受講案内:2019年度前期 土曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
歴史(川崎学)講座




講座 31 【講座名】 いま問い直す、地域再発見 V―多摩川と川崎の人々
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 9,290 円  1年会員 10,370 円  聴講生 13,610 円   (資料代550円、野外学習安全費用100円を含みます。)
歴史(川崎学) 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 研究途上や最新の研究内容によって地域を再発見する企画です。地域の歴史を掘り起こす方法を学ぶことにもつながるでしょう。前期は自然と人間の関わりを中心に、多摩川と人々の暮らしを取り上げます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/13(土) 川崎市
生涯学習
プラザ
多摩川の自然―関東山地中央部を水源とし、東京湾に注ぐまで、多様な自然を形成している 多摩川流域自然史研究会代表
増渕 和夫
4/20(土) 多摩川の信仰伝承―寄り神と水神信仰について 成城大学名誉教授
田中 宣一
5/11(土) 交通と多摩川―街道と渡し場・舟について
5/18(土) 市民ミュージアム 多摩丘陵と人々の営み―集落の変遷を中心に 市民ミュージアムの展示や収蔵遺物を見ながら 川崎市市民ミュージアム
学芸員
小薬 一夫
5/25(土) 川崎市
生涯学習
プラザ
中世多摩川の治水と利水―鎌倉時代の築堤・用水工事 國學院栃木短期大学准教授
菱沼一憲
6/8(土) 多摩川流域の中近世の石造物文化 戦国史研究会会員
中西 望介
6/15(土) 深大寺城跡 深大寺城跡とその周辺―鎌倉街道の渡河点を睨み、小沢城と対峙する中世城郭
6/22(土) 川崎市
生涯学習
プラザ
多摩川流域の新田開発 立正大学講師
斉藤 司
6/29(土) 河川敷の形成と人々の暮らし 元川崎市平和・人権担当職員
島田 秀雄
10 7/6(土) 長十郎梨のひろがり 法政第二高等学校教諭
大湖賢一
11 7/13(土) 二ヶ領用水・久地円筒分水のはなし 国土交通省
国土技術政策総合研究所
主任指導官
和田 一範
12 7/20(土) 南武線と人々の暮らし 明治大学講師
渡辺 賢二


















このページの先頭へ