受講案内:2018年度後期 金曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
世界史講座みどり学U講座山の自然学講座美術U講座美術T・UWS
エクセレントU講座経済講座経済WS映像・メディア講座科学WS






講座 24 【講座名】 世界史の中の日本と朝鮮―19世紀から21世紀まで
【定員】 144 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
世界史 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 南北朝鮮の関係が劇的に変化しようとしています。それでは、日本と朝鮮半島との関係はどのように変化するのでしょうか。それを考えるには、19世紀以降、日本と朝鮮の関係が何故、如何にして変化してきたのかについての考察が必要不可欠でしょう。過去の事実を直視してこそ、今後の両者の関係は未来を志向するものとなるでしょう。しかもそれには、両者の関係にのみ注目するのではなく、それを世界史の中に位置付ける視座が必要です。それを検討していきます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/28(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
東アジア国際秩序と西欧 東京女子大学教授
茂木 敏夫
10/5(金) 朝鮮の中華思想と日本との関係 首都大学東京名誉教授
森山 茂徳
10/12(金) 日本・朝鮮の開国と外交関係 県立広島大学名誉教授
原田 環
10/19(金) 日本・朝鮮の開化と朝鮮の植民地化 東京大学教授
月脚 達彦
10/26(金) 植民地統治と国際関係 上智大学教授
長田 彰文
11/9(金) 日本の植民地統治政策の推移 首都大学東京名誉教授
森山 茂徳
11/16(金) 植民地朝鮮の知識人と民衆 千葉大学教授
趙 景達
11/30(金) 第二次世界大戦と日本・朝鮮 首都大学東京名誉教授
森山 茂徳
12/14(金) 日本敗戦と朝鮮の解放・分断
10 12/21(金) 日韓関係の変化 学習院大学教授
磯崎 典世
11 1/18(金) 日朝関係の変化 東京大学教授
木宮 正史
12 1/25(金) 国際システムの変化と日本・朝鮮 慶應義塾大学名誉教授
小此木 政夫




講座 25 みどり学U−木や草が生活とつながる面白さを極める
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
みどり学U
【時 間】 講義:10時30分〜12時00分、 野外:10時30分〜14時30分、12/14,12/21は8時00分〜18時00分予定、(計12回) 
概要 みどり学は自然環境を幅広く学ぶ講座です。身近な自然との触れ合いの中から学んだ知恵を、周囲の市民やさまざまな活動に生かすことを目指します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/28(金) 川崎市
生涯学習プラザ
日本の桜があぶない! 危険なカミキリムシが各地で繁殖 A・B班実施 樹木医 石井 誠治
2、3 10/5(金) 東京都
国立市
 国立桜並木と一橋大学構内の森見学 B班実施・
A班休み
一橋大学寄付講義講師
関 統造
10/12(金) A班実施・
B班休み
10/19(金) 川崎市
生涯学習プラザ
日本シカとインディアンテリトリー〜森林の保護か、生息地の保護か A・B班実施 宇都宮大学名誉教授
谷本 丈夫
10/26(金) ミミズの願い「もっと私を知ってほしい!」 A・B班実施 ミミズ研究家
石塚 小太郎
11/9(金) 緑と水とエネルギー A・B班実施 一橋大学寄付講義講師
関 統造
11/16(金) 江戸の町並みに秘められた謎と忠臣蔵のミステリー A・B班実施 NPO法人日本水フォーラム代表理事
竹村 公太郎
11/30(金) シカ問題を考える A・B班実施 元麻布大学教授
高槻 成紀
12/7(金) 川崎市
生涯学習プラザ
日本シカとインディアンテリトリー〜森林の保護か、生息地の保護か A・B班実施 宇都宮大学名誉教授
谷本 丈夫
9、10 12/14(金) 伊豆
下多賀
ヒマラヤの南麓に咲く秋咲きの野生種、ヒマラヤザクラを検証する(バス利用) B班実施・
A班休み
樹木医 石井 誠治
12/21(金) A班実施・
B班休み
11、12 1/18(金) 葛西臨海
公園
東京湾に現れる冬の蜃気楼を葛西臨海公園で観察する A班実施・
B班休み
1/25(金) B班実施・
A班休み
連絡
事項
※本講座は、みどり学の受講経験の浅い方が比較的多く受講しています。
※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※9/28(金)10時00分よりオリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※第9,10回12/14,12/21は、バス借り上げ代等が別途5,000円〜7,000円程かかる予定です。 バスの手配は、富士急トラベルにお願いしています。
※野外学習を安全に運営するための費用を初日に集めます。
※変更(7/13):講師都合により、10/19(金)の回は、12/7(金)に日程変更しました。




