受講案内:2018年度前期 火曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
新しい科学の世界講座自然U(川崎学)講座社会福祉WS日本史講座日本史WSみどり学T講座みどり学(フレッシュ)講座






講座 8 【講座名】 新しい科学の世界
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
新しい科学の世界 【時 間】 座学10時30分〜12時00分 見学会の時間は別途(計12回)
概要 最新の話題のほか、今期はとくに異常気象や地震に対する防災対策、宇宙科学、地球の科学に力点を置いた講座構成になっています。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/10(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
地震のメカニズム
―多様な地震像―
防災科学技術研究所
地震津波防災研究部門
総括主任研究員
関口 渉次
4/17(火) 地震災害の軽減に向けて
―リアルタイム地震被害推定システムの開発―
防災科学技術研究所
社会防災システム研究部門長
藤原 広行
4/24(火) ノーベル賞をとった重力波が拓く新しい物理の世界 文部省宇宙科学研究所
(現JAXA)名誉教授
河島 信樹
5/8(火) 集中豪雨のメカニズムとその予測 防災科学技術研究所
水・土砂防災研究部門
特別研究員
加藤 亮平
5/15(火) 地球外生命体は存在するか
―アストロバイオロジーの世紀
国立天文台准教授
縣 秀彦
6/5(火) 『長野県は宇宙県』
―宙(そら)ツーリズムによる地域振興
6/12(火) 中性子星って何だ? 理化学研究所
仁科加速器研究センター
研究員
磯部 忠昭
8、9 6/19(火) 見学会 つくば市の防災科学技術研究所で15mm〜300mm毎時の雨を降らせることができる世界最大級の施設大型降雨実験施設等を見学
講演:防災活動及び災害対応における情報の利活用について
案内役
防災科学技術研究所職員
講演:社会防災システム
研究部門研究員
池田真幸
10 6/26(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
超小型探査機による新しい太陽系探査への挑戦 東京大学大学院
工学系研究科准教授
船瀬 龍
11 7/3(火) AI(人工知能)は人間を超えるか 地球技術研究所代表
荒川 文生
12 7/10(火) 電気学会のドン・キホーテとして原発事故に挑む
連絡
事項
※変更(6/14):6/19(火)の学習内容と講師名を追加しました。




講座 9 【講座名】 川崎の自然U―生き物や地形地質の変化 T
【定員】 40 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
自然U(川崎学)
【時 間】 毎回10時30分〜12時00分、ただし野外学習は見学地の状況により多少時間が前後しますが学習内容記載の時間を参考になさってください。(計12回)
概要 生き物や地形地質は、1.季節で変わる、2.地域環境で変わる、3.年によって変わる、4.地質年代で変わる。この変化する事例を川崎市域から県域にかけて探ってみよう。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/17(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
増える外来(帰化)植物 元東京大学大学院
農学生命科学特任研究員
北川 淑子
4/24(火) 川崎市麻生区黒川 黒川農耕地にも広がる外来(帰化)植物
(9:30〜12:00予定)
5/8(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
海岸の環境や季節による生物相の変化 神奈川県立生命の星・
地球博物館名誉館員
博士(海洋科学)
村岡 健作
5/15(火) 葉山真名瀬海岸 葉山町真名瀬岩礁海岸の生きもの観察
(9:30〜12:30予定)
6/5(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
景観から読む自然自然を読む 神奈川県立生命の星・
地球博物館
主任学芸員
苅部 治紀

前かわさき宙と緑の科学館学芸員(自然担当係長)
川島 逸郎
6/12(火) 生田緑地日本民家園 里地環境にすむ昆虫観察里蜂―古民家で人と共存する里地の昆虫観察
(10:30〜12:00予定)
6/26(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
川崎市域、特に鶴見川流域の水害を歴史的にみる 多摩川流域自然史研究会代表
増渕和夫
8、9 7/3(火) 大磯丘陵
(バス利用)
大磯丘陵に分布する第四紀後期に形成された地形・地質の観察:バス利用
(8:00〜18:00予定)
神奈川県立生命の星・
地球博物館主任研究員
笠間 友博
10 7/10(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
相模川における流路変遷を地質学的に探る 神奈川県立生命の星・
地球博物館名誉館員
理学博士 松島 義章
11、12 7/17(火) 藤沢〜片瀬江ノ島 藤沢龍口寺境内に見られる礫層、江ノ島に残されている礫層の観察
(10:00〜15:00予定)
連絡
事項
※自然T(川崎学)講座と自然U(川崎学)講座の両方が抽選となった場合、できるだけ多くの方にみどり学を受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。 ※4/17(火)10時00分より30分間オリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※第4回5/15(火)は、天候により日程変更した場合は、潮の干満時間により野外学習の時間が変更になる可能性があります。
※第8,9回7/3(火)はバス借り上げ代等が別途5,000円〜7,000円程かかる予定です。バスの手配は、富士急トラベルにお願いしています。
※野外学習を安全に運営するための費用をオリエンテーションで集めます。
※変更(3/284/17):講師都合により、6/5(火)と6/12(火)の講師が変更になります。新しい講師は決まり次第ご連絡申し上げます。上記のようになりました。




