受講案内:2021年度前期 金曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


定員:講座は会場定員を表示しています。オンライン講座を併用する講座のオンライン受講の定員は100名程度です。ワークショップは学習内容に合わせた定員です。野外学習のある講座・ワークショップは、学習内容に合わせ、かつ安全対策を前提とした定員です。

下記講座・ワークショップ(WS)名をクリックすると該当講座・ワークショップ(WS)へ移動します。
世界史講座みどり学U講座山の自然学講座美術U講座美術T・UWS
エクセレントU講座経済講座経済WS映像・メディア講座






講座 24 【講座名】 中央ユーラシアの歴史(第2部)
オンライン併用
【定員】 71 名  【受講料(税込)】2年会員 11,440 円  1年会員 12,870 円  聴講生 17,160 円  
世界史 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 16世紀以降、中央ユーラシアは、しだいに西からはロシア、東からは清朝の支配下に組み込まれ、両帝国に二分されるなかで近代を迎える。そして、1917年のロシア革命、その後の中国革命をへて、中央ユーラシアには社会主義体制が出現する。近現代の巨大な体制変動のなかを中央ユーラシアの人々はどのように生きたのだろうか。具体的なテーマに焦点を合わせ、日本との関係も視野に収めながら、激動の時代をたどることにしたい。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/16(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
イントロダクション 東京大学名誉教授
小松久男
4/23 (金) チベット仏教世界の成立と展開ーダライラマとモンゴル・清朝 早稲田大学教授
石濱裕美子
5/14(金) 露清帝国とカザフ・ハン国 東京外国語大学准教授
野田仁
5/21(金) ウズベク諸ハン国の時代 東京外国語大学講師
木村暁
5/28(金) ロシア領トルキスタンの成立と西徳二郎
6/4(金) 遊牧戦士の近代ー大国ロシアと向き合うリーダーたち 早稲田大学准教授
秋山徹
6/11(金) 大谷探検隊とその時代 東海大学教授
片山章雄
6/18(金) ロシア革命と中央アジアの民族運動 東京大学名誉教授
小松久男
6/25(金) 20世紀のモンゴルーモンゴル人の統合と独立の模索 東京外国語大学准教授
青木雅浩
10 7/2(金) ウイグル人の近代―教育と民族運動の展開 中央大学兼任講師
清水由里子
11 7/9(金) 中央ユーラシアから日本へーイブラヒム の軌跡 東京大学名誉教授
小松久男
12 7/16 (金) ソ連と中国のなかの中央ユーラシア諸民族 法政大学准教授
熊倉潤




講座 25  みどり学U−木や草が生活とつながる面白さを極める
オンライン併用
【定員】 70名(会場定員:35名、オンライン定員35名)  
【受講料(税込)】2年会員 12,340 円  1年会員 13,770 円  聴講生 18,060円  (野外学習安全費用900円を含みます。)
みどり学U 【時 間】 講義:10時30分〜12時00分、 野外:10時30分〜14時30分予定(計12回)
概要 みどり学は自然環境を幅広く学ぶ講座です。身近な自然との触れ合いの中から学んだ知恵を、周囲の市民やさまざまな活動に生かすことを目指します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1、2 4/16(金) 浜離宮 将軍の別邸に咲く八重桜を楽しむ B班実施・
A班休み
樹木医 石井誠治
4/23(金) A班実施・
B班休み
5/14(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
尾瀬で起こったナガバノモウセンゴケ発見の顛末と生育地の不思議 A・B班実施 宇都宮大学名誉教授
谷本丈夫
5/21(金) 丹沢山中で発見された白色火山灰はどこから来たの?(広域火山灰の役割) A・B班実施 元立正大学教授
福岡孝昭
5、6 5/28(金) 野川公園 野川公園の大木めぐり A班実施・
B班休み
森林インストラクター
武部 令
6/4(金) B班実施・
A班休み
6/11(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
身近な植物のワンダーランド〜五感で探る植物の不思議〜 A・B班実施 植物生態学者
多田多恵子
6/18(金) 筑波実験植物園で体験した植物の栽培管理現場での気付きや面白さ A・B班実施 筑波実験植物園技能補佐員
二階堂太郎
9、10 6/25(金) 等々力渓谷 都内に残る最後の渓谷に涼を求め、周囲の自然と歴史を探る B班実施・
A班休み
樹木医 石井誠治
7/2(金) A班実施・
B班休み
11 7/9(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
ガラパゴスの生物の進化と保全パートU A・B班実施 横浜国立大学准教授
倉田薫子
12 7/16(金) 人気の高尾山で起こっている怖い現実と未来 A・B班実施 樹木医 石井誠治
連絡
事項
※本講座は、みどり学の受講経験の長い方が比較的多く受講しています。 ※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に併願して両方当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。 ※4/9(金)10時30分よりオリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。




