受講案内:2021年度後期 地域協働講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記講座名をクリックすると該当講座へ移動します。
教育(講座)健康(講座)福祉(講座)企業連携(講座)生活(講座)

定員について

講座は会場定員を表示しています。オンライン講座を併用する講座のオンライン受講の定員は100名程度です。ワークショップは学習内容に合わせた定員です。野外学習のある講座・ワークショップは、学習内容に合わせ、かつ安全対策を前提とした定員です。
生涯学習プラザで同一時間帯に複数講座が開催される場合、会場定員は小教室の定員で記載しています。(会場受講の申込みの多い講座を大教室で開催します。)






講座 A 【講座名】 「孫育て」応援講座
オンライン併用
【定員】48名
【受講料】5,300円 (資料代等を実費徴収いたします。)
教育    【時間】10時00分〜12時00分(計5回)
概要 「まだ、おむつが取れないの?」「抱き癖がつかない?」 シニア世代が子育てをしていた頃の常識は今は通用しません。パパママ世代・祖父母世代が理解し合い、楽しく孫育てができるように応援する講座です。今の育児の基礎知識、子どもがよろこぶ手作りオモチャの作り方など、学んだその日から役に立ちます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/18 (月) 川崎市
生涯学習プラザ
 「孫育て10か条」「今と昔の違い」など楽しく学べます。 NPO法人孫育て・ニッポン
理事長 ぼうだ あきこ
10/25(月)  ワークショップ
11/1(月)  40年の保育ボランティア活動の経験から見る今の子育て事情について 保育ボランティアグループ「にじの会」
代表 河村 順子
11 /8(月)  遊びのいろいろや、子どもが喜ぶ手作りオモチャに挑戦!
11/15(月) 臨場感あふれる孫育て実践中の講義です! 東京都内保健所 
心理相談員 長田 美江




講座 B 【講座名】 最新医学・医療の現状と展望−さらなる健康増進を目指して         
オンラインのみ
【定員】100名
【受講料】4,480円
健康    【時間】毎回14時00分〜15時30分(計5回)
概要 シニア世代で罹りやすい生活習慣病、様々な健康トラブルへの予防法や治療法、最新のリハビリテーション治療、栄養学、高度先進医療として注目を集めているロボット手術と、幅広い領域・観点から聖マリアンナ医科大学の先生方が最新医学・医療について詳しく解説します。
月/日(曜日)学習内容講師名(敬称略)
11/9(火) 整形外科医がすすめる最新の関節疾患の治療
〜運動療法から最新のロボット手術まで〜
聖マリアンナ医科大学
整形外科学 講師/
人工関節センター
副センター長
山本 豪明
11/16(火) 排尿トラブル 前立腺肥大症編
〜前立腺肥大症、治療選択肢を教えます〜
聖マリアンナ医科大学
腎泌尿器外科学教授
菊地 栄次
11/30(火) 高血圧の予防と治療
  〜健康寿命延伸のために〜
聖マリアンナ医科大学
川崎市立多摩病院
内科学(循環器内科) 准教授
樋熊 拓未
12/7(火) 健康に長生きする体を作りましょう
〜医学的に正しく、効率的に〜
聖マリアンナ医科大学
リハビリテーション医学教授
佐々木 信幸
12/14(火) お薬を飲むと副作用で損をするか?
  〜お薬と上手につきあう方法〜
聖マリアンナ医科大学
薬理学 教授
松本 直樹
連絡
事項
※ZOOMによるオンライン講座です。(聖マリアンナ医科大学等からの中継となります。受講生の方もそれぞれご自宅等でご受講いただきます。)
※各講座の資料は、事前に配信いたします。




講座 C 【講座名】 傾聴ボランティア養成講座
【定員】 42名
【受講料】10,600円(資料代等を実費徴収いたします。)
福祉    【時間】毎回13時00分〜17時00分(計10回)
概要 傾聴とは、相手の話に耳を傾け、一生懸命、あるいは熱心に聴くことです。また、相手の話を一生懸命、あるいは熱心に聴くためには、相手の存在を認めるといった基本的な人への向かい合い方(態度)も必要になってきます。相手の話を否定しないで、どんなふうに聴けるか、練習をします。 「高齢者に対しての傾聴ボランティア」養成講座です。
月/日(曜日)時間会場学習内容講師名(敬称略)
1,2 12/15(水) 13:00〜15:00 生涯学習
プラザ
(講義)よい聴き手になるために〜傾聴の意味と意義〜 NPO法人
日本傾聴ボランティア協会
事務局長  山田 豊吉
15:00〜17:00 (演習)初めての出会い、「傾聴モードで聴く」・・・話す喜び、聴く喜び
3,4 12/22(水) 13:00〜15:00 (RP)傾聴のスキル「繰り返し」「質問」「共感的な励まし」「支持」
15:00〜17:00 (RP)傾聴のスキルを使って、総合練習@ ロールプレイ実習
5,6 1/19(水) 13:00〜15:00 (RP)傾聴のスキルを使って、総合練習A ロールプレイ実習
15:00〜17:00 (RP)実践に向けて総合練習 @「よくある事例」を使って、ロールプレイ実習
7,8 1/26(水) 13:00〜15:00 (RP)実践に向けて総合練習 A「よくある事例」を使って、ロールプレイ実習
15:00〜17:00 (講義&RP)認知症高齢者への関わり方及びロールプレイ実習
9,10 2/2(水) 13:00〜15:00 (講義)傾聴ボランティア活動の仕方(個人宅&各種の高齢者施設等)
15:00〜17:00 先輩の傾聴ボランティアの方のお話




