受講案内:2018年度後期 木曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。



下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
環境とみどり講座環境とみどりWS人間学講座人間学WS音楽T講座
音楽U講座音楽・芸能WS






講座 20 【講座名】 持続可能な社会における環境・みどり・防災
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
環境とみどり 【時 間】 毎回10時15分〜12時00分(計12回) 第6回(11/15)は野外学習です。午前中スタートとなります。16時頃終了予定です。
概要 近年、地球温暖化がますます進行する中、大災害も頻発しています。私たちはどのようにして各種環境問題や自然災害を克服して住みよい社会を創り出していけば良いのか。この講座では持続可能な社会の創出に向けて、みどり(自然)の課題を中心に、環境学や防災学に関する最新の知識をやさしく学びます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/4(木) 川崎市
生涯学習
プラザ
講座の紹介・トピック 東京大学名誉教授
太田 猛彦
10/11(木) グローバルGAPについて GAP普及推進機構理事長
横田 敏恭
10/18(木) 土砂災害とその対策 砂防・地すべり技術センター研究顧問
池谷 浩
10/25(木) 持続可能なバイオエネルギー利用に向けて 自然エネルギー財団
上級研究員
相川 高信
11/8(木) 森林環境税と市町村の役割 東京大学名誉教授
太田 猛彦
11/15(木) 山梨県 ★ (合同講座)北口本宮富士浅間神社と青木ヶ原樹海の自然体験 
11/22(木) 川崎市
生涯学習
プラザ
木からお酒を造る方法 森林総合研究所
研究ディレクター
眞柄 謙吾
11/29(木) 印旛沼流域の水循環健全化を通じた超学際的取り組みと地域創り 千葉大学教授
近藤 昭彦
12/6(木) 醸造学の基礎 東京大学特任准教授
丸山 潤一
10 12/13(木) 水循環基本法について 東京大学教授
蔵治 光一郎
11 1/17(木) FSC森林認証制度―私たちが森を守る 東京大学名誉教授
太田 猛彦
12 1/24(木) 1年間のとりまとめ
連絡
事項
★は野外学習です。 
※一部講師の日程は入れ替わることがあります。 
※第6回(11/15)は講座とワークショップの合同講座です。バスを利用し、費用が別途5,000〜7,000円かかる予定です。 バスの手配はオリエンタル観光にお願いしています。 
※野外学習を安全に運営するための費用を初日に集めます。




WS 8 【ワークショップ名】 身近な環境とみどりの探求        ※発表あり
【定員】 50 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 8,640 円  聴講生 9,720 円
【ワークショップ】 環境とみどり
【時 間】 毎回 13時15分〜15時15分(計12回)ただし、第1回・第12回および野外学習は16時頃終了となることがあります。第5回(11/15)と第10,11回(12/20)は午前中スタートとなります。
概要 環境とみどりの講座で学んだことをさらに探求するため、身近な環境・みどり(自然)・防災(災害)について、実際にかかわっている方々のお話を聞いたり、現地を見学したりするワークショップです。もちろんワークショップのみの受講も歓迎です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/4(木) 生涯学習プラザ はじめのワークショップ 東京大学名誉教授
太田 猛彦
10/11(木) 川崎市緑の基本計画 川崎市建設緑政局
緑政部みどりの企画管理課
10/18(木) 多摩区 ★ 川崎の農業(都市型農業、農家への取組、地産地消)を学ぼう
―小黒恵子童謡記念館にて
川崎市経済労働局
都市農業振興センター
農業振興課課長 韮澤 純二
「たちばな農のあるまちづくり」推進会議
会員農家
11/8(木) 生涯学習プラザ 地生態学の基礎 東京学芸大学名誉教授
小泉 武栄
11/15(木) 山梨県 ★ (合同講座)北口本宮富士浅間神社と青木ヶ原樹海の自然体験 東京大学名誉教授
太田 猛彦
11/22(木) 生涯学習プラザ 災害時の廃棄物対策と感染症 日本環境衛生センター
研修事業部長
環境カウンセラー
村岡 良介
11/29(木) 東京都大田区 ★ ヤマトグループ 羽田クロノゲート 見学 羽田クロノゲート 説明員
12/6(木) 生涯学習プラザ 野田としょうゆ醸造 キッコーマン(株)研究開発本部
阪上了一
12/13(木) 高津区 ★ 光触媒ミュージアム 見学と簡単な実験体験 神奈川県立
産業技術総合研究所
落合 剛
10、11 12/20(木) 千葉県野田市 ★ もの知りしょうゆ館見学と江戸川河川事務所訪問 キッコーマン
もの知りしょうゆ館 説明員
国土交通省
関東地方整備局
江戸川河川事務所
12 1/24(木) 生涯学習プラザ グループ活動の発表 東京大学名誉教授
太田 猛彦
連絡
事項
★は野外学習です。 
※第5回(11/15)は講座とワークショップの合同講座です。 
※第5回合同講座(11/15)と第10,11回(12/20)はバスを利用し、費用が別途5,000〜7,000円かかる予定です。 バスの手配はオリエンタル観光にお願いしています。 
※野外学習を安全に運営するための費用を初日に集めます。