WS 2 【ワークショップ名】 超高齢社会を考える−川崎市の計画・実践をてがかりに
                          ※講義の後に討論あり
【定員】 40 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 8,640 円  聴講生 9,720 円
【ワークショップ】 社会福祉 【時 間】 毎回10時15分〜12時15分(計8回)
概要 「人生100年時代」ー私たちはそれを真に幸せなものとして捉えることができているでしょうか?本ワークショップでは、超高齢社会の現実や、それを「生き抜く」ための様々な実践や行政、社会福祉協議会の取組みを学び、より良く生きるためのてがかりにしてみたいと思います。
※すべての回にコーディネーターも出席し、授業の後半は講師・受講者・コーディネータを交えて議論する予定です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
6/5(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
超高齢社会における社会福祉のゆくえ 日本女子大学
人間社会学部准教授
黒岩 亮子
6/12(火) 超高齢社会を乗り越える−福祉コミュニティの諸相 首都大学東京
都市環境学部教授
和田 清美
6/19(火) 超高齢社会の不安を考える−社会保障のゆくえ 日本女子大学
人間社会学部准教授
圷 洋一
6/26(火) 超高齢社会で活躍する−これからの社会福祉協議会の役割とは? 川崎市社会福祉協議会 職員
7/3(火) 超高齢社会に向き合う−小規模多機能施設の実践から 上布田つどいの家ハウス長
谷 大樹
7/10(火) 超高齢社会を計画する−これからの行政の役割とは? 川崎市役所 職員
7/17(火) 現地 現地見学 現地講師
7/31(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
超高齢社会を「生き抜く」ために 日本女子大学
人間社会学部准教授
黒岩 亮子




講座 10 【講座名】 日本の古代社会―東アジアとの交流を視座に
【定員】 144 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
日本史 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 日本の古代社会について、東アジアとくに中国・朝鮮との交流の視座を念頭に考察する講座です。仏教の伝来、社会規範の律令官制の導入など、多くの影響をうけた古代日本は、遣隋使や遣唐使の派遣を通じて中国大陸の政治や社会制度、宗教や文化などの摂取を行い、やがて日本独自の思想や信仰、文化や生活のスタイルを生み出していきました。こうした諸状況などの特色について紹介します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/10(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
東アジア世界と仏教伝来 筑波大学名誉教授
根本 誠二
4/17(火) 聖徳太子と法隆寺の建立
4/24(火) 遣唐使と留学生・留学僧の往来
5/8(火) 行基の仏教と社会事業
5/15(火) 大仏造立と天皇・貴族層
6/5(火) 鑑真の来日と奈良の仏教者
6/12(火) 入唐僧〜最澄・空海と密教 淑徳大学人文学部長
・教授
宇佐美 正利

筑波大学名誉教授
根本 誠二
6/19(火) 菅原道真と遣唐使の廃止 日本大学教授
中村 順昭
6/26(火) 王朝文化の成立〜唐様から和様へ
10 7/3(火) 末法思想と浄土教
11 7/10(火) 怨霊・御霊と信仰 日本大学講師
鈴木 哲
12 7/17(火) 日本霊異記の世界 淑徳大学人文学部長
・教授
宇佐美 正利

筑波大学名誉教授
根本 誠二
連絡
事項
※変更(6/14):都合により、6/12(火)、7/17(火)の講師を変更しました。




WS 3 【ワークショップ名】 悲劇の皇子・皇女―古代史残照        ※グループ発表あり
【定員】 40 名  【受講料(税込)】2年会員 7,560 円  1年会員 7,560 円  聴講生 8,640 円
【ワークショップ】 日本史 【時 間】 毎回13時15分〜15時15分(計7回)
概要 古代の王族たちといえば、華やかな宮廷で敬慕され、かしずかれて優雅な日々を送っていたようなイメージがあります。しかし実は、あるときには勢い込んで自己主張していかなければならず、またあるときには身に覚えがないにも拘わらず政治状況に弄ばれて命を落として消えていきました。その生きざまを辿ることで、古代史の裏面を探ってみましょう。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/10(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
オリエンテーション  基調講義 / 聖徳太子 〜 敬仰から疑惑の対象へ 早稲田大学講師
松尾 光
4/24(火) 山背大兄王,古人大兄皇子 〜 私たちには何が不足していたのか
5/15(火) 大友皇子,大津皇子 〜 皇位が目の前だったというのに
6/12(火) 長屋王 〜 冤罪のままなぜ葬られたのか
6/26(火) 不破内親王,井上内親王 〜 渇望と不満だらけの人生
7/10(火) 早良親王 〜 私が日本最初の怨霊となったわけ
7/17(火) 最終講義 / 恒貞親王 〜 悲劇を招いた美談のツケとは
連絡
事項
授業は、講師をアドバイザーとして、受講者グループによる発表と質疑を取り入れたゼミ形式で行います。




