受講案内:2017年度前期 金曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
世界史講座みどり学U講座山の自然学講座美術U講座美術T・UWS
エクセレントU講座経済講座経済WS映像・メディア講座






講座 23 【講座名】 地中海世界の歴史 3  近世・近代編
【定員】 144 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 世界史 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 地中海世界は16世紀以降、かつての栄華を次第に失っていきますが、文化や文物の十字路として重要な役割を果たし続けました。近世・近代を中心に、さまざまな勢力の対立や交流と、各地域社会の形成のあり方を通して、多様な地中海世界の姿を明らかにします。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/14(金) 生涯学習
プラザ
近世の地中海世界―東と西のせめぎ合い 日本女子大学教授
北村 暁夫
4/21(金) オスマン帝国の支配と統合(15世紀末〜17世紀) 千葉大学准教授
秋葉 淳
5/12(金) オスマン帝国近世の都市社会
5/19(金) ヴェネツィアの栄光と衰退 日本女子大学教授
北村 暁夫
6/2(金) ナポリの都市文化と社会(16〜19世紀) 東京大学特任准教授
河村 英和
6/9(金) アドリア海東岸の地域社会(15世紀〜20世紀) 日本女子大学講師
木村 真
6/16(金) スペイン帝国下のバルセローナ:「衰退」と近代の発展を可能にした「躍動」 慶應義塾大学教授
山道 佳子
6/23(金) 近世アラブ世界の情勢(16世紀〜18世紀末) 一橋大学名誉教授
加藤 博
6/30(金) 「グランド・ツァー」とイタリア美術・風景・文化 東京大学特任准教授
河村 英和
10 7/7(金) バルカン・ナショナリズムの覚醒とオスマン帝国からのギリシャの独立 東洋大学教授
村田 奈々子
11 7/14(金) ムハンマド・アリーの生涯に映し出された東地中海世界 一橋大学名誉教授
加藤 博
12 7/21(金) 「東方問題」とヨーロッパ列強(18世紀後半〜19世紀) 日本女子大学講師
木村 真




講座 24 【講座名】みどり学U―木や草が生活とつながるおもしろさを極める
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 みどり学U
【時 間】 講義:10時30分〜12時00分、 野外:10時30分〜14時30分(バスハイクは別途)(計12回) 
概要 みどり学は自然環境を幅広く学ぶ講座です。より具体的に身近な自然との触れ合いの中から学んだ知恵を、生活の中で生かしたり、周囲の市民やさまざまな活動に還元することをめざします。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
1、2 4/14(金) 皇居北の丸公園 皇居周辺に広がる自然をブラタモリしながらみどり学で見る A班実施・B班休み 樹木医
石井 誠治
4/21(金) B班実施・A班休み
3、4 5/12(金) 群馬県沼田市 新緑のブナが美しい玉原湿原と国天雌雄同種の大クワ(バスハイク) A班実施・B班休み
5/19(金) B班実施・A班休み
6/2(金) 生涯学習プラザ パピルスと和紙 〜エジプトと日本の先史・古代文明を比較しながら〜 A・B班実施 紙の博物館前学芸部長
辻本 直彦
6、7 6/9(金) 小田原 小田原フラワーガーデンのバラとハナショウブとアジサイの競演 A班実施・B班休み 樹木医
石井 誠治
6/16(金) B班実施・A班休み
6/23(金) 生涯学習プラザ 世界遺産「白神山地のブナ林」は原生林か? A・B班実施 宇都宮大学名誉教授
谷本丈夫
6/30(金) シカが食べるササとシバ A・B班実施 元麻布大学教授
高槻 成紀
10 7/7(金) 庭園を飾るアジサイとムクゲのひみつ 〜人の好みと園芸品種〜 A・B班実施 森林インストラクター
武部 令
11 7/14(金) 記者が観たフランスの世相と自然 A・B班実施 朝日新聞元パリ支局長
冨永 格
12 7/21(金) フランスの風景画にみる樹木の位置づけとその手法 A・B班実施 樹木医
石井 誠治
連絡
事項
※本講座は、みどり学の受講経験の長い方が比較的多く受講しています。
※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※4/7(金)10時30分より小一時間ほどオリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※バスハイクは別途6,000円〜7,500円程かかる予定です。