講座 26 【講座名】 山の自然学
【定員】 30 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
山の自然学
【時 間】 講義:13時00分〜14時30分  野外:10時30分〜14時30分予定、ただし11/2は8〜18時予定(計12回) 
概要 植物はなぜそこにあるのか。これが講座『山の自然学』基本テーマである。そのためには植物の分布を地形・地質や水条件、自然史などから多面的に考察する必要がある。今期は、山の自然学の基本について前期に引き続き体系的に紹介するほか、できるだけ野外にでて地生態学的な視点から考察していきたい。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/28(金) 川崎市
生涯学習プラザ
地生態学の歴史 日本編3 東京学芸大学名誉教授
小泉 武栄

2、3
10/5(金) 東京都あきる野市
(武蔵五日市)
五日市・金比羅山と広徳寺
10/19(金) 川崎市
生涯学習プラザ
地生態学の歴史 日本編3
4、5 11/2(金) 下仁田ジオパーク 下仁田ジオパークの特異な地形・地質を観察する(バス利用)
11/9(金) 川崎市
生涯学習プラザ
多摩川のカワラノギク
11/30(金) 地生態学の歴史 日本編4
12/7(金) 地生態学の考え方2
9、10 12/14(金) 玉川上水 玉川上水(羽村マイマイズ井戸、上水取り入れ口、立川断層)
11 1/25(金) 川崎市
生涯学習プラザ
地生態学の考え方3
12 2/1(金) 地生態学の考え方4
連絡
事項
※本講座は、長年みどり学を受講した方に向けた内容となっております。
※野外学習は、歩行距離やアップダウンがある行程となりますのでご注意ください。
※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※9/28(金)の13時00分12時30分より小一時間程度オリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※第4,5回11/2(金)は、バス借り上げ代等が別途7,000円〜8,000円程かかる予定です。 バスの手配は、富士急トラベルにお願いしています。 
※野外学習を安全に運営するための費用をオリエンテーションで集めます。
※変更(7/18):講師都合により、10/19(金)の回は、9/28(金)に日程変更しました。




講座 27 【講座名】 じっくり学ぶ 西洋の美術と文化の歴史 ―中世の始まりまで
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
美術U 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分、 但し第6回(11/2)のみ10時00分〜11時30分 (計12回)
概要 西洋の歴史と文化を、起源から古代の終焉にかけてじっくりと見ていきます。発祥の地であるメソポタミアとエジプト、その後の基盤となるギリシャとローマ。その流れを詳しく知ることで、皆様の今後の異文化理解や美術鑑賞がより深いものとなるはずです。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/28(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
洪水神話の比較からみる、古代文化の伝播と相互関係 東京造形大学教授
池上 英洋
10/5(金) 西洋文明のはじまり ―原始社会と定住
10/12(金) メソポタミアとエジプト ―西洋文明の父と母
10/19(金) ギリシャ文明圏の成立とヘレニズム文化
10/26(金) ローマの形成 ―戦争と膨張
11/2(金) ローマの発展 ―巨大インフラの整備
11/16(金) ふたつの政体 ―共和政と君主政
11/30(金) 多神教から一神教へ
12/14(金) キリスト教の教義の整備
10 12/21(金) パックス・ロマーナとキリスト教の広がり
11 1/18(金) 古代のひとびとの暮らしぶり
12 1/25 (金) 古代の遺産-古代美術の受容について 多摩美術大学教授
諸川 春樹
連絡
事項
使用テキスト: 『ヨーロッパ文明の起源』、池上英洋、筑摩書房(ちくまプリマー新書、2017年)、税別860円。各自ご用意下さい。
※美術U講座の様子は、運営世話人の皆さまによる講座紹介ブログ「美術U・新百合ヶ丘」がありますので、ご覧ください。




