受講案内:2019年度後期 短期集中講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記講座名をクリックすると該当講座へ移動します。
短期集中(アガサ・クリスティ)(講座)短期集中(海)(講座)






講座 101 【講座名】 アガサ・クリスティの英国
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 2,300 円  1年会員 2,575 円  聴講生 3,400 円  
(資料代100円を含みます。)
短期集中 【時 間】 毎回16時30分〜18時00分 (計3回)
概要 英国に生まれ、ミステリーの傑作を数多く残したアガサ・クリスティ(1890-1975)。作品の舞台となった英国の各地を、現地を訪れた英文学者の講義、そして美しい映像とともにめぐります。ミス・マープル、ポワロら登場人物の足跡と、作者の生涯が交差するイングランドの風景や建物、また歴史と文化を3つのルートでたどります。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/3(木) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
ロンドンから故郷のデヴォンへ
 『パディントン発4時50分』『邪悪の家』『運命の裏木戸』『ABC殺人事件』ほか
昭和女子大学名誉教授
平井 杏子
10/17(木) ダート川を遡り、別荘グリーンウェイへ
 『スタイルズ荘の怪事件』『死者のあやまち』『五匹の子豚』『そして誰もいなくなった』ほか
10/24(木) ロンドンをめぐり、終焉の地ウォリングフォードへ
 『満潮に乗って』『バートラム・ホテルにて』『ひらいたトランプ』『葬儀を終えて』ほか




講座 102 【講座名】 いま、海で何が起きているか
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 2,300 円  1年会員 2,575 円  聴講生 3,400 円  
(資料代100円を含みます。)
短期集中 【時 間】 毎回16時30分〜18時00分 (計3回)
概要 海と深いかかわりを持つ日本人。その海でいま汚染や酸性化、海面上昇などの環境問題、水産資源の減少や捕鯨規制、海底資源開発など多くの課題が持ち上がっている。本講座ではそのうち、海のプラスチック汚染、捕鯨問題、海に生きる人々の課題を採り上げその現状を解説する。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
11/14(木) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
捕鯨問題を解剖する―国際捕鯨委員会(IWC)脱退への道のり 東京海洋大学教授
森下 丈二 
11/28(木) 海は誰のものか―資源をめぐる民俗知 山梨県富士山
世界遺産センター所長
秋道 智彌
12/12(木) 世界が注目する海洋プラスチックごみ問題
 ―日本の周辺海域の実態は
東京海洋大学准教授
内田 圭一 







































このページの先頭へ