受講案内:2017年度後期 土曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
歴史(川崎学)講座




講座 30 【講座名】 村・共同体をみなおす―3回シリーズのまとめ
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 歴史(川崎学) 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 地域住民がどう生きてきたのかという視点に立って、新しい川崎の歴史を考えます。受講生が講師と一緒に考えることを大切にしたいので、フィールドワークでは地域の調べ方や見方も学びます。今回は3回シリーズのまとめとして最終講義には3人の講師を交えて質疑応答形式で深めます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/30(土) 生涯学習プラザ 森林飽和―歴史との接点を探る かわさき市民アカデミー学長
太田 猛彦
10/7(土) 小河川に面した縄文ムラ―東京都下宅部遺跡でみる植物利用 東村山ふるさと歴史館学芸員
千葉 敏郎
10/14(土) 多摩川の沖積微高地の古代集落跡―東京都落川・一の宮遺跡の諸相 元東京都教育委員会学芸員
福田 健司
10/21(土) 武蔵国橘樹郡衙に関わった人達―古墳や火葬墓から探る 日本考古学協会会員
村田 文夫
10/28(土) 現地見学 小沢城趾・天神山を歩く―古代から現代の史跡を見る 明治大学講師
渡辺 賢二

戦国史研究会会員
中西 望介
11/18(土) 生涯学習プラザ 多摩川流域の中世城郭―小沢城などを中心に 中世城郭研究会代表
八巻 孝夫
11/25(土) 多摩丘陵の開発―小沢郷・菅生郷の成立と武士団 國學院大學栃木短期大学准教授
菱沼 一憲
12/2(土) 戦乱から住民が学んだこと―南北朝から戦国期 戦国史研究会会員
中西 望介
12/9(土) 多摩川をはさんだ村々のつながり―江戸期を中心に 地域史研究家
長島 保
10 12/16(土) 有吉堤の建設―多摩川の治水工事をめぐって 国土交通省国土技術政策総合研究所主任指導官
和田 一範
11 1/20(土) 現地見学 千人が学んだ私塾・奚疑塾―根問いの学び 明治大学講師
渡辺 賢二
12 1/27(土) 生涯学習プラザ シリーズ「村・共同体をみなおす」講座のまとめ―3人の講師をまじえて深める 中西望介村田文夫渡辺 賢二
連絡
事項
初回(9/30)は、コーディネーターの中西望介講師の話と事務連絡があるため、10時00分にお集まりください。
※野外学習を安全に運営するための費用を初日に集めます。


















このページの先頭へ