講座 26 【講座名】  山の自然学
【定員】 30 名  
【受講料(税込)】2年会員 12,190 円  1年会員 13,620 円  聴講生 17,910円 (野外学習安全費用750円を含みます。)   
山の自然学 【時 間】 講義:13時00分〜14時30分  野外:10時30分〜14時30分予定(計12回) 
概要 山の自然学(地生態学)をベースにして各地の自然の解説をおこなうほか、3個所で野外実習を行い、実際の自然の成り立ちについて考察する。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1、2 4/16(金) 埼玉県飯能市 奥武蔵、風影・八徳を訪ねる 東京学芸大学名誉教授 
小泉武栄
5/14(金) 川崎市生涯学習プラザ 中部地方の地生態学4
5/21(金) 中部地方の地生態学5
5、6 6/4(金) 神奈川県三浦市 荒崎海岸と剣崎
6/11(金) 川崎市生涯学習プラザ 中部地方の地生態学6
6/18(金) 近畿地方の地生態学1
9、10 6/25(金) 東京都東久留米市 東久留米湧水群の観察
11 7/9(金) 川崎市生涯学習プラザ 近畿地方の地生態学2
12 7/16(金) 近畿地方の地生態学3
連絡
事項
※本講座は、長年みどり学を受講した方に向けた内容となっております。 ※野外学習は、歩行距離やアップダウンがある行程となりますのでご注意ください。 ※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に併願して両方当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。 ※4/9(金)の11時30分より小一時間程度オリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。




講座 27 【講座名】 ギリシア美術の魅惑の扉を開く
【定員】 150 名  【受講料(税込)】2年会員 11,440 円  1年会員 12,870 円  聴講生 17,160 円  
美術U 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 ギリシア美術は西洋の古典主義美術の源としてよく知られていますが、それはこの美術のほんの一面に過ぎません。ここでは、ギリシア美術の豊かな多面性を示すトピックをいくつか設け、それらの扉を開いてこの美術の新鮮な魅力に迫りたいと思います。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/16(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
はじめに 元武蔵野美術大学教授
 篠塚 千惠子
5/14(金) ローマンコピーとギリシア彫刻
5/21(金) 《ラオコーン》はギリシア美術なのか
5/28(金) ギリシア美術のキーワードとしての裸体像
6/4(金) ギリシア美術の多義的裸体像
6/11(金) ギリシア陶器画への誘い
6/18(金) ギリシア陶器画の魅力
6/25(金) ギリシアの祭儀と美術表現
7/9(金) 美術でたどる古代オリンピック競技
10 7/16(金) ギリシアの擬人像について
11 7/23(金) 擬人像と寓意画
12 7/30(金) おわりに
連絡
事項
※美術U講座の様子は、運営世話人の皆さまによる講座紹介ブログ「美術U・新百合ヶ丘」がありますので、ご覧ください。




WS 12 【ワークショップ名】 受講生参加型ゼミナール「美術史を読む」
【定員】 20 名  【受講料(税込)】2年会員 17,160 円  1年会員 17,160 円  聴講生 18,590 円  
【ワークショップ】 美術T・U 【時 間】 毎回13時30分〜15時30分 (計12回)
概要 美術史は歴史の中に作品を位置づける学問です。一方鑑賞では感覚がものをいいます。しかしそこに美術史が加わると鑑賞に一層の深みが生まれます。今回は文献講読と「私の好きな絵(彫刻)」と題する皆さんの発表により美術史の方法についての理解を深めます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/16(金) 新百合21
ビルB2
第1会議室
ゼミの概略紹介と受講生発表(20分程度)分担 多摩美術大学教授
諸川 春樹
5/14(金) 芸術家のイメージ1:中世の芸術家:工房  
5/21(金) 受講生
発表
(各回2名)
芸術家のイメージ2:ルネサンスの芸術家
5/28(金) 新百合21
ビルB2
第2会議室
アカデミーの誕生
6/4(金) プラトンと美術
6/11(金) ヴェルフリン:美術史の基礎概念
6/18(金) モレッリ:鑑定の方法
6/25(金) 図像学と図像解釈学1
7/9(金) 図像学と図像解釈学2
10 7/16(金) フロイト:心理学と芸術
11 7/23(金) 絵画と時間表現
12 7/30(金) まとめ:美術作品とは何か
連絡
事項
受講生発表は全員して頂きます。担当日に休んだ場合は次回に発表して頂きます。




