受講案内:2018年度前期 大学連携講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
大学連携講座



講座 301 【講座名】 素晴らしき舞台芸術 イタリア・オペラをもっと知る Vol.2
     〜そしてオペラの幕は上がる〜
【定員】 150 名  【受講料(税込)】2年会員 7,560 円  1年会員 7,560 円  聴講生 7,560 円
大学連携講座 【時 間】 毎回11時00分〜12時30分 (計6回)
概要 イタリアで大衆化したオペラはやがて国境や海を越え、19世紀には「オペラ産業」と呼ばれる大きなマーケットが世界規模で実現されました。劇場、台本作家、作曲家、歌手、オーケストラ、舞台美術家、演出家など多様な人々がかかわるオペラ公演のあり方は、ほぼ19世紀にそのモデルが出来上がっています。この講座では華やかな舞台の幕が上がる前の人々の仕事を、歴史的観点から振り返ります。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
5/9(水) 昭和音楽大学
北校舎
ラ・サーラ・スカラ
19世紀のオペラの現場@
劇場運営とシーズンの仕組み
昭和音楽大学教授
小畑 恒夫(オペラ史)
5/23(水) 19世紀のオペラの現場A
ロッシーニ、ドニゼッティ、ヴェルディたちの活動
6/6(水) オペラ作品の本質を捉える@
台本の作られ方〜イタリア詩作法
昭和音楽大学講師
森田 学(音楽作劇法研究)
6/20(水) オペラ作品の本質を捉えるA
番号オペラのしくみ〜ソリタ・フォルマ
7/4(水) 歌う!!@
歌うために必要なこととは
昭和音楽大学講師
廣田 美穂(声楽)
7/18(水) 歌う!!A
時代とともに変遷した歌唱法 ※実演有り
連絡
事項
昭和音楽大学オペラ公演2018(10月開催予定)のご優待があります。





































このページの先頭へ