講座 25 【講座名】 山の自然学
【定員】 30 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 山の自然学
【時 間】 講義:13時00分〜14時30分  野外:10時30分〜14時30分(バスハイクは別途)(計12回) 
概要 山の自然学とは、山や川、丘陵などの自然をそのまま、まとめて把握しようとする分野です。植物や湧水等がなぜそこにあるかを、地形・地質や気候、水条件などからつながりの形で解明します。講座の半分は野外で自然を観察し、残りはその時々の話題を拾って紹介します。知的登山、あるいは知的観光といってもよい分野です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/7(金) 生涯学習プラザ カンアオイの分布と生態をめぐって 東京学芸大学名誉教授
小泉武栄
1、
2、3
4/14 (金) 横浜市青葉区 寺家の自然を見る(横浜市の多摩丘陵) 東京学芸大学名誉教授
小泉武栄
3、
4、5
5/12(金) 東京都
国立市・立川市
谷保天神ーママ下湧水ー矢川緑地

6/2(金) 生涯学習プラザ 環境アセスメントをめぐる最近の話題
氷河時代の置き土産
(株)地域環境計画
増澤 直

東京学芸大学名誉教授
小泉武栄
6、
7、8
6/9(金) 長野県
北八ヶ岳
北八ヶ岳の坪庭、縞枯山を訪ねる(バスハイク) 東京学芸大学名誉教授
小泉武栄

6/23(金) 生涯学習プラザ 生糸が紡ぐ日本の過去と未来・フランスと富岡から見えてくるカイコとクワ 樹木医
石井 誠治

10
6/30(金) 早池峰と秋田駒ケ岳の自然再考 東京学芸大学名誉教授
小泉武栄
10
11
7/7(金) 蛇紋岩地の植生と蝶のつながり 日本鱗翅学会評議員
美ノ谷 憲久
11 7/14(金) カンアオイの分布と生態をめぐって 東京学芸大学名誉教授
小泉武栄
12 7/21(金) 氷河時代の置き土産
環境アセスメントをめぐる最近の話題
東京学芸大学名誉教授
小泉武栄

(株)地域環境計画
増澤 直
連絡
事項
※本講座は、長年みどり学を受講した方に向けた内容となっております。
※今期からコース名を「山の自然学」に変更しました。
※野外学習は、歩行距離やアップダウンがある行程となりますのでご注意ください。
※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※4/7(金)の11時12時30分より小一時間程度オリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※バスハイクは別途7,000円〜8,000円程かかる予定です。
※変更(2/6):講師都合により、第5回と第12回の担当日を上記のように入れ替えました。
※変更(2/15):講師都合により、第11回7/14(金)は4/7(金)に日程変更して実施することとなりました。これに伴い、オリエンテーションは12時30分から30分間で実施いたします。




講座 26 【講座名】 西洋絵画を作った人々―24人の変革者たち
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 美術U 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分、 第7回目のみ10時00分〜11時30分(計12回) 
概要 西洋美術の歴史のなかには、特に大きな変化をもたらした画家たちがいます。本講座では、そのなかから24人の画家をとりあげて見ていきます。彼らについて知ることは、美術の大きな流れを把握し、そして彼らを生み出した社会をも理解することにつながります。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/ 7(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
ジョットとマザッチョ 東京造形大学教授
池上 英洋
4/14(金) ミケランジェロとラファエッロ
5/12(金) ヤン・ファン・エイクとティツィアーノ
5/19(金) カラッチとカラヴァッジョ
5/26(金) ブリューゲルとフェルメール
6/2(金) アングルとドラクロワ
6/9(金) ターナーとクールベ
6/16(金) マネとモネ
6/23(金) モローとセザンヌ
10 6/30(金) ゴッホとゴーギャン
11 7/14(金) ピカソとクレー
12 7/21(金) デュシャンとウォーホル
連絡
事項
※美術U講座の様子は、運営世話人の皆さまによる講座紹介ブログ「美術U・新百合ヶ丘」がありますので、ご覧ください。




WS− 12 【ワークショップ名】 西洋美術作品の意味を読み解く
【定員】 40 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 美術T・U 【時 間】 毎回13時30分〜15時30分 (計12回) 
概要 WSでは西洋美術作品の意味を読み解く作業を行います。前半では図像学、後半では図像の意味内容を解釈する図像解釈学の方法を習得します。WSは大学のゼミにあたりますので、受講される方にも作品の意味について積極的に調査をし、発表をお願いいたします。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/ 7(金) 新百合21
ビルB2
第2会議室
受胎告知とその意味―イタリアと北方 多摩美術大学教授
諸川 春樹
4/14(金) 鏡の図像学―宗教画と世俗画
5/12(金) 都市生活の図像学―善徳と悪徳
5/19(金) 鏡と歪み―ホルバイン「大使たち」
5/26(金) 死生観と芸術―墓碑の美術
6/ 2(金) ヴィーナスと三美神―ボッティチェッリ「春」
6/16(金) ヴィーナス信仰―ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」
6/23(金) メランコリーの流行―デューラー「メランコリアI」
6/30(金) 芸術家と表現の自由―ジョルジョーネ「テンペスタ(嵐)」
10 7/14(金) 猥褻か芸術か―コレッジョ「ゼウスとイオ」
11 7/21(金) 芸術家と検閲―ミケランジェロとヴェロネーゼ
12 7/28(金) 広告塔としての芸術作品―シニョリーア広場の彫刻




