受講案内:2018年度前期 金曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
世界史講座みどり学U講座山の自然学講座美術U講座美術T・UWS
エクセレントU講座経済講座経済WS映像・メディア講座科学WS






講座 24 【講座名】 インド史
【定員】 144 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
世界史 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 日本と南アジア、とくに日本とインドの関係は、政治的にも経済的にも、21世紀に入ってますます重要になっています。今回の世界史講座では、権力者の視点からではなく、民衆(サバルタン)の視点から、この地域の歴史を考えたいと思います。インド亜大陸における古代からイスラーム時代、大英帝国時代、独立を遂げた20世紀後半から現在まで、数千年の歴史を概観し、宗教・民族・カースト・貧富の格差・ジェンダー、辺境と中央といった課題を、今日の民主主義、人権、平和の視点から検討していきます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/13(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
民衆の南アジア史は可能か?インド史の脱構築 立教大学教授 竹中 千春
4/20(金) 南アジアの多様な地歴構造 立教大学名誉教授
小西 正捷
4/27(金) インド史への視座:多様性の統合 東京大学教授 田辺 明生
5/11(金) 盗賊のインド史:古代、ムガール帝国、大英帝国 立教大学教授 竹中 千春
5/18(金) 英領インドの医療・公衆衛生:植民地における近代とは何か 大阪市立大学教授
脇村 孝平
5/25(金) インドの民主主義の70年 京都大学教授 中溝 和弥
6/8(金) ガンディーと民衆(サバルタン)のナショナリズム 立教大学教授 竹中 千春
6/15(金) 独立インドとジェンダー
6/22(金) 現代インドのカースト、ダリト(旧不可触民)の声と運動の視点から 人間文化研究機構/
東京外国語大学研究員
鈴木 真弥
10 7/6(金) 独立インドと北東部、アッサム州 津田塾大学准教授
木村 真希子
11 7/13(金) 独立インドとカシミール、そしてパキスタン 立教大学博士後期課程
永野 和茂
12 7/20(金)  グローバリゼーション時代の南アジア:市場経済、民主主義、アイデンティティの政治 立教大学教授 竹中 千春




講座 25 【講座名】みどり学U−木や草が生活とつながる面白さを極める
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
みどり学U
【時 間】 講義:10時30分〜12時00分、 野外:10時30分〜14時30分、4/6,4/13は8時00分〜18時00分予定、6/8はA班10時00分〜11時30分・B班13時00分〜14時30分(計12回)
概要 みどり学は自然環境を幅広く学ぶ講座です。身近な自然との触れ合いの中から学んだ知恵を、周囲の市民やさまざまな活動に生かすことを目指します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1、2 4/6(金) 静岡県静岡市
(登呂遺跡)
稲作文化と杉のかかわりを三保の松原とともに考える(バス利用) A班実施
・B班休み
樹木医 石井 誠治
4/13(金) B班実施
・A班休み
4/27(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
ツツジを科学する〜ツツジのルーツと多様な種類 A・B班実施 森林インストラクター
武部 令
4、5 5/11(金) 横浜逍遥 江戸から東京に変わる時代の体感散策 B班実施
・A班休み
樹木医 石井 誠治
5/18(金) A班実施
・B班休み
6、7 5/25(金) 平山城址公園 東京薬科大学薬用植物園が存在する丘陵の歴史探訪 B班実施
・A班休み
6/8(金) 多摩川台公園 多摩川台公園で蜘蛛の生き様を体験する A班午前
・B班午後
日本蜘蛛学会 新井 浩司
6、7 6/15(金) 平山城址公園 東京薬科大学薬用植物園が存在する丘陵の歴史探訪 A班実施
・B班休み
樹木医 石井 誠治
6/22(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
戦争が巨木を伐った・知られざる全国の軍需造船供木運動 A・B班実施 武蔵大学名誉教授
瀬田 勝哉
10 7/6(金) 地形から見る日本文明 A・B班実施 特定非営利法人
日本水フォーラム代表理事
竹村 公太郎
11 7/13(金) 身近なアリの不思議な社会生活 A・B班実施 東京農工大学准教授
佐藤 俊幸
12 7/20(金) 世界一の樹木セコイアギガンティアと針葉樹の起源 A・B班実施 宇都宮大学名誉教授
谷本丈夫
連絡
事項
※本講座は、みどり学の受講経験の長い方が比較的多く受講しています。
※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※3/30(金)10時30分より小一時間程オリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※第1,2回4/6,4/13は、バス借り上げ代等が別途5,000円〜7,000円程かかる予定です。 バスの手配は、富士急トラベルにお願いしています。
※野外学習を安全に運営するための費用を初日に集めます。




