受講案内:2021年度後期 短期集中講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記講座名をクリックすると該当講座へ移動します。
短期集中(小田急と昭和史)(講座)

定員について

講座は会場定員を表示しています。オンライン講座を併用する講座のオンライン受講の定員は100名程度です。ワークショップは学習内容に合わせた定員です。野外学習のある講座・ワークショップは、学習内容に合わせ、かつ安全対策を前提とした定員です。
生涯学習プラザで同一時間帯に複数講座が開催される場合、会場定員は小教室の定員で記載しています。(会場受講の申込みの多い講座を大教室で開催します。)






講座 101 【講座名】 小田急と昭和史
オンライン併用
【会場定員】150名  【オンライン定員】100名
【受講料】2年会員2,860円  1年会員3,218円  聴講生4,290円
短期集中    【時間】毎回16時30分〜18時00分 (計3回)
概要 1927(昭和2)年に新宿ー小田原間が開通した小田急の歩みは、そのまま昭和史とも重なっています。この講座では、主に登戸以遠の小田原線や江ノ島線、多摩線に注目しながら、それらの沿線がどういう特徴をもっていたのかを考えます。同じ東京西郊に路線網を築いた西武や東急とも比較しながら、小田急沿線の知られざる歴史に迫りたいと思います。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/7(木) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
小田急小田原線・多摩線と多摩丘陵
――柿生離宮、武相荘、柳田國男、読売ランド、百合丘団地、新百合ヶ丘
放送大学教授
原 武史
11/4(木) 小田急江ノ島線とカトリック
――聖心愛子会、聖園テレジア、片瀬教会、南林間都市、聖園女学院、皇太子妃美智子
12/2(木) 小田急小田原線と「軍都」
――相模大野、相武台前、陸軍士官学校、昭和天皇、キャンプ座間、大川周明







































このページの先頭へ