講座 21 【講座名】 生老病死の思想――人間学再論
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
人間学 【時 間】 毎回13時00分〜14時30分(計12回)
概要 われわれは、なにを願い、なにを楽しみ、なにを悲しみ、それらをどのように求めたり、表現したりしているのであろうか。このような問いを、あらためて生老病死の思想という視点からそれぞれの分野の講師にじっくり語ってもらいます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/4(木) 川崎市
生涯学習
プラザ
霊・霊魂・たましいについて考える 鎌倉女子大学教授
竹内 整一
10/11(木) AIは天国・地獄を信じるか? 東京大学教授 藤原 聖子
10/18(木) 生の現実感、死の現実感@ 哲学者
内山 節
10/25(木) 生の現実感、死の現実感A
11/8(木) 永遠の命をめぐって 評論家 芹沢 俊介
11/15(木) 老耄という適応 看取り医・東京大学名誉教授 大井 玄
11/22(木) 仏教的人間観から生きる知恵をさぐる 武蔵野大学特任教授
丸井 浩
11/29(木) いのちを呼びさます――人の体と心 東京大学病院内科医
稲葉 俊郎
12/6(木) 人生の肯定とは何を意味しているのか:その哲学の射程 早稲田大学教授 森岡 正博
10 12/13(木) 科学的生命観と人生論的生命観 東京大学教授 小松 美彦
11 1/17(木) 現代葬儀論 宗教学者 島田 裕巳
12 1/24(木) 「死んだら終わりですか?」――ある母親からの問いかけ 大谷大学学長 木越 康




WS 9 【ワークショップ名】 『古今和歌集』の人間像        ※講義の後に討論あり
【定員】 30 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 人間学 【時 間】 毎回15時00分〜17時00分(計12回)
概要 『古今和歌集』の歌には、平安時代の人々の自然や人間に対する豊かな思いがこめられています。一首一首をきめ細かなことばの味わいに即して読み解き、その思考や感性に迫ります。テキストは、角川ソフィア文庫を用います(すでに他のものをお持ちであれば、それでもかまいません)。各回に自由な感想発表や質疑応答の時間を設けます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/4(木) 川崎市
生涯学習
プラザ
『古今和歌集』とはどんな歌集か(成立・構造・歌風) 青山学院大学教授
高田 祐彦
10/11(木) 春の歌を読み味わう(春上・下巻)
10/18(木) 秋の歌を読み味わう(秋上・下)
10/25(木) ほととぎすと雪(夏と冬の歌)
11/8(木) 別れと旅立ち(離別・羇旅)
11/15(木) お祝いと遊び心(賀・物名)
11/22(木) 恋はいかに始まるか(恋一・恋二)
11/29(木) 恋はいかに展開するか(恋三・恋四)
12/6(木) 恋はいかに終わるか(恋五)
10 12/13(木) 死を悼む(哀傷)
11 1/17(木) 人生の諸相(その1、雑上)
12 1/24(木) 人生の諸相(その2、雑下・雑躰)




講座 22 【講座名】 モーツァルトの交響曲を通して聴こう
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 9,720 円  1年会員 10,800 円  聴講生 14,040 円
音楽T 【時 間】 毎回10時40分〜12時10分 (計12回)
概要 モーツァルトは古典派作曲家としては唯一人すべてのジャンルの作曲を試みた存在でした。前期の協奏曲と同様、交響曲の分野でも、古典派の作品の誕生から終焉の全過程、全カーヴをみずから描き切っています。その全体像を皆様と一緒に忠実に追い、聴き取って頂きましょう。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/27(木) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
モーツァルトの交響曲誕生物語 日本モーツァルト研究所
所長 海老澤 敏
10/4(木) 最初の<ヴィーン交響曲>をめぐって
10/11(木) ザルツブルクでのシンフォニスト・デビュー
10/18(木) イタリアのシンフォニーアの中のモーツァルト
10/25(木) モーツァルトの<ザルツブルク・シンフォニー>
11/15(木) パリの<サンフォニー>の只中のモーツァルト
11/29(木) 二つの 《ハフナー・シンフォニー》 の境域
12/13(木) レクチャー・コンサート 室内楽編曲版交響曲を中心に
曲目:《交響曲 第40番 ト短調》K.550(M.クレメンティ編曲)他  **1
演奏者:高市 紀子(フルート)、篠ア 功子(ヴァイオリン)、
松波 恵子(チェロ)、小川 京子(ピアノ)、海老澤 敏(解説)
12/20(木) 《リンツ》 と 《プラハ》 ―二つの古典派シンフォニー代表作―  日本モーツァルト研究所
所長 海老澤 敏
10 1/24(木) <三大交響曲>の世界 ― 《変ホ長調シンフォニー》
11 1/31(木) <三大交響曲>の世界 ― 《ト短調シンフォニー》
12 2/7(木) <三大交響曲>の世界 ― 《ジュピター交響曲》
連絡
事項
**1−第8回(12/13)に演奏家の方を招いて演奏会を予定しております。この日はこの講座の受講生以外の方も受講できる日です。資料代として1,500円を頂きます。受講をご希望される方は事前の申込みの必要はありません。当日直接会場へお越し下さい。