講座 26 【講座名】 山の自然学
【定員】 30 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
山の自然学
【時 間】 講義:13時00分〜14時30分  野外:10時30分〜14時30分、5/25は8時00分〜18時00分予定(計12回) 
概要 山の自然学とは、山や川、丘陵などの自然をそのまま、まとめて把握しようとする分野です。植物や湧水等がなぜそこにあるかを、地形・地質や気候、水条件などからつながりの形で解明します。講座の半分は野外で自然を観察し、残りはその時々の話題を拾って紹介します。知的登山、あるいは知的観光といってもよい分野です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1、2 4/13(金) 東京都
あきる野市
あきる野市の湧水と切欠のカタクリ、雨武主神社のツガ林の観察 東京学芸大学名誉教授
小泉 武栄
4/27 (金) 川崎市
生涯学習
プラザ
地生態学(山の自然学の)基礎
4、5 5/11(金) 神奈川県
大磯・高麗山
高麗山の地形・地質、植生を観察する
6、7 5/25(金) 栃木県
那須岳・茶臼岳
那須岳・茶臼岳の火山植生の観察(バス利用)
6/8(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
地生態学の考えかた
6/22(金) 地生態学の歴史1 ドイツ・アメリカ編
10 7/6(金) 地生態学の歴史2 日本編1
11 7/13(金) 地生態学の歴史3 日本編2
12 7/20(金) 地生態学図の作成をめぐって (株)地域環境計画
増澤 直
連絡
事項
※本講座は、長年みどり学を受講した方に向けた内容となっております。
※野外学習は、歩行距離やアップダウンがある行程となりますのでご注意ください。
※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※3/30(金)の11時30分より小一時間程度オリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※第6,7回5/25(金)は、バスの借り上げ費用等で別途7,000円〜8,000円程かかる予定です。バスの手配は富士急トラベルにお願いしています。
※野外学習を安全に運営するための費用をオリエンテーションで集めます。




講座 27 【講座名】 いま見なければ損をする!フランス美術の魅力が満載
     ―新古典主義からシュルレアリスムまで
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
美術U 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分、第4回のみ10時00分〜11時30分  (計12回)
概要 パリが単にフランスの首都ではなく芸術の都として輝いたのは、19世紀から20世紀前半までの時代です。どんな画家たちがどんな作品を制作したのかを時代を追って見て行こうと思います。魅力的な作品鑑賞の旅を皆さんと楽しみましょう。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/ 6(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
新古典主義:ダヴィッドとアングル 多摩美術大学教授
中村 隆夫
4/13(金) ロマン主義:先駆者ジェリコーとドラクロワ
5/11(金) クールベの生涯と作品
5/18(金) 印象主義@:モネを中心に
5/25(金) 印象主義A:ルノワールを中心に
6/ 1(金) ゴーガン@:初期からポン=タヴァン時代
6/15(金) ゴーガンA:タヒチの時代を中心に
6/22(金) ゴッホ@:オランダ時代を中心に
6/29(金) ゴッホA:フランス時代を中心に
10 7/13(金) モローと象徴主義の画家たち
11 7/20(金) フォーヴィスム:ドラン、ヴラマンク、マティス他
12 7/27(金) シュルレアリスム:エルンスト、ダリそしてマグリット
連絡
事項
※美術U講座の様子は、運営世話人の皆さまによる講座紹介ブログ「美術U・新百合ヶ丘」がありますので、ご覧ください。