講座 27 【講座名】 江戸社会と文化
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 エクセレントU 【時 間】 毎回13時30分〜15時00分(計12回)
概要 1603年の徳川家康の江戸開府より265年にわたり、天下の総城下町江戸では、諸国の武士や商工者たちが集住し、独自の都市社会を形成した。その江戸で、鎬(しのぎ)を削る匠たちの技と身分差を越えた文化サロンを中心に、江戸文化が新たに創造された。その特色について紹介する。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/ 7(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
武都江戸の成立とその社会の仕組み 淑徳大学客員教授
小澤 弘
4/14(金) 江戸の人びと一武家と町人の人生・暦・時刻
5/12(金) 江戸の寺院と信仰(寛永寺・増上寺・浅草寺・本願寺など) 武蔵大学・東京女子大学講師
滝口 正哉
5/19(金) 江戸の神社と信仰(東照宮・神田明神・山王・ハ幡・天神・天神など)
5/26(金) 江戸の歳時と祭り
6/2(金) 江戸の武家の住まいと暮らし
6/16(金) 江戸の町方の住まいと暮らし
6/23(金) 江戸のインフラ(水道・下水など)
6/30(金) 江戸の食文化と市場 成城大学
民俗学研究所研究員
小沢 詠美子
10 7/14(金) 江戸の女性の装いと化粧
11 7/21(金) 江戸の湯屋
12 7/28(金) 江戸の盛り場(浅草奥山・上野山下・両国・芝神明・深川ハ幡など)




講座 28 【講座名】 1917年と2017年―アメリカ発ふたつの大転換点の世界経済を読み解く
【定員】 144 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 経済 【時 間】 毎回13時00分〜14時30分(計12回)
概要 1917年は第一次世界大戦の真っ最中。両陣営あい拮抗するなか,アメリカが参戦。戦局は一転して英仏側に有利となり,終戦。その後100年の世界経済はアメリカ主導で展開することになりました。今年2017年はアメリカにトランプ政権がスタート。100年前にも匹敵する世界経済の大転換が始まるのか,そこを読み解きます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/14 (金) 生涯学習
プラザ
1917年以降と2017年 ―― 農業は? 食糧生産は? 駒澤大学名誉教授
瀬戸岡 紘
4/21 (金) 1917年以降と2017年 ―― 工業は?
5/12 (金) 1917年以降と2017年 ―― 技術革新と新興産業は?
5/19 (金) 1917年以降と2017年 ―― 商業は? サーヴィス業は?
6/ 2 (金) 1917年以降と2017年 ―― 金融は?
6/ 9 (金) 1917年以降と2017年 ―― 資本の集積と集中は?
6/16 (金) 1917年以降と2017年 ―― 富裕層は? 格差は?
6/23 (金) 1917年以降と2017年 ―― 一般市民の生活は?
6/30 (金) 1917年以降と2017年 ―― 新しい経済と文化は? 教育は?
10 7/ 7 (金) 1917年以降と2017年 ―― 世界のなかでのアメリカ経済は?
11 7/14 (金) 1917年以降と2017年 ―― ヨーロッパ・中東の経済は?
12 7/21 (金) 1917年以降と2017年 ―― アジア・太平洋の経済は?




WS− 13 【ワークショップ名】 日本の格差「分断社会」拡大を解決する財政戦略
【定員】 35 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 経済 【時 間】 毎回15時00分〜17時00分(計12回)
概要 今の日本社会は、所得格差が大きい格差社会であるだけでなく、人々がバラバラになって対立する「分断社会」に陥っています。格差を是正するはずの財政政策がうまく機能していません。こうした状況がなぜ生まれたのかを分析し、すべての人の基礎的ニーズを満たす「必要原理」に基づく新しい発想の日本財政を考えていきます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/14 (金) 生涯学習
プラザ
はじめに/オリエンテーション 横浜市立大学名誉教授
金子 文夫
4/21 (金) 分断社会とは何か?−傷み、弱者に冷淡な私たちの社会
5/12 (金) 分断社会はこうして生まれたー勤労国家日本の負の遺産
5/19 (金) 救済型の再分配のジレンマが分断を招く
6/ 2 (金) 三つの罠が生み出す分断社会(様々な格差)
6/ 9 (金) 財政再建は政府の恫喝、更に分断を増幅
6/16 (金) 総額重視の日本財政の結末は、公平性に名を借りた財政支出削減
6/23 (金) 不幸の連鎖からの脱却=必要原理とは何か?
6/30 (金) 必要原理にもとづく制度改革へ
10 7/ 7 (金) 来たるべき財政の胎動ー何が転換を妨げるのか?
11 7/14 (金) 日本財政の限界を突破する変化の胎動
12 7/21 (金) まとめ/経済時代の終焉と財政の原理の転換
連絡
事項
テキスト:井手英策・古市将人・宮崎雅人共著『分断社会を終わらせるー「だれもが受益者」という財政戦略ー』(筑摩選書、1600円+税)




