受講案内:2019年度後期 土曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記講座名をクリックすると該当講座へ移動します。
歴史(川崎学)講座




講座 32 【講座名】 いま問い直す、地域再発見W―自然と人間の関係「川崎の丘陵部・谷戸」を中心に
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 9,450 円  1年会員 10,550 円  聴講生 13,850 円   (資料代550円、野外学習安全費用100円を含みます。)
歴史(川崎学) 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 研究途上や最新の研究内容によって地域を再発見する企画です。地域を掘り起こす方法を学ぶことにもつながるでしょう。後期は自然と人間の関わりを中心に、「川崎の丘陵・谷戸」における人々の暮らしを取り上げます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/5(土) 川崎市
生涯学習
プラザ
縄文のこころ 前川崎市市民ミュージアム
学芸員
小薬 一夫
10/12(土) 多摩丘陵に広く分布する神社―杉山神社から見えてきた事 都筑・橘樹研究会会員
小股 昭
10/19(土) 考古学から見た多摩丘陵の古代牧 元横浜市埋蔵文化センター
調査研究員
坂本 彰
10/26(土) 野外 多摩丘陵に遺された横山道を歩く 戦国史研究会会員
中西 望介
11/2(土) 川崎市
生涯学習プラザ
土豪・地侍の―戦(いくさ)・和平交渉・金融・信仰
11/16(土) 野外 関戸の古戦場に来た明治天皇 明治大学講師
渡辺 賢二


戦国史研究会会員
中西 望介
11/30(土) 川崎市
生涯学習
プラザ
谷戸の暮らし―映像と講演「うつし世の静寂(しじま)に」 ささらプロダクション代表・文筆家
小倉 美恵子
12/7(土) 長尾村鈴木藤助日記から見た戊辰戦争 聖心女子大学講師
小林 紀子
12/14(土) 枡形山の戸隠不動堂 成城大学名誉教授
田中 宣一
10 12/21(土) 民家と年中行事
11 1/18(土) 川崎市地域文化財の指定を受けて その1
―多摩丘陵を抜きにして戦争は出来なかった(1) 東部62部隊
地域史研究者
大泉 雄彦
12 1/25(土) 川崎市地域文化財の指定を受けて その2
―多摩丘陵を抜きにして戦争は出来なかった(2) 登戸研究所
明治大学講師
渡辺 賢二
連絡
事項
初回(10/5)はコーディネーターの中西望介講師の話と事務連絡があります。10時までにお集まりください。


















このページの先頭へ