講座 28 【講座名】 天災大国日本―その歴史と教訓
オンライン併用
【定員】 150 名  【受講料(税込)】2年会員 11,440 円  1年会員 12,870 円  聴講生 17,160 円  
エクセレントU 【時 間】 毎回13時30分〜15時00分(計12回)
概要 第3波感染拡大のコロナ禍に見舞われ、これまでとは異なる社会の仕組みが生まれつつあります。しかし、昔の人たちが出遭ったさまざまな災害にどのように対応してきたかを知り、そこから何が得られるかを考える本講座は、今を生きるわたしたちにとって、生き抜くためのひとつの道筋が得られるのではないかと思います。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/16(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
コロナ禍における人間の心と身体 青木クリニック院長
青木 正美
5/14(金) 江戸幕府の感染症対策 歴史家 安藤 優一郎
5/21(金) 人生の最終楽章、考えたことありますか? 朝日新聞社記者
佐藤 陽
5/28(金) 地震学の今 歴史地震研究会会長・
地震予知総合研究振興会
上席研究員
松浦 律子 
6/4(金) 貞観地震と慶長奥州地震 東北大学
災害科学国際研究所
准教授
蝦名 裕一
6/11(金) 復興百年誌―現代に生きる関東大震災  名古屋大学特任教授
武村雅之
6/18(金) 占領下の災害・昭和南海地震 立命館大学
歴史都市防災研究所
客員研究員
北原 糸子 
6/25(金) 東日本大震災と減災教育 東北大学
災害科学国際研究所
プロジェクト講師
保田 真理
7/9(金) 富士山の火と水―天恵と災禍の生態史 山梨県立
富士山世界遺産センター所長
秋道 智彌 
10 7/16(金) 天明三年浅間山噴火災害と語り継ぎ 嬬恋郷土資料館館長
関 俊明
11 7/23(金) 江戸の水害  国文学研究資料館教授
渡辺 浩一
12 7/30(金) 災害と生きる中世 滋賀県立大学名誉教授
水野 章二




講座 29 【講座名】 社会的共通資本の考え方
オンライン併用
【定員】 71 名  【受講料(税込)】2年会員 11,440 円  1年会員 12,870 円  聴講生 17,160 円  
経済 【時 間】 毎回13時00分〜14時30分(計12回)
概要 世界的経済学者宇沢弘文が他界してはや6年になる。生前、彼の提唱した社会的共通資本は、市場主義への痛烈な批判であるとともに、豊かな社会の構築をめざす重要な指針となるものであった。その意義はコロナ禍を体験した今日、ますます大きなものとなっている。本講座は、宇沢の社会的共通資本の考え方を多角的にしかも平易に解説する。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/16(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
経済学者としての宇沢弘文 ジャーナリスト
佐々木 実
4/23(金) 社会的共通資本へ
5/14(金) コモンズと社会的共通資本〜コモンズの現場を通して 北九州市立大学准教授
廣川 祐司
5/21(金) コモンズ論の系譜 立命館アジア太平洋大学講師
茂木 愛一郎
5/28(金) 地球温暖化問題への寄与 法政大学教授
國則 守生
6/ 4(金) 社会的共通資本としての森と川 拓殖大学教授
関 良基
6/11(金) コロナ後の世界と見えざる資産の重要性 学習院大学教授
宮川 努
6/18(金) 生活の場としての都市 法政大学教授
吉永 明弘
6/25(金) 社会資本・自然資本・制度資本 釧路公立大学教授
神野 照敏
10 7/ 2(金) 大学という制度 青山学院大学教授
中野 昌宏
11 7/ 9(金) コロナ禍と日本の医療制度〜社会的共通資本の観点から 京都大学名誉教授
間宮 陽介
12 7/16(金) 父を語る  宇沢国際学館代表取締役
占部 まり