WS 11 【ワークショップ名】 西洋絵画の達人養成講座
【定員】 40 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 美術T・U 【時 間】 毎回13時30分〜15時30分 (計12回)
概要 「静物画」、「風景画」などに分けられる絵画をそれぞれの成立から説き起こし、その見どころをしっかりと押さえる達人を養成する講座です。前半では大まかな流れを解説し、後半では受講生の皆さんに、御自身の興味に応じて自由に発表していただきます。美術館のボランティアの方々にもプラスになる内容にしたいと思っています。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/ 6(金) 新百合21
ビルB2
第2会議室
絵画の鑑賞法;構図と内容(主題);ラファエッロからジャポニスムまで 多摩美術大学教授
諸川 春樹
4/13(金) 歴史画;聖なる物語による権力の称揚;アルベルティが伝えたかったこと
5/11(金) 第1会議室 肖像画;絵の中の人物は何を語るか;モナ・リザ、レンブラントの自画像、他
5/25(金) 新百合21
ビルB2
第2会議室
風俗画;「人間とは何か」から得られる教訓;ボス、カラヴァッジョ、マネ他
6/ 1(金) 風景画;舞台背景から理想郷へ;ジョルジョーネから印象派へ
6/15(金) 静物画;物に込められた象徴主義;フェルメール、シャルダン、セザンヌ他
6/22(金) 研究1; 歴史画; 宗教画・神話画の見どころ
6/29(金) 研究2; 肖像画;芸術家の自画像
7/13(金) 研究3;風俗画;生活の喜び
10 7/20(金) 研究4;風景画;自然と建築を見る楽しみ
11 7/27(金) 研究5;静物画;「メメント・モリ」と静物のドラマ
12 8/ 3(金) まとめ;絵画の様々な見方




講座 28 【講座名】 室町時代の社会と文化 文化史から応仁の乱を考える
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
エクセレントU 【時 間】 毎回13時30分〜15時00分(計12回)
概要 室町時代の文化、およびその文化を生み出しあるいは機能する社会について学びます。従来の北山文化・東山文化といった文化区分の定義を一旦離れ、中世後期の日本社会に存在した様々な文化やそれらの文化に通底するものがなにであったのかに目を向けます。方法としては、6つのテーマを設け、各テーマを@総論とA代表的な文化の各論とをセットで学びながら、室町時代の社会の特質と文化との相関関係について考えます。そのことは必然的に社会の特質としての戦乱と文化との関係、中でも応仁の乱について問うことにつながるでしょう。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/6(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
室町文化とはなにか@私たちの北山・東山文化イメージ 京都造形芸術大学講師
佐々木 創 
4/13(金) 室町文化とはなにかA金閣・銀閣はなにを象徴するのか
5/11(金) 共同体の文化@一揆・座の時代と呼ばれるのはなぜか
5/25(金) 共同体の文化A連歌・茶はどのような共同性を持つのか
6/1(金) 宗教と文化@神と仏とはどのように習合していたのか 共立女子短期大学文科教授
菅野 扶美
6/15(金) 宗教と文化A禅宗が天神信仰に与えた影響とはなにか 京都造形芸術大学講師
佐々木 創
6/22(金) 洗練と伝播@文化はどのように都鄙を往き来したのか
6/29(金) 洗練と伝播A能・狂言・芸能から考える室町文化の特徴
7/13(金) 応仁の乱後の京都@「洛中洛外図」に見る復興後の様子 京都造形芸術大学講師
杉山 美絵
10 7/20(金) 応仁の乱後の京都A祇園祭を支えた町衆文化と法華一揆 京都造形芸術大学講師
佐々木 創
11 7/27(金) 世界の中の室町文化@アジアとの交流・西洋との出会い
12 8/3(金) 世界の中の室町文化Aルイス・フロイスが日本で見たもの




