受講案内:2021年度前期 土曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


定員:講座は会場定員を表示しています。オンライン講座を併用する講座のオンライン受講の定員は100名程度です。ワークショップは学習内容に合わせた定員です。野外学習のある講座・ワークショップは、学習内容に合わせ、かつ安全対策を前提とした定員です。

下記講座名をクリックすると該当講座へ移動します。
歴史(川崎学)講座




講座 31 【講座名】 川崎に生きた人々U―災害や病魔と闘ってきた人々
【定員】 71 名  【受講料(税込)】2年会員 11,540 円  1年会員 12,970 円  聴講生 17,260円 (野外学習安全費用100円を含みます。)   
歴史(川崎学) 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 新型コロナ感染症によって、健康・生命・生活が危うい状態におかれています。この時期に川崎に生きた人々が災害や病魔と、どの様に向き合い、乗り越えてきたのかを学ぶことは時宜に適った学習です。各時代の人々の足跡をたどります。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/10(土) 川崎市
生涯学習
プラザ
多摩川の氾濫と地名の民俗学 成城大学名誉教授
田中宣一
4/17(土) 戦国期の疫病・飢饉とどう向き合ったか 戦国史研究会会員
中西望介
4/24(土) 弥生の村はどう形成されたか 法政大学教授
小倉淳一
5/15(土) 多摩川を治めた豪族と白山古墳 日本考古学協会会員
古屋紀之
5/29(土) 野外学習 多摩川の流路と災害に立ち向かう人々
−女体神社・延命寺・円真寺・妙光寺
戦国史研究会会員
中西望介
6/5(土) 川崎市
生涯学習
プラザ
新発見の史料に基づく多摩川低地の治水 國學院大學栃木短期大学教授
菱沼一憲
6/12(土) 近代における横浜・川崎の感染症の歴史 都筑・橘樹研究会会員
相澤雅雄
6/19(土) 富士山の噴火と田中丘隅 神奈川県立歴史博物館
学芸部長
望月一樹
7/3(土) 関東大震災と川崎 法政大学第二高等学校育友会教育研究長
大庭乾一
10 7/10(土) 多摩川の氾濫が生んだ文学者 岡本かの子ー洪水を押し渡って恋を成就 川崎地域史研究会会員
川崎晶子
11 7/17(土) 野外学習 川崎大師とその周辺―災害・厄除を中心に若宮八幡宮・川中島神明社・川崎大師など 横浜商科大学兼任講師
伊藤拓也
12 7/31(土) 川崎市
生涯学習プラザ
疫病と闘った川崎の女性たち 明治大学講師
渡辺賢二
連絡
事項
初回(4/10)はコーディネーターの中西望介講師の話と事務連絡があります。10時までにお集まりください。


















このページの先頭へ