受講案内:2019年度前期 地域協働講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
教育(講座)健康(講座)生活(講座)企業連携(講座)福祉(講座)






講座 A 【講座名】 生活習慣病から様々な病まで−この備えをして健康で100歳まで生きる
【定員】 70 名  【受講料(税込)】 4,110 円   (資料代を実費徴収いたします。)
健康 【時 間】 毎回14時00分〜15時30分(計5回)
概要 生活習慣病は食生活、運動習慣、ストレス、喫煙、飲酒等の生活習慣の乱れが様々な疾患を引き起こします。最近は、テレビなどのマスメディアがこの病を取り上げ、多くの方々が関心を持つようになりました。本講座では生活習慣病を中心に、この病が糖尿病、脂質異常症、高血圧等とどう関連があるのか、健康診断や人間ドックの検査値の見方、食生活の改善、運動療法、さらには薬物療法について学びます。受講者が健康に向けて意識を変え、予防に向けて実際に行動に移せるように、講師陣が実践的に解説します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
6/4(火) 川崎市
生涯学習プラザ
生活習慣病に伴う腎臓病における尿検査の重要性 聖マリアンナ医科大学
解剖学(機能組織)
教授 池森 敦子
6/11(火) 健康診断の検査項目と異常値があった場合の対処法 聖マリアンナ医科大学 /
大学病院健康診断センター長
内科学(循環器内科) 病院教授 
原 正壽
6/18(火) 生活習慣病を予防して健康に過ごそう!
〜知っておきたい食生活の基礎知識〜
聖マリアンナ医科大学病院
栄養部
部長 柴田 みち
6/25(火) 生活習慣病をふせぐ足腰をつくる〜100歳まで自分の足であるくために、
知っておきたいロコモティブシンドローム〜
聖マリアンナ医科大学
整形外科学
病院教授 赤澤 努
7/16(火) 薬物治療は始めるべきか? 始めたら止められないのか? 聖マリアンナ医科大学
薬理学
教授 松本 直樹




講座 B 【講座名】 傾聴ボランティア講座
【定員】 40 名  【受講料(税込)】 9,720 円   (資料代を実費徴収いたします。)
福祉 【時 間】 13時00分〜17時00分(計10回)
概要 傾聴とは、相手の話に耳を傾け、一生懸命、あるいは熱心に聴くことです。また、相手の話を一生懸命、あるいは熱心に聴くためには、相手の存在を認めるといった基本的な人への向かい合い方(態度)も必要になってきます。相手の話を否定しないで、どんなふうに聴けるか、練習をします。傾聴は、人間関係の基本です。
月/日(曜日)時間会場学習内容講師名(敬称略)
1、2 5/8(水) 13:00〜15:00 生涯学習
プラザ
(講義)よい聴き手になるために〜傾聴の意味と意義〜 NPO法人
日本傾聴ボランティア協会
事務局
山田 豊吉
15:00〜17:00 (演習)初めての出会い、「傾聴モードで聴く」・・・話す喜び、聴く喜び
3、4 5/15(水) 13:00〜15:00 (RP)傾聴のスキル「繰り返し」、「質問」、「共感的な励まし」「支持」
15:00〜17:00 (RP)傾聴のスキルを使って、総合練習@ ロールプレイ実習
5、6 5/22(水) 13:00〜15:00 (RP)傾聴のスキルを使って、総合練習A ロールプレイ実習
15:00〜17:00 (RP)実践に向けて総合練習 @「よくある事例」を使って、ロールプレイ実習
7、8 5/29(水) 13:00〜15:00 (RP)実践に向けて総合練習 A「よくある事例」を使って、ロールプレイ実習
15:00〜17:00 (講義&RP)認知症高齢者への関わり方及びロールプレイ実習
9、10 6/5(水) 13:00〜15:00 (講義)傾聴ボランティア活動の仕方(個人宅&各種の高齢者施設等)
15:00〜17:00 先輩の傾聴ボランティアの方のお話




講座 C 【講座名】 発達障がいを理解するー思春期から青年期まで
【定員】 70 名  【受講料(税込)】 4,860 円   保育ボランティア付き 保育料:1回につき200円 保険料:800円(受講申込みの際に申込み)  (資料代を実費徴収いたします。)
教育 【時 間】 毎回10時00分〜12時00分 (計5回)
概要 発達障がいについて理解をするための講座です。今回は主に13歳頃から青年期の方の発達障害の基礎知識、当事者や家族が抱える困難について学び、発達障がいへの理解を深め、周りの大人はどのように支えればよいか考えます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/18(木) 川崎市
生涯学習プラザ
発達障がいのある子どもの思春期以降の状況 児童精神神経科医
石川 憲彦
4/25(木) 子どもは 子どもの中で育つ
〜特別支援学校 特別支援学級 普通学級での教員経験から〜
障害児を普通学校へ・
全国連絡会事務局長
高木 千恵子
5/9(木) 発達に偏りのある中高生へのサポート
〜NPO法人フトゥーロの支援の実際を含めて〜
特定非営利活動法人
フトゥーロ
LD発達相談センター
かながわ
所長 安住ゆう子
5/23(木) その人なりの自立の実現にむけて
〜環境づくり、就労について考える〜
ダンウェイ株式会社
代表取締役社長 高橋 陽子
6/3(月) ライフステージに寄り添う支援 早稲田大学大学院
教育学研究科
高度教職実践専攻
教授 橋あつ子
連絡
事項
第5回のみ、月曜日の開催となります。受講決定通知のご案内の際に、託児サービスの詳細をご案内いたします。(保育対象:1歳以上のお子さま 6名まで)