講座 29 【講座名】 経済危機と経済理論―だれにも分かる理論と現実のお話
【定員】 144 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
経済 【時 間】 毎回13時00分〜14時30分(計12回)
概要 これまで、たくさんの経済危機がおこり、その都度、経済学者たちは新しい理論を打ちたて、それに基づいて経済政策が実施されてきました。ところが、また新たな危機にみまわれ・・・。さて、こんなことで、将来はいったい どうなるの? と心配な方。まずは、お聞きください。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/13(金) 生涯学習
プラザ
経済恐慌とは何か? それは,どのようにして起こるのか? 駒澤大学名誉教授
瀬戸岡 紘
4/20(金) 19世紀末大不況は,なぜ,深刻化したのか?
5/11(金) 第一次世界大戦は,なぜ,起こったのか?―その経済的背景を考える
5/18(金) 1920年代不況と1929年世界恐慌は,なぜ,起こったのか?
5/25(金) 1930年代の深刻な不況に,各国は,いかに苦心したか?
6/ 8(金) 第二次世界大戦は,なぜ,起こったのか?―その経済的背景を考える
6/15(金) ケインズ主義政策とは何だったのか?―その意味と限界を考える
6/22(金) 石油危機,そして1970年代不況は,なぜ,起こったのか?
6/29(金) 新自由主義政策とは何だったのか? ―その意味と限界を考える
10 7/ 6(金) ソ連は,なぜ,崩壊したのか? ―その74年間の苦労と限界を考える
11 7/13(金) 最近の一連の金融危機 ―87年,97年,07年以来の危機―は,なぜ,起こったのか?
12 7/20(金) このままでは,史上空前の破局がやってくる?!―右傾化と自国中心主義の経済的背景を考える




WS 12 【ワークショップ名】 人工知能(AI)の開発と経済の近未来を考えてみませんか!        ※討論・発表中心
【定員】 35 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 経済
【時 間】 毎回15時00分〜17時00分(計12回) 内容により18時まで延長する場合があります。
概要 人工知能(AI)の開発は、最近のIoT(モノのインターネット)、フィンテック(情報技術を駆使した革新的金融サービス)などの技術革新をさらに推し進め、人々の仕事の内容を根本的に転換させていく可能性があります。第四次産業革命の中核となる人工知能の実態と意味について学び、近未来の日本経済に与える影響を考えていきます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/13(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
はじめに/オリエンテーション 横浜市立大学名誉教授
金子 文夫
                                                                                                                                                                            
4/20(金) ●人類と機械の対立の歴史と最近の話題
ーAIは救いの神か?根こそぎ雇用を奪うのか?
5/11(金)
5/18(金) ●AIはどこまで進化するのか?何が可能で、何が不可能か?
−世界的な開発競争でどこまで進化するのか?
5/25(金)
6/ 8(金) ●AIが経済に与えるインパクト、産業革命の変遷
−イノベーション、経済成長、失業への影響は?
6/15(金)
6/22(金) ●第四次産業革命後の経済の姿の予測
ー経済の構造が根本的に変革する大分岐になるのか?
6/29(金)
10 7/ 6(金) ●大変革する経済で必要な制度とは?
−雇用を奪われた私たちが豊かに暮らす道はあるのか?
11 7/13(金)
12 7/20(金) ●テキストと講師のまとめ
連絡
事項
テキスト:「人工知能と経済の未来ー2030年の雇用大崩壊」(井上智洋著、文春新書、¥800円+税)、各自でお求めください。
グループ毎にテキストの担当部分の概要等を発表していただき、全体で討議するゼミ形式です。グループと担当部分は初回時に決定します。




