリレー講義では、歴史と思想に造詣の深い講師をお招きし、中国と周辺諸地域、そして国際関係の来し方行く末をめぐる多面的な視点をご提供します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/4(火) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
他者に冷たい漢文明・近親憎悪を生むロシア世界 東アジアと旧ソ連圏の比較 東京大学教授 
松里 公孝
10/18(火) イギリス帝国と中華帝国 比較と関係 成城大学名誉教授
木畑 洋一
11/1(火) 近代中国人の日本発見 東京大学教授
吉澤 誠一郎
11/15(火) 中華世界の中の台湾----統合と離反 東京大学教授
松田 康博
11/29(火) 近代国際関係と中華帝国の不調和 朝鮮とチベットを中心に 東京大学教授
平野 聡
12/6(火) 中華帝国システムと新疆の近現代 法政大学准教授
熊倉 潤
12/13(火) 中国ナショナリズムの出現と「中華民族」「五族共和」 東京大学教授
平野 聡
1/17(火) 清朝の滅亡とともに中華世界から離脱したモンゴルと、離脱できなかったチベット 東京外国語大学名誉教授 
中見 立夫
1/31(火) 米中の体制競争----揺らぐ米国民主主義 同志社大学准教授
三牧 聖子
10 2/14(火) 香港の悲劇 植民地構造と民主化の模索 東京大学教授
阿古 智子
11 2/28(火) 現代中国とソ連・ロシア 交渉中
12 3/14(火) 中国の「一帯一路」新時代と民族問題の行方 東京大学教授
平野 聡




講座 8 【講座名】 宇宙の誕生から日本列島まで II
オンライン併用
【会場定員】48名  【オンライン定員】100名  
【受講料】2年会員11,440円  1年会員12,870円  聴講生17,160円
新しい科学の世界T  【時 間】毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 宇宙から太陽系、そして私たちの住む地球・日本列島まで順次、時間と空間を狭めていって、私たちの持つ自然観に勤しむ第2弾です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/4(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
地球の中の宇宙―日常に潜む宇宙を知る 国立天文台
特任教授 渡部 潤一
10/11(火) 宇宙の中の地球―宇宙観の変遷を知る
10/18(火) 惑星を取り巻く宇宙環境と生命生存可能性(1)
**遠隔講義
東京大学
教授 関 華奈子
10/25(火) 惑星を取り巻く宇宙環境と生命生存可能性(2)
11/1(火) ハビタブル惑星としての地球
**遠隔講義
東京大学大学院
教授 田近 英一
11/8(火) 太陽系外に第二の地球は存在するか?
11/22(火) 海洋深層循環 東京大学名誉教授
日比谷 紀之
11/29(火) 気象津波の励起機構
12/6(火) プレートテクトニクスとアジア・日本列島(1) 東京大学名誉教授
木村 学
10 12/13(火) プレートテクトニクスとアジア・日本列島(2)
11 1/17(火) 日本列島域の地震と地殻変動(1) 海洋研究開発機構
海域地震火山部門長
小平 秀一
12 1/24(火) 日本列島域の地震と地殻変動(2)
連絡
事項
**遠隔講義」とは講師の先生はご自宅等からオンラインでご講義下さり、会場でご受講の皆さんはスクリーンでご受講いただきます。




講座 9 【講座名】 つぶさに観る自然の姿
【定員】40名  【受講料】2年会員11,440円  1年会員12,870円  聴講生17,160円
自然U(川崎学)
【時間】 毎回10時30分〜12時00分  野外学習は、学習内容記載の時間を参照。(計12回) 
概要 自然は、見方を変えることにより様々な姿を私たちに見せます。本講座は川崎周辺の動物・植物、地形・地質の各分野を野外観察を中心に細かく観る実践的な構成になっています。自然を多角的に観る目を養うことができます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1 10/25(火) 川崎市
生涯学習プラザ
多摩川対岸の地学1〜武蔵野台地の地形・地質 神奈川県立
生命の星・地球博物館
名誉館員
笠間 友博
2,3 11/1(火) 鎌倉市 鎌倉の第四紀層めぐり
(午前・午後に各2時間程度を予定)
神奈川県
立生命の星・地球博物館
学芸員 田口公則
4,5 11/15(火) 町田市、相模原市 武蔵国と相模国、多摩丘陵と相模野台地、境をめぐる地形学散歩
(午前・午後に各2時間程度予定)
多摩川流域自然史研究会代表
増渕 和夫
6 11/22(火) 国分寺市 多摩川対岸の地学2〜導入 国分寺崖線と湧水
(午前に約2時間程度予定)
神奈川県立
生命の星・地球博物館
名誉館員
笠間 友博
7,8 12/6(火) 府中市、国分寺市 多摩川対岸の地学3〜府中崖線、浅間山、国分寺崖線
(午前・午後に各2時間程度予定)
9 12/20(火) 川崎市
生涯学習プラザ
冬の植物観察 神奈川県立
生命の星・地球博物館
学芸員 石田祐子
10 2/14(火) 神奈川県の植物〜希少種・外来種
11 3/7(火) 海岸ベントスの種間競争 〜生きるためのあの手この手 NPO法人ディスカバーブルー
寺西 聡子
12 3/14(火) 葉山町 海岸ベントス生態観察(午後開催:14:00〜16:00)
連絡
事項
※自然T(川崎学)講座と自然U(川崎学)講座の両方が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に併願して両方当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※10/25(火)10時00分より30分程オリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。