講座 D 【講座名】 地域社会に貢献している川崎の会社と人々 その18
【定員】 70 名  【受講料(税込)】 8,220 円   (資料代を実費徴収いたします。)
企業連携 【時 間】 座学 13時30分〜15時00分  現地3回の開始 / 終了時間は例外あり (計10回)
概要 川崎は京浜工業地帯の中核都市として、日本経済を牽引してきました。また、モノづくり企業、先端技術の開発・研究機関を多く抱える元気な都市です。川崎を中心とした企業・団体・個人の方々から先端技術、モノづくり、環境、まちづくり、福祉等を学び、明るい未来を展望します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/11(木) 川崎市
生涯学習プラザ
中原区の魅力とまちづくり
ー中原区民の意識と小杉周辺の移り変わり
川崎市中原区役所
区長 向坂(サギサカ) 光浩
4/18(木) 建設業が石鹸売るの? 川崎モデルから生まれた石鹸物語
ー 大企業の知財を使って新しい事業展開へ
宝養生資材(株)
代表取締役 吉村 政城
経理部 吉村 千恵子
川崎市産業振興財団
西谷 亨
4/25木) 川崎区 ライフサイエンス分野における世界最先端の研究開発エリア、
キングスカイフロント
ーここ川崎から世界が、未来が変わる。
川崎市臨海部国際戦略本部
担当係長 佐藤麻乃
川崎市建設緑政局
羽田連絡道路建設
担当係長 本田卓士
5/9(木) 川崎市
生涯学習プラザ
ものづくりに熱い人と知り合いたい!Passion for Manufacturing!ーデジタルとアナログを組み合わせて、精密板金の技術でつながる町工場 (株)ヒラミヤ
代表取締役 平宮 健美
5/16(木) 県立川崎図書館 ものづくり情報ライブラリー県立川崎図書館の機能と役割
  −電子ジャーナルから社史まで ものづくり技術を支える
県立川崎図書館
館長 堀端 保聖
企画情報課長 矢島 薫
6/13(木) 川崎市
生涯学習プラザ
地域プロスポーツにおけるパートナーシップの考え方
ー川崎を拠点とするバスケットチーム「川崎ブレイブサンダース」
(株)ディー・エヌ・エー
川崎ブレイブサンダース
営業部長 板橋 大河
6/20(木) 王禅寺処理センター
梶ヶ谷貨物ターミナル駅
全国初の鉄道を活用した廃棄物鉄道システム
ークリーンかわさき号が一般家庭ごみを運ぶ
川崎市環境局
施設部 処理計画課
担当係長 小林 孝至
6/27(木) 川崎市
生涯学習プラザ
脳と社会の架け橋を作る
ー脳・コンピューター間インターフェース技術とこれから
芝浦工業大学
電子工学科
生体電子工学研究室
教授 加納 慎一郎
7/4(木) 映像のまち・かわさき
ーロケ地かわさき 撮影現場こぼれ話
特定非営利活動法人
かわさきMOVEARTOO
(オーエン)隊
事務局長 寺川 香苗
10 7/18(木) IT研究のフロンティア −脳の機能を模した超低消費電力デバイスから、量子コンピューターまで 日本アイ・ビー・エム(株)
東京基礎研究所
新川崎事業所長
山道 新太郎
連絡
事項
第7回目の見学は、バスの借り上げ費用等で、別途1500円〜2000円程かかる予定です。
第3回、5回、7回の見学は、バリアフリー対応となっていない場所もありますので、お問い合わせください。




講座 E 【講座名】 みんなで考えたい「家族」について ―現代の家族が抱える問題とこれから
【定員】 70 名  【受講料(税込)】 4,110 円   (資料代を実費徴収いたします。)
生活 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計5回)
概要 少子高齢化社会による人口減社会、格差拡大が招く貧困問題など「家族」を取り巻く社会状況は複雑化、深刻化しています。新たな社会状況を踏まえた「家族」をどうとらえたらいいのか、夫婦・親子の関係をどう考えればいいのか、ご一緒に考える場にしませんか。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
5/10(金) 川崎市
生涯学習プラザ
現代の家族が抱える問題と社会状況 日本社会事業大学
学長 神野 直彦
5/24(金) 子育てと家族 学校マガジン
「おそい・はやい・ひくい・たかい」
編集人 岡崎 勝
6/7(金) 老年期の家族関係 お茶の水女子大学名誉教授
一般社団法人シニア社会学会 会長
袖井 孝子
6/28(金) 映画の中の家族像 日本映画大学
映画学部映画学科
学科長 緒方 明
7/5(金) 「家族」とセーフティネット 日本社会事業大学
学長 神野 直彦





















このページの先頭へ