講座 30 【講座名】懐かしの名作を語る―「私が愛した番組」「メディアジャーナリストのメッセージ」「映画を語る」
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
映像・メディア 【時 間】 毎回13時00分〜14時30分 (計12回)
概要 2018年前期は、(1)「私が愛した番組」(2)「メディアジャーナリストのメッセージ」(3)「映画を語る」各4本で編成します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/13(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
私が愛した
番組
「歴史ヒストリア」:キャスターの存在感が光った番組でした。秘話と共に、現在、担当している番組も語ってもらいます。 交渉中
4/20(金) 「ためしてガッテン」:人気の長寿番組の担当プロデューサー、ディレクターが、苦労話も含めて語ります。 NHK科学環境番組部
チーフ・プロデューサー
斉藤 潤
4/27(金) 「民放初の本格的ドキュメンタリスト・牛山純一」:「ノンフィクション劇場」の創設者、故牛山純一氏を身近で見てきた長男が語ります。 NHKエンタープライズ
エグゼクティブ
プロデューサー
牛山 徹也
5/11(金) 「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」:「引退~長嶋茂雄のラストシーズン~」 等の名作を基に、担当プロデューサーが語ります。 NHKエデュケーショナル
シニア・プロデューサー
久保 健一
5/18(金) メディア
ジャーナリストの
メッセージ
NHK特集「あの時世界は」と北朝鮮問題:大型N特で核開発問題を多数制作してきた安間氏が、激動する世界の現状をどう読み解くかを語ります。 東京工科大学名誉教授、
元NHKプロデューサー
安間 総介
5/25(金) 「 日本と日本人の覚悟」:TBS 「ブロードキャスター」などに出演し、著書も多い嶌氏に保守化する日本について語ってもらいます。 ジャーナリスト
嶌 信彦
6/8(金) 「 ニュース映画に見る虚像と実情~ジャーナリズムに潜むプロパガンダの危険性~」:貴重な映像収集、整理に取り組み30年。その成果の一つとして、戦前と戦後のニュース映像の比較を通して、ジャーナリズムに潜むプロパガンダの危険性を語ります。 川崎市市民ミュージアム
副館長
濱崎 好治
6/15(金) 「メガ映像イベントと地方創生」:NHK横浜のフリーANから、現在NEPの特別主幹として活躍する菅山氏が映像が人を動かす力について語ります。 NHKエンタープライズ
特別主幹
菅山 明美
6/22(金) 映画を語る 名作「ゆきゆきて神軍」で著名な原一男監督が、最新作「ニッポン国VS泉南石綿村」を語ります。 映画監督
原 一男
10 7/6(金) 「成人映画・ドキュメンタリー」を語る:日大(芸)卒後、TV、岩波映画を経て成人映画監督、TVで平壌報道後、現在、ドキュメンタリー映画「マダガスカルの口蓋裂問題」を制作中。 映画評論家、映画監督
山本晋也
11 7/13(金) 「巨匠・黒澤明監督」を語る:BBCとの国際共同制作で「クロサワ」を制作統括。邦画三大巨匠の一人、黒澤明監督を語ります。 映画評論家、
元NHK映画支配人
渡辺 俊雄
12 7/20(金) 「巨匠・溝口健二監督」を語る:NHKで「日本劇映画百年~名シーンで綴る一世紀~」を制作統括。溝口健二監督の「雨月物語」を語ります。 映画「いのち」監督、
元NHKプロデューサー
林 勝彦
連絡
事項
都合により日程、学習内容、講師は変更する場合がございます。




WS 13 【ワークショップ名】生命のしくみ、細胞から体と心の健康を考える     ※実験あり
【定員】 40 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
科学
【時 間】 座学(金曜日・15時00分〜17時00分(7回) 実験(火、水、木曜日・10時00分〜最長15時00分 2回分x2.5)(計12回)
概要 健康の問題について、細胞の生物学という観点からお話しします。細胞の老化や免疫の原理とその疾患について、また、細胞にとって必要な脂質の働きとその異常な状態が体と心の健康にどのような影響を与えるかについて解説します。さらに、細胞に含まれるDNAの中から一部だけを取り出して、大腸菌の中で増やす実験を行います。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
5/11(金) 川崎市
生涯学習
プラザ

15:00

17:00
コラーゲンとヒアルロン酸の働きは? お茶の水女子大学准教授
宮本 泰則
5/18(金) 老化と若返りを細胞から考える
5/25(金) 免疫とアレルギーを考えてみる
6/8(金) 体にとって必要な油とは?脂質栄養の基礎を学ぶ お茶の水女子大学教授
小林 哲幸
6/15(金) えごま油や魚油はどのように健康に役立つか
6/22(金) 心の健康と油の関係を考える
7/13(金) 細胞は動く 元放送大学客員教授
室伏 擴
8〜12 7/24(火) 10:00〜14:00 実験、お茶の水女子大学で行う
(5回分)
DNAクローニングをやってみよう
A班実施
・B班休み
元放送大学客員教授
室伏 擴
7/25(水) 10:00〜12:00
7/26(木) 10:00〜15:00
8〜12 7/31(火) 10:00〜14:00 実験、お茶の水女子大学で行う
(5回分)
DNAクローニングをやってみよう
B班実施
・A班休み
8/1(水) 10:00〜12:00
8/2(木) 10:00〜15:00













このページの先頭へ