WS 11 【ワークショップ名】 西洋古代絵画史入門 ―― 古代ギリシア絵画へのあこがれ
【定員】 40 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 美術T・U 【時 間】 毎回13時30分〜15時30分(計12回)
概要 近年新しい発見が相次ぎ、古代絵画史の頁が書き換えられつつあります。新発見の絵画資料と古代ギリシア独特の絵画媒体である陶器画資料を多用しながら、さまざまな角度から古代ギリシア絵画を捉え直し、その魅力を受講生の皆さんと一緒に探ります。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/5(金) 新百合21
ビルB2
第2会議室
はじめに ― 西洋古代絵画の概要と特色について 元武蔵野美術大学教授
篠塚 千惠子
10/12(金) 失われた古代ギリシア絵画を求めて ― 西洋近世の画家たちの試み
10/19(金) ギリシア青銅器時代の絵画(エーゲ絵画と総称)の発見
10/26(金) エーゲ絵画の魅力を探る
11/2(金) ギリシア陶器画の世界への誘い
11/16(金) ギリシア陶器画の巨匠たち 1
11/30(金) ギリシア陶器画の巨匠たち 2
12/14(金) ギリシア陶器画から絵画の革命を考える
12/21(金) ギリシア絵画史の新しい頁 ― マケドニアの墓壁画
10 1/18(金) 古代モザイク画の魅力を探る
11 1/25(金) ポンペイの壁画とギリシア絵画
12 2/1(金) おわりに ― 西洋古代絵画の魅力を語る




講座 28 【講座名】 室町時代の社会と文化(2)〜室町びとの労働・富・文化〜
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
エクセレントU 【時 間】 毎回13時30分〜15時00分(計12回)
概要 室町時代に生きた人びとはどのような職につき、働き、収入を得、文化的な生活を営んでいたのでしょうか? また経済活動と文化とはどのような関係にあるのでしょうか? 同時代の日本列島に生きた様々な人びとの労働に注目することで、室町文化について考えます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/28(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
将軍 将軍家の日明貿易(公方御蔵・同朋衆・唐物) 京都造形芸術大学講師
佐々木 創
10/5(金) 天皇 権威の上昇と文化活動 日本女子大学講師
三島 暁子
10/12(金) 公卿 三条西実隆の生活〜公卿の収入と文化〜
10/19(金) 鎌倉府 関東十カ国の経済基盤と足利学校 京都造形芸術大学講師
佐々木 創
10/26(金) 都市 地方大都市における富の形成と文化(堺・博多) 京都造形芸術大学講師
比企 貴之
11/16(金) 大名 大内氏の日朝貿易と山口の文化 京都造形芸術大学講師
佐々木 創
11/30(金) 職人 「職人歌合」に見る職人・芸能民の生活と文化 共立女子短期大学文科教授
菅野 扶美
12/14(金) 地方商人 商人が運ぶ富と文化 京都造形芸術大学講師
比企 貴之
12/21(金) 町衆 角倉一族の公共事業と貿易 京都造形芸術大学講師
佐々木 創
10 1/18(金) 領主 海の領主の富と交流(倭寇・シルバーラッシュ)
11 1/25(金) 農民 九条政基の旅〜地方農村の生活と文化〜 京都造形芸術大学講師
比企 貴之
12 2/1(金) 宗教勢力 比叡山延暦寺の富と文化 京都造形芸術大学講師
佐々木 創