講座 29 【講座名】懐かしの名作を語る―「人気番組」「受賞作品」「スポーツドキュメンタリー」
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 映像・メディア 【時 間】 毎回13時00分〜14時30分 (計12回)
概要 「懐かしの名作を語る」12本は@「人気番組シリーズを語る」A 「監督・制作者が語る受賞作品」B「スポーツ ドキュメンタリー」シリーズを各4本で編成する。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/14(金) 生涯学習プラザ @人気番組シリーズを語る 「ブラタモリ」人気番組はどの様にして生まれたのか? タモリさんに関する秘話も含めて語って貰う。 NHKエンターテイメント部
エグゼクティブプロデューサー
山名 啓雄
4/21(金) 「大河ドラマ」演出・制作5本という最多記録を持つ齋藤暁が語る大河ドラマの過去・現在・未来。 元NHK放送総局長
齋藤 暁
5/12(金) 「コズミックフロント NEXT」 大宇宙の神秘を「ハッブル望遠鏡」等の映像を基に最新情報とロマンを語って貰う。 NHK科学・環境部
プロデューサー
柴崎 壮
5/19(金) 「ファミリーヒストリー 」名作「プロジェクトX」を立ち上げたデスクが、その精神を生かし開発した番組を語る。 NHK経済・社会情報部
プロデューサー
小山 好晴
6/2(金) A監督・制作者が語る受賞作品 広河隆一 は、「パレスチナ」や「とチェルノブイリ」の報道活動により 「土門拳賞」 など受賞。名作の秘訣は何か?自作を語る。
交渉中
安間総介はテレビ国際コンクールで最も権威ある賞の一つ「イタリア賞」を2度受賞している稀有な制作者である。今回は、「空白の110秒」を取り上げ、なぜスクープできたのかなどを語る。
フォトジャーナリスト
広河 隆一

交渉中
東京工科大学名誉教授
元NHK衛星放送局局長
安間 総介
6/9(金) 工藤真理子は 、NHK特集「安野光雅 ファーブル昆虫記の旅」で放送文化基金賞受賞。撮影困難な「フンコロガシ」の成功秘話物語。 フリージャーナリスト、
元NHKディレクター
工藤 真理子
6/16(金) 龍村仁は、映画「 地球交響曲 」で京都府文化功労賞などを受賞。なぜ第8番まで続いたか?動機と目的を語る。 映画監督
龍村 仁
6/23(金) 林勝彦は、Nスペ「柳田邦男の生と死を見つめて 脳低体温療法の衝撃」で放送文化基金 など受賞。スクープはなぜ生まれたのか? 科学ジャーナリスト
林 勝彦
6/30(金) Bスポーツ ドキュメンタリー NHK特集「江夏の21球」。「原作を超える番組を!」との部長命令に答えた、N特を代表するスポーツドキュメンタリーを語る。 元NHKエンタープライズ
社長、
宮崎県立芸術劇場館長
佐藤 寿美
10 7/7(金) Nスペ「ミラクルボディー 世界最速の秘密 ウサイン・ボルト」。シリーズ開発者のチーフ・プロデューサー が動機と舞台裏を語る。
ミラクルボディ 世界最速の秘密 ウサイン・ボルト
NHKグローバル
メディアサービス
チーフプロデューサー
小泉 世里子

日本陸上競技連盟男子短距離強化委員会
科学スタッフ
小林 海
11 7/14(金) アスリートの魂「終わりなき挑戦 視覚障害者ランナー 道下 美里」 リオのパラリンピックマラソンで銀メダルを獲得する迄を追跡した、道下美里選手のドキュメンタリー。 NHK報道局
チーフプロデューサー
坊 恵一
12 7/21(金) 「スポーツと勝負脳」 北島康介らを指導しオリンピックの優勝に導いた脳科学とは何か?ベストセラー「勝負脳の鍛え方」の著者が語る。 マイアミ大学終身名誉教授
林 成之
連絡
事項
都合により日程、学習内容、講師は変更する場合がございます。
※変更:都合により、第5回6/2(金)は講師と内容が変更になります。決まり次第連絡いたします。上記のように変更になりました。
※変更:7/7(金)の学習内容と講師が変更になりました。













このページの先頭へ