受講案内:2021年度後期 火曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記講座・ワークショップ(WS)名をクリックすると該当講座へ移動します。
美術T講座エクセレントV講座新しい科学の世界T講座自然U(川崎学)講座日本史講座日本史WSみどり学T講座みどり学(フレッシュ)講座

定員について

講座は会場定員を表示しています。オンライン講座を併用する講座のオンライン受講の定員は100名程度です。ワークショップは学習内容に合わせた定員です。野外学習のある講座・ワークショップは、学習内容に合わせ、かつ安全対策を前提とした定員です。
生涯学習プラザで同一時間帯に複数講座が開催される場合、会場定員は小教室の定員で記載しています。(会場受講の申込みの多い講座を大教室で開催します。)






講座 6 【講座名】 私説・日本美術史
【定 員】 150名
【受講料】2年会員11,440円  1年会員12,870円  聴講生17,160円
美術T    【時 間】毎回10時30分〜12時00分 (計12回)
概要 日本美術史を知るための基本を学ぶ。本講はガイダンス、第1部「美術」の誕生4回、第2部西洋と東洋のアートのちがい6回、まとめで構成される。とくに「美術」という言葉が明治につくられたことに注意を向けたい。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/5(火) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
1.ガイダンス:古い時代の仏像や絵画の見方
※乾漆造「阿修羅像」興福寺;宗達「風神雷神図屏風」建仁寺
東京学芸大学名誉教授
鈴木 廣之
10/19(火) 2.第1部:「美術」の誕生
11/2(火) 3.美術館のはじまり
※福沢諭吉『西洋事情』1866〜70
11/16(火) 4.欧米人による日本美術の評価
※ペリー『日本遠征記』1856
11/30(火) 5.仏像が「美術」になるまで
※銅造「阿弥陀如来坐像」鎌倉・高徳院(鎌倉大仏);運慶「無著・世親像」興福寺
12/7(火) 6.第2部:西洋と東洋のアートのちがい
12/14(火) 7.江戸時代にも美術館はあった?
※「曹源寺さざえ堂」群馬県太田市
1/18(火) 8.水墨画の登場:なぜ中国絵画は色彩を捨てたのか?
※長谷川等伯「松林図屏風」東京国立博物館
1/25(火) 9.東洋陶磁の評価:なぜ漆器と伊万里焼は西洋で収集されたのか?
※「伊賀耳付水指」銘「破袋」五島美術館
10 2/8(火) 10.絵画の役割:どんなものに絵が描かれたのか?
※狩野永徳「洛中洛外図屏風」米沢市上杉博物館
11 2/22(火) 11.版画の領分:浮世絵は「美術」か?
※葛飾北斎「富嶽三十六景神奈川沖浪裏」
12 3/1(火) 12.まとめ:どのようにして日本美術史はつくられたか?




講座 7 【講座名】 イスラームをもっと知ろう@イスラームとは何か
オンライン併用
【会場定員】 150名  【オンライン定員】100名
【受講料】2年会員11,440円  1年会員12,870円  聴講生17,160円
エクセレントV    【時間】毎回 13時30分〜15時00分(計12回)
概要 7世紀にアラビア半島のメッカで創唱されたイスラームは、アジア・アフリカから欧米まで拡大し、信徒の数は18億を超え、個人や社会の規範となっている。本講座では、イスラーム世界における宗教、法・政治・経済、社会・文化・生活のあり方を通して、文明としてのイスラームの姿を明らかにしたい。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/5(火) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
イスラーム世界と日本 お茶の水女子大学名誉教授
三浦徹
10/19(火) 宗教としてのイスラーム:ムハンマド、啓示、六信五行 公益財団法人東洋文庫研究員
太田啓子
11/2(火) イスラームの法と政治:ウンマ、カリフ、シャリーア
11/16(火) スンナ派とシーア派:なぜ分派が生じるのか
11/30(火) スーフイズムと聖者:奇跡・予言・癒しの世界 上智大学名誉教授
私市正年
12/7(火) イスラーム都市とワクフ(寄進制度) お茶の水女子大学名誉教授
三浦徹
12/14(火) イスラーム法における契約と裁判
1/18(火) 地中海文明としてのイスラーム 上智大学名誉教授
私市正年
1/25(火) イスラームと商業・経済 大東文化大学東洋研究所教授
栗山保之
10 2/8(火) イスラームの科学技術
11 2/22(火) 家族と女性:生活におけるイスラーム 公益財団法人東洋文庫研究員
太田啓子
12 3/1(火) イスラームの食文化