講座 29 【講座名】 あのニュースの深層にも こんな経済問題が
     ――世界各地の大きな出来事を 背景から読み解く
【定員】 144 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
経済 【時 間】 毎回13時00分〜14時30分(計12回)
概要 新聞やテレビでなかなか説明がなされていないところまで踏みこんで解説します。また,断片的には知っていることでも,関連がよくわからないことなどを系統的に説明します。従来の常識では理解しがたいことが多発している今の時代を生きぬく力を養います。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/28(金) 生涯学習
プラザ
トランプ政権を支えてきた人たちの期待と,かれらへの反感と 駒澤大学名誉教授
瀬戸岡 紘
10/ 5(金) 市民の反発が強まるヨーロッパ連合(EU)
10/12(金) イスラム国(IS)
―― その意外な強さの秘密を解きあかす
10/19(金) 「一帯一路」で大変貌か?
―― アフリカの最新事情
10/26(金) ロシア ― その古くて新しい政治・経済問題
11/ 9(金) アメリカ中間選挙の結果を分析する
11/16(金) 中国経済の隠された諸問題とシー・チンピン(習近平)
11/30(金) 朝鮮半島をめぐる諸問題
12/14(金) やがて世界一の人口大国になろうとしているインドの経済は?
10 12/21(金) アメリカから見捨てられるのか?
――ラテンアメリカの最新事情
11 1/18(金) 2018年の日本経済を振りかえって
12 1/25(金) 2019年の世界の政治と経済を展望する
連絡
事項
情勢の変化により,順序が入れかわったり,内容が変更になったりすることがあります。




WS 12 【ワークショップ名】 情報技術革新の未来―仮想通貨/ブロックチェーン/分権型経済システム
                        ※討議・発表中心
【定員】 35 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 経済 【時 間】 毎回 15時00分〜17時00分 (計12回) 内容により18時まで延長する場合があります。
概要 情報技術の目覚しい革新は近未来の経済と社会を大きく変えていきます。仮想通貨(ビットコインなど)の基盤にあるブロックチェーン技術は、金融の世界だけでなく、より広い分野に応用され、管理者のいない分散自律型経済システムを作り出す可能性があります。このような技術革新の最前線について、基本から学んでいきます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/28(金) 川崎市
生涯学習
プラザ
学習の解説/先生のオリエンテーション 横浜市立大学名誉教授
金子 文夫
10/5(金) 仮想通貨とは何か?フィンテックとは何か?
10/12(金) 仮想通貨はどこまで広がるのか?実際に使うには?
10/19(金) メガバンクや中央銀行が、仮想通貨を検討している
10/26(金) 情報技術の革新
―ブロックチェーン(集中管理と分散管理)
11/ 9(金) 革新の重要性
―インターネットでの価値の送付と信頼の確立
11/16(金) ブロックチェーン
―金融だけでない応用分野
11/30(金) シェアリングエコノミーとは何か?成長の方向
12/14(金) IoTとは何か?その課題とブロックチェーン
10 12/21(金) ブロックチェーン革命の本質@−組織を変える
11 1/18(金) ブロックチェーン革命の本質A−社会を変える
12 1/25(金) まとめ/先生のコメント
連絡
事項
テキスト:「入門 ビットコインとブロックチェーン」(野口悠紀雄著、PHPビジネス新書、¥890円+税)、各自でお求めください。
グループ毎にテキストの担当部分の概要等を発表していただき、全体で討議するゼミ形式です。グループと担当部分は初回時に決定します。