WS 13 【ワークショップ名】 平成の経済ー同時代の30年史と次代への教訓
※討論・発表中心
【定員】 35 名  【受講料(税込)】2年会員 17,160 円  1年会員 17,160 円  聴講生 18,590 円  
【ワークショップ】 経済 【時 間】 毎回15時00分〜17時00分(計12回)内容により18時まで延長する場合があります。
概要 ポストコロナの日本経済はどうなるのでしょうか。将来を見通すには過去を振り返ることが必要です。バブル崩壊で始まった平成時代は、不良債権、金融危機、デフレの進行、人口減少等、困難な問題に直面してきました。この講座では、平成時代30年間の日本経済について、定評のあるテキストを使ってじっくりと学んでいきます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/16(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
学習のガイダンス、講師のレクチャー(テキスト1章) 横浜市立大学名誉教授
金子 文夫
4/23(金) 講師のレクチャー(同2・3章)
5/14(金) 不良債権深刻化と金融破綻/(同4章)ー以下ゼミ形式
5/21(金) 交錯するデフレ議論と金融政策の再構築(同5章)
5/28(金) 橋本構造改革の挫折/財政構造改革路線の棚上げ(同6章)
6/ 4(金) 小泉構造改革の方向と新たなガバナンス(同7章)
6/11(金) 不良債権処理/構造改革/量的金融緩和策(同8・9章)
6/18(金) 民主党政権の誕生とリーマンショック(同10・11章)
6/25(金) リーマンショックの後遺症/大震災への対応(同12章)
10 7/ 2(金) 安倍政権の誕生と三本の矢(同13章)
11 7/ 9(金) 異次元緩和の展開とその限界/軌道修正(同14章)
12 7/16(金) 今後の諸課題/平成から学ぶもの(同15章・終章)
連絡
事項
・テキストは、「平成の経済」(小峰隆夫著、日本経済新聞出版、1800円+税)を使用しますので、各自でお求めください。・グループごとにテキスト担当部分の概要発表と深掘りした内容の説明、論点の提起と討議の進行を行っていただくゼミ形式です。グループと担当部分は初回時に決定します。




講座 30 【講座名】  懐かしの名作・受賞作品を語る、この人に会いたい、日本の未来を語る
【定員】 71 名  【受講料(税込)】2年会員 11,440 円  1年会員 12,870 円  聴講生 17,160 円  
映像・メディア 【時 間】 毎回15時00分〜16時30分(計12回)
概要 現在進行中のものから、歴史的名作まで「映像とメディア」に関わるプロデューサー、ジャーナリスト、評論家が次々に登壇し、語ります。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/16(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
日本の政治と教育を語る 元文部科学省事務次官
前川喜平
4/23(金) 名人登場 古典『徒然草』を朗読する
国内2大TVコンクール金賞受賞 自作『NHKBS〜青春法廷』を語る
アナウンサー・千葉市女性センター名誉館長 加賀美 幸子
ドキュメント映画「いのち」監督
元NHKプロデューサー
林 勝彦
5/14(金) 今、旬の話「東アジアと国際情勢」を語る 東アジア共同体研究所長・
元外務省国際情報局長
孫崎 享
5/21(金) 「先端医療とワクチン」を語る
夢を形に!ナノテクノロジーで創る体内病院
川崎市産業振興財団
ナノ医療
イノベーションセンター長
片岡一則
5/28(金) 著名CG作家『もし、地球が四角だったら』と『映画/レッドクリフPV』作品を語る (株)スプリューム社長・
サイエンス映像学会理事
梶塚チハル
サイエンス映像学会
事務局長代行,理事
成田顕
6/4(金) 国際的名プロデューサー登場「驚異の大自然」を語る NHKエンタープライズ
エグゼクティブプロデューサー
村田真一
6/11(金) 「実物フクロウ」登場(希望者は梟にさわれます) 市井の梟博士
木ノ本恵子
6/18(金) 世界の大巨匠「マーチン・スコセッシ監督」を語る 映画の語り部
元NHKBS映画支配人
渡辺 俊雄
6/25(金) 『文化功労者』受賞 故・大林宣彦監督の映画技法とは?
10 7/2(金) 「発達障がい」の原因は「ミネラル不足」!? 食品と暮らしの安全基金代表
小若順一
11 7/9(金) 国内2大TVコンクール金賞受賞 自作『NHKBS〜青春法廷』を語る
名人登場 古典『徒然草』を朗読する
ドキュメント映画「いのち」監督
元NHKプロデューサー
林 勝彦

NPO日本朗読文化協会・アナウンサー(元NHK)
加賀美 幸子
12 7/16(金) 原発ゴミ・NHK初の総力調査報道 自作『NHK特集〜原子力』を語る ドキュメント映画「いのち」監督
元NHKプロデューサー
林 勝彦
連絡
事項
※変更(2/12):第4回5/21(金)の学習内容を変更いたしました。
※変更(2/15):第2回4/23(金)と第11回7/9(金)の学習内容・講師を入れ替えました。













このページの先頭へ