講座 10 【講座名】 「大正デモクラシー」の光と影−民衆の視点、東アジアの視点から検証する
オンライン併用
【会場定員】48名  【オンライン定員】100名  
【受講料】2年会員11,440円  1年会員12,870円  聴講生17,160円
日本史  【時 間】毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 「大正」時代に高揚した自由主義・民主主義的な風潮を、「大正デモクラシー」と呼んでいます。しかし、なぜ「大正」+「デモクラシー」なのでしょうか。「大正」時代と「デモクラシー」期は、どう関係するのでしょうか。民衆の視点、東アジアの視点から「大正デモクラシー」の意味を検証し、その光と影に迫ります。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/ 4(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
「大正デモクラシー」とは何か
―時代状況と研究状況から
早稲田大学名誉教授
大日方 純夫
10/11(火) 「大正デモクラシー」と帝国憲法
―君主制と内閣の位相
10/18(火) 東アジア史の視点から考える「大正デモクラシー」
10/25(火) 外国新聞から読み解く「大正デモクラシー」期の日本
11/ 1(火) 都市暴動はいかにして起きたか―1905〜1918年 早稲田大学教授
藤野 裕子
11/ 8(火) 普選運動・労働運動を再考する―1920年代
11/22(火) 朝鮮人虐殺を考える―1923年・1932年
11/29(火) 東アジアからの留学生(1)―1910年代を中心に 早稲田大学歴史館
嘱託
宮本 正明
12/ 6(火) 東アジアからの留学生(2)―1920年代を中心に
10 12/13(火) 治安維持法の成立と運用 小樽商科大学名誉教授
荻野 富士夫
11 1/17(火) 朝鮮・台湾における治安維持法
12 1/24(火) 「転形期」の青春―小林多喜二と西田信春




WS 3 【ワークショップ名】 探訪「大正デモクラシー」〜『原敬日記』を読み解く
※グループ発表あり   オンライン併用
【定 員】 35名  【受講料】2年会員・1年会員ともに10,010円  聴講生11,440円
【ワークショップ】 日本史  【時 間】毎回13時15分〜15時15分(計7回)
概要 本年度のWSでは、近代日本を代表する政党政治家・原敬(1856〜1921 年)の日記(『原敬日記』)を読み解きます。原が要職を歴任した期間は、「大正デモクラシー」と呼ばれる戦前日本の転換点に重なっています。日記にも、そうした重要な時期に際会した原の率直な思いがつづられており、当該期を考察するうえで不可欠の史料となっています。そこで今回は、日記に登場する重要な事件をいくつか取り上げます。記述の背後にある社会状況や登場人物について調査し、その結果を報告していただいた後に全員で討論します。強大な軍部と渡り合い、民主主義の「芽」を根付かせる活動に邁進した原の生きざまは、危機に瀕した民主主義の時代を生きる私たちに多くの示唆を与えてくれます。本日記を読み解き、「大正デモクラシー」の時代と原敬に関する理解を深め、日本近現代史に親しんでいただけましたら幸甚です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/4(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
『原敬日記』を読み解く意義〜ガイダンスと課題史料について 日本大学文理学部人文科学研究所研究員
荒船 俊太郎
10/25(火) 天皇の代替わり〜明治の終焉と大正時代の幕開け
11/1(火) 二個師団増設問題の深刻化
11/15(火) 第一次護憲運動
12/13(火) シベリア出兵問題の深刻化と米騒動
1/17(火) 「平民宰相」の誕生
1/24(火) まとめにかえて〜「大正デモクラシー」と原敬の時代
連絡
事項
*テキストとして、関連資料を第1回目に用意します。別途テキスト代をいただきます。
*参考図書:季武嘉也『原敬』(山川出版社〔日本史リブレット〕、2010年、880円)・清水唯一朗『原敬』(中公新書、2021年、990円)など。
*受講者による報告と質疑応答を含むゼミ形式で行います。