講座 30 懐かしの名作を語る
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
映像・メディア 【時 間】 毎回13時00分〜14時30分 (計12回)
概要 さまざまなメディアで活躍する人たちが「この人に会いたい」、「著名ジャーナリストのメッセージ」、「名画を語る」の3つのテーマで語ります。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/28(金) 川崎市生涯学習プラザ この人に
会いたい
「ダーウィンが来た!」を語る。
人気番組担当者が、撮影秘話などを語ります。
NHK制作局科学・環境番組部
チーフ・プロデューサー
菊池 哲理
10/5(金) 連続テレビ小説 「半分、青い。」を語る。
視聴率が高い看板番組の舞台裏を語ります。
NHKドラマ部
チーフ・プロデューサー
勝田 夏子
10/12(金) 「ビハインド・ザ・コーブ〜捕鯨問題の謎に迫る」を語る。
ロンドンでのコンペで最優秀監督賞を受賞した八木氏が語ります。
ドキュメンタリー映画監督
八木 景子
10/19(金) 「心を動かす言葉」を語る。
「朗読の加賀美」といわれて、現在フリーの名アナウンサーが語ります。
フリーアナウンサー
元NHKアナウンサー
(理事待遇)
加賀美 幸子
10/26(金) 著名ジャーナリストの
メッセージ
「報道の現場」から世界を語る。
TBSのアメリカ総局長、モスクワ支局長などの歴任者が語ります。
国際ジャーナリスト
金平 茂紀
11/9(金) 今、語りたい「旬の話し」。
鳥越氏は記者やサンデー毎日の編集長を歴任し、日本記者クラブ賞を受賞しています。
ニュースの職人/
ジャーナリスト
鳥越 俊太郎
11/16(金) 「報道の自由・放送法」を語る。
NHK記者時代、「埋もれた報告」で芸術祭大賞を受賞した大治氏が語ります。
NPO「マスコミ市民」理事長
大治 浩之輔
11/30(金) 「イラク戦争と自衛隊」を語る。
ロカルノ国際映画祭や、ボーン・上田賞等を受賞した綿井氏が語ります。
フリージャーナリスト/
映画監督
綿井 健陽
12/14(金) 名画を語る 「A・ヒッチコック監督作品」を語る。
「サスペンスの神様」と言われた監督を、名作「サイコ」などを通して語ります。
映画の語り部
元NHKBS映画支配人
渡辺 俊雄
10
12/21(金)
12/14(金)
「W・ワイラー監督・作品」を語る。
「ローマの休日」「ベンハー」等で、アカデミー監督賞を3回受賞した名監督を語ります。
ドキュメント映画「いのち」監督
元NHKプロデューサー
林 勝彦
10 12/21(金) 「A・ヒッチコック監督作品」を語る。
「サスペンスの神様」と言われた監督を、名作「サイコ」などを通して語ります。
映画の語り部
元NHKBS映画支配人
渡辺 俊雄
11 1/18(金) 「成瀬巳喜男監督・作品」を語る。
成瀬監督は、黒澤明、溝口健二、小津安二郎に加え、邦画4大監督の一人です。
映画の語り部
元NHKBS映画支配人
渡辺 俊雄
12 1/25(金) 「今村昌平監督・作品」を語る。
今村監督は、「楢山節考」「うなぎ」で、カンヌ国際映画祭の最高賞を受賞しています。
ドキュメント映画「いのち」監督
元 NHKプロデューサー
林 勝彦
連絡
事項
都合により日程、学習内容、講師は変更する場合がございます。
※変更(7/13):講師都合により、12/14(金)と12/21(金)の学習内容・講師が入れ換えになりました。
※変更(10/24 25):講師都合により、10/26(金)は休講になりました。補講日は決まり次第連絡いたします。講師都合により、10/26(金)は休講の予定でしたが、講師スケジュール調整の結果、予定通り実施となりました。




WS 13 生命のしくみ、生物の複雑性と多様性の獲得について        ※実験あり
【定員】 40 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 科学
【時 間】 座学15時00分〜17時00分(7回) 実験10時00分〜14時00分(5回分)(計12回)
概要 地球上に生命が誕生してから約40億年の間に、極めて多様な生物が生まれ、その多くは非常に複雑な体を持つようになりました。1つの受精卵からどのようにして複雑な体が作られるか、また、生物はどのようにして多様性を獲得してきたかを環境と関連づけてお話しします。さらに生物の最も複雑なシステムである脳神経系の働きについて説明し、高齢化社会における最大の問題のひとつであるアルツハイマー病の発症メカニズムについてもお話しします。また、大腸菌によるヒトタンパク質の発現と、生産物の分析に関する実験を行います。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/28(金) 川崎市
生涯学習
プラザ

15:00〜17:00
生命誕生と真核生物誕生 お茶の水女子大学教授
服田 昌之
10/5(金) 多様な動物のボディプランの基本型
10/19(金) 神経の起源と複雑化
10/26(金) 動物の環境応答
11/9(金) 人類進化の道のり
11/16(金) 神経細胞の働き 元放送大学教授
室伏 擴
11/30(金) アルツハイマー病
8〜12 12/18(火) お茶の水女子大学

10:00〜14:00
大腸菌によるヒトタンパク質の発現と生産物の分析 A班実施・
B班休み
元放送大学教授
室伏 擴
12/19(水)
12/20(木)
1/8(火) 大腸菌によるヒトタンパク質の発現と生産物の分析 A班休み・
B班実施
1/9(水)
1/10(木)













このページの先頭へ