講座 8 【講座名】 地球と宇宙を科学する
オンライン併用
【会場定員】35名  【オンライン定員】100名
【受講料】2年会員11,440円  1年会員12,870円  聴講生17,160円
新しい科学の世界T    【時 間】毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 現代は科学の時代です。私たちの周りには新しい知見と新しい技術・創造物があふれています。それを知ることは喜びであり有用でもあります。「新しい科学の世界」では今期2つの講座を用意しました。どちらも著名な専門家が丁寧に解説します。Tは主に科学的テーマをそろえた講座になっています。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/5(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
講座の紹介 東京大学名誉教授
太田 猛彦
10/12(火) 宇宙のダークサイド 東京大学教授
須藤 靖
10/19(火) 火山噴火により変化する西之島の自然 地質編 東京大学地震研究所准教授
前野 深
10/26(火) 火山噴火により変化する西之島の自然 生物編
**対面講義のみ
森林総合研究所主任研究員
川上 和人
11/2(火) 初号機の打ち上げ迫る 日本の大型ロケットH3の開発 JAXA宇宙輸送技術部門H3プロジェクトチーム
ファンクションマネージャ
名村 栄次郎
11/9(火) 日本列島5千万年と今(そのT) 東京大学名誉教授
木村 学
11/16(火) 日本列島5千万年と今(そのU)
11/30(火) 世界自然遺産「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」その価値と保全 東京女子大学名誉教授
石井 信夫
12/7(火) 第2の”惑星地球”は存在するか 国立天文台 副台長
渡部 潤一
10 12/14(火) 海流とプラスチックごみ 東京大学特任教授
保坂 直紀
11 1/18(火) ダムや流域治水の話 一般財団法人
水源地環境センター理事
安田 吾郎
12  1/25(火) 津波・高潮と沿岸部の防災 東京大学教授
田島 芳満
連絡
事項
**第4回(10/26)は、大教室を使用して会場での講義となります。オンラインは併用いたしません。(オンライン受講の方も大教室でご受講いただきます。)




講座 9 【講座名】 つぶさに観る自然の姿
オンライン併用
【定 員】40名 (うち会場定員35名)
【受講料】 2年会員11,440円   1年会員12,870円   聴講生17,160円
自然U(川崎学)
【時 間】 講義:毎回10時30分〜12時00分。野外学習:移動時間や見学地の状況により多少時間が前後します。学習内容記載の時間を参考になさってください。(計12回)
概要 自然は、見方を変えることにより様々な姿を私たちに見せます。本講座は川崎周辺の動物・植物、地形・地質の各分野を野外学習を中心に細かく観る実践的な構成になっています。自然を多角的に観る目を養うことができます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1,2 9/28(火) 葉山町(桜山大山林道・森戸川流域) 三浦半島での大きな河川とその流域について、自然環境の現状を見ながら、昆虫を中心とした観察を行う(午前・午後に各2時間程度を予定) 元かわさき
宙(そら)と緑の科学館
学芸員 川島 逸郎
3 10/19(火) 川崎市
生涯学習プラザ
果実と種子の不思議を探る 元東京大学大学院農学生命科学研究科特任研究員
北川 淑子
4 10/26(火) 生田緑地 果実と種子の不思議を探る(野外観察)(午前に約2時間予定)
5 11/2(火) 諸磯隆起海岸 穿孔貝の穴列を観察し、かつての汀線を推察する(9時20分〜12時) 神奈川県立
生命の星・地球博物館
主任学芸員 田口公側
6,7 11/9(火) 山梨県 韮崎泥流と信玄堤(バス利用)(8〜18時予定) 多摩川流域自然史研究会代表
増渕 和夫
8 11/16(火) 川崎市
生涯学習プラザ
大地の変動をとらえる:「諸磯の隆起海岸」の穿孔痕の観察から 神奈川県立
生命の星・地球博物館
主任学芸員 田口公則
9,10 11/30(火) 牧之原市(相良油田跡) 工業都市川崎を日本の原油産地から俯瞰する(バス利用)(8〜18時予定) 神奈川県立生命の星・
地球博物館名誉館員
笠間 友博
11 3/1(火) 川崎市
生涯学習プラザ
東京湾の海岸環境と生物相 NPO法人ディスカバーブルー
寺西聡子
12 3/8(火) 横須賀市
(観音崎)
東京湾三浦半島側の磯・砂浜の環境と生物相の観察(13時〜15時予定)
連絡
事項
※自然T(川崎学)講座と自然U(川崎学)講座の両方が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に併願して両方当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※9/21(火)10時30分より小一時間程オリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※第6,7回11/9(火)、第9,10回11/30(火)はバス借り上げ費用等で別途、各9,000円〜12,000円程かかる予定です。バスの手配は、富士急トラベルにお願いしています。バスの座席は、場合によっては1人2席ではなく1席となる場合があります。
※第12回3/8(火)は、潮の関係で午後の時間帯の学習となります。またこの日の予備日は、3/22(火)です。