講座 D 【講座名】 地域社会に貢献している川崎の会社と人々 その22
オンライン併用
【定員】48名
【受講料】8,980 円(資料代等を実費徴収いたします。)
企業連携    【時間】 座学 13時 30分〜 15時 00分  現地見学は開始/終了時間が変わります。(計10回)
概要 ものづくり企業や先端技術の開発・研究機関を多く抱える川崎には、世界に誇る技術やアイディアを持つ企業・研究者がたくさんいます。川崎を中心とした企業・団体・個人の方々から、最先端の技術、ものづくり、環境、教育、まちづくり等を学びます。 初めての方も気軽に参加できる講座です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/7(木) 川崎市
生涯学習
プラザ
新型コロナウイルス感染症に対する救世主
〜川崎発のワクチンをめざして mRNAワクチン
京都府立医科大学
大学院医学研究科
医系化学准教授
公益財団法人
川崎市産業振興財団
ナノ医療
イノベーションセンター(iCONM)
副主幹研究員
内田 智士
10/14(木) 治療方法を根本から変える医療機器「超微量持続投薬デバイスatDose」の開発 アットドウス株式会社
代表取締役
中村 秀剛
10/21(木) 見学 第1部 講演:ロマンスカーの魅力を通じて「感動」「笑顔」「未来」をつくる
第2部 ロマンスカーミュージアム見学会
ロマンスカーミュージアム 館長
高橋 孝夫
10/28(木) 川崎市
生涯学習
プラザ
「ブレーメンの音楽隊」の4匹の動物の住むメルヘンチックな商店街
〜ブレーメンの名称がきっかけで飛躍的な発展を遂げる
モトスミ・ブレーメン
商店街振興組合
理事長
伊藤 博
11/4(木) 東海道川崎宿の歴史を大事にし、未来の宿づくりへ
〜川崎との出会い、そして、川崎の魅力について〜
ホテル縁道 支配人
吉岡明治
11/11(木) 川崎市フランチャイズ・オーケストラ東京交響楽団の経営戦略 公益財団法人
東京交響楽団 楽団長 
大野 順二
11/18(木) AIRBIC
会議室
IT技術が拓く人類の可能性 日本アイ・ビー・エム
株式会社
東京基礎研究所
サイエンス&テクノロジー
部長
新川崎事業所長
山道新太郎
12/9(木) 川崎市
生涯学習
プラザ
漫画・アニメ文化がクールジャパンの代名詞となった訳 有限会社 ねこのしっぽ
代表取締役 
内田 朋紀
12/16(木) 地球環境のために化学企業ができること
〜昭和電工川崎事業所の取り組み〜
昭和電工株式会社
川崎事業所 環境安全部 
金田 昌人
10 1/20(木) 地域に生きる写真館の80年の歩み かわさきマイスター
写真のたなかや
鈴木克明
連絡
事項
3回 見学会につきましては、別途800円入場料をご負担いただきます




講座 E 【講座名】 高齢者の自立支援はどうあるべきか
オンライン併用
【定 員】 48 名
【受講料】4,480 円(資料代を実費徴収いたします。)
生活    【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計5回)
概要 医療、介護、年金など社会保障に関連して「自立」がキーワードとして使われます。この講座では「自立」「自律」を切り口に、高齢者の地域での生活の在り方、その支援のあり方、生活者としての社会保障の使い方・関わり方について考え・学ぶことを目的とします。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/8(金) 川崎市
生涯学習プラザ
社会保障における自立・自律について(年金、介護、医療、地域) 日本社会事業大学教授
高橋 幸生
10/22(金)  認知症高齢者の地域生活を考える〜福祉の視点から〜 日本社会事業大学 教授
下垣 光
11/5(金) 福祉と医療、現場と大学、現場と行政の架け橋をめざして 日本社会事業大学専門職大学院教授
鶴岡 浩樹
11/19(金) 実践から高齢者の地域生活を考える(仮) NPO法人楽 理事長
柴田 範子
12/3(金) 高齢者の生活を支えるセーフティーネットを展望する 日本社会事業大学名誉教授
東京大学名誉教授
神野 直彦





















このページの先頭へ