講座 23 【講座名】 世界音楽の多様な表情―その豊穣な広がりを読み解く
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 10,260 円  1年会員 11,340 円  聴講生 14,580 円
音楽U 【時 間】 毎回14時00分〜15時30分 (計12回) 
概要 さまざまなメディアを通して世界の音楽に親しむ機会が増えました。その見方、聴き方の手がかりを知ることで、さらに身近な存在となります。今回は楽器、国民的な音楽様式、楽師にスポットライトをあてて豊かでユニークな音の世界をのぞいてみます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/27(木) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
楽器の諸相@アジアのkoto―その多様な表現をさぐる 国立音楽大学教授
横井 雅子
10/4(木) 楽器の諸相Aバリのガムラン―音楽的構造と楽器製作の現場
10/11(木) 楽器の諸相B不思議な工夫の楽器たち
10/18(木) キルギスの音楽をきく
【ゲスト】ウメトバエヴァ・カリマン(コムズ、口琴)
     **1
10/25(木) ヨーロッパの国民的様式@ポロネーズ
11/15(木) ヨーロッパの国民的様式Aポルカ
11/29(木) ヨーロッパの国民的様式Bハンガリー風
12/13(木) ヨーロッパの国民的様式Cコロ
12/20(木) フォルクローレをきく
【ゲスト】池山由香(アルパ )、
リッキー・ロドリゲス(ケーナ、チャランゴ )  **2
10 1/24(木) 楽師の世界@トルコの吟遊詩人
11 1/31(木) 楽師の世界Aユダヤの大衆音楽家
12 2/7(木) 楽師の世界Bアフリカから世界へ―グリオ
連絡
事項
**1,**2の回は演奏家の方を招いて演奏会を予定しております。この日はこの講座の受講生以外の方も受講できる日です。資料代として各回1,000円を頂きます。事前の申込みの必要はありません。当日直接会場へお越し下さい。




WS 10 【ワークショップ名】 昭和の思い出の名優 その1 ―17代目中村勘三郎
【定員】 44 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 音楽・芸能 【時 間】 毎回13時30分〜15時30分 (計12回)
概要 昭和の思い出の名優ー平成が終わり昭和はますます遠い風景となります。しかし、私たちの記憶・回想・思い出に昭和は生きています。劇場で観たあの芝居・この芝居、あの役者・この役者。記憶に刻まれた役者を語ることで、戦後歌舞伎史を振り返りたいと考えています。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/4(木) 麻生市民館
第1会議室
江戸時代の中村勘三郎家 白百合女子大学講師
安冨 順
10/11(木) 麻生市民館
視聴覚室
17代目勘三郎―その父と二人の兄
10/25(木) 麻生市民館
第1会議室
舞台の裏表から見た17代目勘三郎(1) 明治大学教授
神山 彰
11/1(木) 勘三郎の時代物(1) 白百合女子大学講師
安冨 順
11/15(木) 麻生市民館
視聴覚室
勘三郎の時代物(2)
11/29(木) 麻生市民館
第1会議室
舞台の裏表から見た17代目勘三郎(2) 明治大学教授
神山 彰
12/6(木) 麻生市民館
視聴覚室
勘三郎の世話物(1) 歌舞伎研究家
大倉 直人
12/13(木) 麻生市民館
第1会議室
勘三郎の世話物(1)
1/17(木) 麻生市民館
視聴覚室
勘三郎の踊り 群馬県立女子大学講師
阿部 さとみ
10 1/24(木) 麻生市民館
第1会議室
勘三郎家と猿若流の踊り
11 1/31(木) 勘三郎と8代目竹本綱太夫 武蔵野美術大学講師
小島 智章
12 2/14(木) 麻生市民館
視聴覚室
21世紀の歌舞伎俳優への期待」(仮題) 交渉中
連絡
事項
※日程や学習内容が変わることがあります。













このページの先頭へ