講座 10 【講座名】 現代から考える日本の中世
オンライン併用
【会場定員】35名  【オンライン定員】100名
【受講料】 2年会員11,440円  1年会員 12,870円   聴講生 17,160円
日本史    【時 間】毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 私たちはともすれば中世を、現代とは全く異なる遠い過去、あるいは異世界のように思ってはいないでしょうか。本講座では、現代の私たちが実感可能なテーマを切り口として、中世の社会と文化を通時代的・多分野的に見渡します。その上で現代と中世との相違点・共通点を探ることを通して、中世とはいかなる時代かを考えます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/ 5(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
オリエンテーション 中世日本の世の中を今と比べて考える 京都芸術大学講師
佐々木創
10/12(火) 信仰 生老病死に向き合って人はなにを思ったか? 共立女子短期大学名誉教授
菅野扶美
10/19(火) 環境問題 気候および災害にいかに対応してきたか? 京都芸術大学講師
佐々木創
11/ 2(火) 職業 中世社会で人びとはいかなる仕事をしてきたか? 共立女子短期大学名誉教授
菅野扶美
11/ 9(火) 共同体1 地域社会と向き合って人びとはどう暮らしたか? 横浜商科大学講師
伊藤拓也
11/16(火) 交流1 日本列島の内側を人・モノはどう動いたか?
11/30(火) 共同体2 組織の中で人びとはいかに働いていたか? 青山学院大学講師
鈴木沙織
12/ 7(火) 交流2 列島外との交流はいかなるものがあったのか?
12/14(火) 国際関係1 アジアの中で琉球はどれほど富を得ていたか? 日本大学准教授
小川雄
10 12/21(火) 国際関係2 朝鮮・日本の間にはいかなる課題があったのか?
11 1/18(火) 食1 育て・作り・食べることはなにを社会にもたらすか? 京都芸術大学講師
佐々木創
12 1/25(火) 食2 異なる食文化に接し宣教師はなにを感じたか?




WS 3 【ワークショップ名】 続・『太平記』を読みなおす
※グループ発表あり//オンライン併用
【定 員】 35名
【受講料】 2年会員・1年会員ともに10,010円 聴講生11,440円
【ワークショップ】 日本史     【時 間】毎回13時15分〜15時15分(計7回)
概要 近年、時代は空前の「室町ブーム」といわれ、日本の歴史では中世が人気です。本ワークショップでは、中世のなかでも、とりわけ鎌倉幕府が崩壊していくシーンをとりあげて、時代が短期間で大きく転換していく姿を見つめてみたいと思います。具体的には、『太平記』をとりあげます。『太平記』は、鎌倉末期から南北朝期までを描いた文学作品で、歴史史料としても有名ですが、実際に読んだという人は少ないのではないでしょうか。他方、最近、岩波文庫から『太平記』が刊行され、NHK-BSでも大河ドラマ『太平記』が再放送されるなど、『太平記』はいま熱い注目を集めています、
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/ 5 (火) 川崎市
生涯学習
プラザ
『太平記』とは何か 東京大学大学院
人文社会系研究科研究員
谷口 雄太
11/ 9 (火) 長崎次郎禅師御房を殺す・義貞叛逆・天狗越後勢を催す
11/16 (火) 小手指原軍・久米川合戦・分陪軍
11/30 (火) 大田和源氏に属する
12/14 (火) 鎌倉中合戦
1/ 18 (火) 相模入道自害
1/ 25 (火) 改めて、『太平記』とは何か
連絡
事項
『太平記』は兵藤裕己校注の岩波文庫本・第2巻を使用し、参考資料を配布します。長谷川端校注・訳の新編日本古典文学全集54も適宜参照してください。なお、NHK大河ドラマ『太平記』(1991年)も理解の助けとなるでしょう。