講座 11 【講座名】みどり学T−身近な自然に興味を持ち親しみを深める
【定員】 90 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
みどり学T
【時 間】 講義:13時30分〜15時00分、野外:10時30分〜14時30分、5/15・6/5は8時00分〜18時00分予定(計12回)
概要 みどり学は自然環境を広く学ぶ講座です。日常生活の中で接する身近な自然を見つめ、自然と生活の関わりを理解して、生活に生かすことを目指します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/10(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
地上で最も多様なハンター、クモの生態 A・B班実施 日本蜘蛛学会 新井 浩司
4/17(火) 六義園 江戸時代に流行したツツジ園芸の歴史見学 A班実施・
B班休み
樹木医 石井 誠治
4/24(火) B班実施・
A班休み
5/8(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
ミツバチから見える地域の環境 A・B班実施 NPO
銀座ミツバチプロジェクト
理事長
田中 淳夫
5/15(火) 栃木県日光市
(日光植物園)
日光にある結構な場所:東大植物園分園の魅力を探る(バス利用) A班実施・
B班休み
森林インストラクター
武部 令
6/5(火) B班実施・
A班休み
6/12(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
身近なアリの不思議な社会生活 A・B班実施 東京農工大学准教授
佐藤 俊幸
6/19(火) 猿島 日本原産のアジサイが昔の姿で残る無人島に上陸 A班実施・
B班休み
樹木医 石井 誠治
6/26(火) B班実施・
A班休み
10 7/3(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
世界コウモリ紀行 A・B班実施 コウモリ写真家
大沢 夕志
11 7/10(火) 身近な雑草入門 A・B班実施 樹木・環境ネットワーク
中西 由美子
12 7/17(火) 日本の桜があぶない!危険なカミキリムシが各地で繁殖。 A・B班実施 樹木医 石井 誠治
連絡
事項
※本講座は、みどり学の受講経験の浅い方が比較的多く受講しています。
※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※4/10(火)13時00分よりオリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※第5,6回5/15,6/5は、バス借り上げ代等が別途5,000円〜7,000円程かかる予定です。 バスの手配は、富士急トラベルにお願いしています。
※野外学習を安全に運営するための費用を初日に集めます。




講座 12 【講座名】 みどり学(フレッシュ)
【定員】 40 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
みどり学(フレッシュ)
【時 間】 講義:13時30分〜15時00分、野外:10時30分〜14時30分、4/10は8時00分〜18時00分予定(計12回)
概要 みどり学を初めて受講される方を中心に、身近な自然に目を向けるきっかけをつかむことを目的にした講座です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1、2 4/10(火) 山梨県北杜市
(神代桜)
日本一長寿のサクラと巨大ケヤキ田木・畑木(バス利用) 樹木医 石井 誠治
4/17(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
神代ザクラと田木・畑木の過去、現在、未来 日本花の会主幹研究員
和田 博幸
4/24(火) ツツジを科学する〜ツツジのルーツと多様な種類 森林インストラクター
武部 令
5/15(火) 荒れ狂う地球:21世紀の課題 元東京女子大学教授
小島 覚
6/5(火) 世界のブナ・現状と未来 東京農工大学名誉教授
福嶋 司
7、8 6/12(火) 水元公園 最大の都立公園でハナショウブの競演を鑑賞 樹木医 石井 誠治
6/19(火) 川崎市
生涯学習
プラザ
銀座ミツバチ物語:ミツバチから学ぶ地域の資源 NPO銀座
ミツバチプロジェクト
理事長
田中 淳夫
10 6/26(火) グランドキャニオンの地形とアリゾナ砂漠の植生 宇都宮大学名誉教授
谷本丈夫
11、12 7/17(火) 四季の森公園 花の形には事情あり・横浜市四季の森を楽しむ 森林インストラクター
武部 令
連絡
事項
※本講座は、アカデミーで初めてみどり学を学ぶ方や、初心に帰って学び直しをしたい方に向けた内容となっております。
※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※4/3(火)13時30分より小一時間程度オリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※第1,2回4/10(火)は、バス借り上げ代等が別途5,000円〜7,000円程かかる予定です。 バスの手配は、富士急トラベルにお願いしています。
※野外学習を安全に運営するための費用を初日に集めます。













このページの先頭へ