講座 11 みどり学T―身近な自然に興味を持ち親しみを深める
オンライン併用
【定員】90名 【受講料】2年会員11,440円  1年会員12,870円  聴講生17,160円
みどり学T  【時 間】講義:13時30分〜15時00分、野外:10時30分〜14時30分予定(計12回)
概要 みどり学は自然環境を広く学ぶ講座です。日常生活の中で接する身近な自然を見つめ、自然と生活の関わりを理解して、生活に生かすことを目指します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1,2 10/4(火) 仲町台
公園
計画された植栽緑地から自然景観を探る A班実施
B班休み
樹木医 石井誠治
10/11(火) B班実施
A班休み
3 10/18(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
秋バラの季節バラの探求〜日本の野生バラと世界の園芸バラ A・B班実施 森林インストラクター
武部 令
4,5 10/25(火) 林試の森公園 世界の樹木が集まる林野庁試験場跡地の森 A班実施
B班休み
森林インストラクター・グリーンセイバー
中西由美子
11/1(火) B班実施
A班休み
6 11/8(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
高山植物の生活史と近年の植生変化 A・B班実施 東邦大学理学部准教授
下野綾子
7 11/22(火) 虫を知り、虫を食べる A・B班実施 東京農工大学准教授
鈴木丈詞
8,9 11/29(火) 鎌倉中央公園 鎌倉時代の自然を偲び、当時の景観に想いを馳せる A班実施
B班休み
樹木医 石井誠治
12/6(火) B班実施
A班休み
10 12/13(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
北極の氷河を解かす小さな植物〜雪氷藻類 A・B班実施 千葉大学教授 竹内 望
11 1/17(火) 植物と昆虫〜その密接な関係を探る A・B班実施 千葉大学教授 野村昌史
12 1/24(火) ブナ科のドングリに秘められた4000年の眠り A・B班実施 樹木医 石井誠治
連絡
事項
※本講座は、みどり学の受講経験の浅い方が比較的多く受講しています。
※みどり学の3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に併願して両方当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※9/27(火)13時30分より小一時間ほどオリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。




講座 12 【講座名】 みどり学(フレッシュ)
【定員】 40名  【受講料】 2年会員11,440円  1年会員12,870円  聴講生17,160円
みどり学(フレッシュ)  【時間】講義:13時30分〜15時00分、野外:10時30分〜14時30分予定(計12回) 
概要 みどり学を初めて受講される方を中心に、身近な自然に目を向けるきっかけをつかむことを目的にした講座です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1 10/4(火) 川崎市
生涯学習プラザ
秋バラの季節バラの探求〜日本の野生バラと世界の園芸バラ 森林インストラクター
武部 令
2 10/11(火) 東京の地形の成り立ちと狭山丘陵の形成 東京学芸大学名誉教授
小泉武栄
3,4 10/18(火) 代々木
公園
代々木公園周辺の地形と歴史を楽しむ 樹木医 石井誠治
5 10/25(火) 川崎市
生涯学習プラザ
明治神宮の100年〜永遠の森を目指した先人たちの軌跡 明治神宮国際神道文化研究所主任研究員
今泉宜子
6 11/1(火) 縄文時代からから使われる漆の樹木としての魅力と、JAPANと呼ばれる漆器 樹木医 石井誠治
7,8 11/8(火) 小金井
公園
歴史ある小金井公園の自然と江戸東京たてもの園 樹木医 石井誠治
森林インストラクター・グリーンセイバー
中西由美子
9 11/29(火) 川崎市
生涯学習プラザ
一目千本だけが名所じゃない。様々な桜の名所を訪ねて 日本花の会特任研究員
和田博幸
10 12/6(火) カイコの可能性を拓く 東京農工大学大学院准教授
伊藤克彦
11,12 1/17(火) 大井・
東京湾
野鳥公園
埋立地にできた野鳥の楽園と日本一の花市場 樹木医 石井誠治
連絡
事項
※本講座は、アカデミーで初めてみどり学を学ぶ方や、初心に帰って学び直しをしたい方に向けた内容となっております。
※みどり学の3講座と山の自然学講座のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に併願して両方当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※10/4(火)13時00分よりオリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※変更(7/18):講師都合により、11/8(火)の講師が変更になりました。













このページの先頭へ