講座 11 みどり学T―身近な自然に興味を持ち親しみを深める
オンライン併用
【定 員】90名(うち会場定員71名)
【受講料】2年会員11,440円   1年会員12,870円  聴講生17,160円
みどり学T    【時 間】 講義:13時30分〜15時00分、野外:10時30分〜14時30分(計12回) 
概要 みどり学は自然環境を広く学ぶ講座です。日常生活の中で接する身近な自然を見つめ、自然と生活の関わりを理解して、生活に生かすことを目指します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1,2 10/12(火) 四季の森公園  実りの秋 〜雑木林下の種子と果実の探究〜 A班実施・
B班休み
森林インストラクター
武部 令
10/19(火) B班実施・
A班休み
3 11/2(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
世界の辺境の不思議な植物〜ギリシャの秋の花を訪ねて〜 A・B班実施 (一財)進化生物学研究所
理事長・所長
湯浅浩史
4,5 11/9(火) こどもの国 開園62年の時の流れを木々の成長から読み取る A班実施・
B班休み
樹木医
石井誠治
11/16(火) B班実施・
A班休み
6 11/30(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
森はどのように破壊され、回復していったのか A・B班実施 東京大学名誉教授
太田猛彦
7 12/7(火) 日本の近代化を支えた蚕糸業とその技術 A・B班実施 東京農工大学准教授
横山 岳
8 12/14(火) 植物の騙し合い・助け合い〜植物たちの戦いのドラマ〜 A・B班実施 森林インストラクター・
グリーンセイバー
中西由美子
9 12/21(火) 梅と日本人 〜渡来したウメの日本文化への浸透〜 A・B班実施 森林インストラクター
武部 令
10 1/18(火) シデコブシ・ハナノキ・ヒトツバタゴ東海丘陵に秘められた日本列島の歴史 A・B班実施 樹木医
石井誠治
11,12 1/25(火) 府中郷土の森 令和と平安、梅と欅、府中という地名が語る郷土の森 A班実施・
B班休み
2/1(火) B班実施・
A班休み
連絡
事項
※本講座は、みどり学の受講経験の浅い方が比較的多く受講しています。
※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に併願して両方当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※10/5(火)13時30分より小一時間ほどオリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。




講座 12 【講座名】 みどり学(フレッシュ)
【定 員】 40名
【受講料】2年会員11,440円  1年会員12,870円   聴講生17,160円
みどり学(フレッシュ)    【時 間】講義:13時30分〜15時00分、野外:10時30分〜14時30分(計12回) 
概要 みどり学を初めて受講される方を中心に、身近な自然に目を向けるきっかけをつかむことを目的にした講座です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1 10/12(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
戦争が巨木を伐った 武蔵大学名誉教授
瀬田 勝哉
2 10/19(火) アファンの森で調べたこと 元麻布大学教授
高槻 成紀
3,4 11/2(火) 生田緑地 常緑樹と落葉樹のせめぎ合い 〜南関東の在来自然植生散策〜 森林インストラクター
武部 令
5 11/9(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
コケってどんな植物 森林インストラクター・
グリーンセイバー
中西由美子
6 11/16(火) 都会で見られる鳥の生き方・暮らし方 ネイチャーガイド
中村忠昌
7,8 11/30(火) 都築中央公園 闘いのなかった縄文時代から防御の環状集落ができる過程を体験する 樹木医
石井 誠治
9,10 12/14(火) 東高根森林公園 天然記念物になったシラカシ林 〜貴重なシラカシ林と湿性林散策〜 森林インストラクター
武部 令
11 1/25(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
「隣のカエルがうるさいから殺せ」とは 元麻布大学教授
高槻 成紀
12 2/1(火) 梅と日本人 〜渡来したウメの日本文化への浸透〜 森林インストラクター
武部 令
連絡
事項
※本講座は、アカデミーで初めてみどり学を学ぶ方や、初心に帰って学び直しをしたい方に向けた内容となっております。
※みどり学3講座と山の自然学講座のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に併願して両方当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※10/12(火)13時00分よりオリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。













このページの先頭へ