受講案内:2017年度後期 金曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
世界史講座みどり学U講座山の自然学講座美術U講座美術T・UWS
エクセレントU講座経済講座経済WS映像・メディア講座






講座 23 【講座名】 地中海世界の歴史4 近代・現代篇(19世紀後半から現在まで)
【定員】 144 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 世界史 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 近現代の地中海世界は、ヨーロッパの植民地主義による支配とそれに対する抵抗、二つの世界大戦での激戦、東西冷戦による分断、グローバル化による地域社会の流動化などを経験してきました。国際政治の激動の最前線となってきた地中海世界の近現代史を、地域による差異に注目しつつ読み解きます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/29(金) 生涯学習
プラザ
統一イタリア王国と地中海世界 日本女子大学教授
北村 暁夫
10/6(金) 地中海でのイギリスの存在と国際政治の展開(19世紀後半〜20世紀初頭)
10/13(金) フランスと北アフリカの相克(18〜20世紀) 学習院女子大学准教授
工藤 晶人
10/20(金) バルカン半島のナショナリズム(19世紀後半〜20世紀初頭) 日本女子大学講師
木村 真
10/27(金) 第一次世界大戦前後の地中海 東洋大学教授
村田 奈々子
11/17(金) 戦間期国際政治の舞台としての地中海 千葉大学教授
石田 憲
11/24(金) 第二次世界大戦後の東地中海と米ソ冷戦 東洋大学教授
村田 奈々子
12/8(金) 東地中海・北アフリカにおける民族解放戦争・革命とその後 日本女子大学教授
臼杵 陽
12/15(金) 「アラブの春」とは何だったのか
10 12/22(金) 「ケマル後」のトルコの歩み アジア経済研究所研究員
今井 宏平
11 1/19(金) 南欧諸国の民主化と欧州統合 神奈川大学助教
小山 吉亮
12 1/26(金) 「難民の海」となった地中海 日本女子大学教授
北村 暁夫




講座 24 みどり学U―木や草が生活とつながるおもしろさを極める
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 みどり学U
【時 間】 講義:10時30分〜12時00分、 野外:10時30分〜14時30分(バスハイクは別途)(計12回) 
概要 みどり学は自然環境を幅広く学ぶ講座です。より具体的に身近な自然との触れ合いの中から学んだ知恵を、生活の中で生かしたり、周囲の市民やさまざまな活動に還元することをめざします。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/29(金) 生涯学習プラザ 身近な毒草・薬草との付き合い A・B班
実施
森林インストラクター
中西由美子
10/6(金) コウモリの世界 A・B班
実施
コウモリ写真家
大沢夕志
10/13(金) 黒川
青少年
野外活動
センター
身近な植物で染める楽しい草木染
(実習)
A班午前・
B班午後
草木染の会 四反田有弘と
その仲間
4、5 10/20(金) 軽井沢 軽井沢植物園と雲場池の紅葉
(バスハイク)
A班実施・
B班休み
樹木医 石井誠治
10/27(金) B班実施・
A班休み
6、7 11/17(金) 水元公園 都立公園最大の広さを誇る水元公園の散策 B班実施・
A班休み

A班実施・
B班休み
11/24(金) A班実施・
B班休み

B班実施・
A班休み
8、9 12/8(金) 四季の森 紅葉から明るい落葉の森に変化する雑木林を楽しむ B班実施・
A班休み
森林インストラクター
武部 令
12/15(金) A班実施・
B班休み
10 12/22(金) 生涯学習プラザ アキタスギの成立と人の働き A・B班
実施
宇都宮大学名誉教授
谷本丈夫
11 1/19(金) 日本の森林・林業の行方Part2 A・B班
実施
岐阜県森林アカデミー教授
原島幹典
12 1/26(金) チャノキの個性と茶花のカレンダー〜お茶のよもやま話〜 A・B班
実施
森林インストラクター
武部 令
連絡
事項
※本講座は、みどり学の受講経験の長い方が比較的多く受講しています。
※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※9/29(金)10時00分よりオリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※軽井沢のバスハイクは別途6,000円〜7,500円程かかる予定です。草木染の実習は別途5,000円程かかる予定です。
※野外学習を安全に運営するための費用を初日に集めます。
※変更(8/22):都合により、水元公園での野外学習の実施日を入れ替えました。




講座 25 【講座名】 山の自然学
【定員】 30 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 山の自然学
【時 間】 講義:13時00分〜14時30分  野外:10時30分〜14時30分(バスハイクは別途)(計12回) 
概要 山の自然学とは、山や川、丘陵などの自然をそのまま、まとめて把握しようとする分野です。植物や湧水等がなぜそこにあるかを、地形・地質や気候、水条件などからつながりの形で解明します。講座の半分は野外で自然を観察し、残りはその時々の話題を拾って紹介します。知的登山、あるいは知的観光といってもよい分野です。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/29(金) 生涯学習プラザ ニュージーランドの自然2 東京学芸大学名誉教授
小泉 武栄
2、3 10/27(金) 山梨県
甲州市
柳沢峠〜六本木峠
地質−岩塊斜面−森林のつながりを探る
(バスハイク)
4、5 11/10(金) 東京都
豊島区・北区
駒込〜王子
石神井川の流路変遷の跡を現地で探す
11/24(金) 生涯学習プラザ 小笠原の自然
7、8 12/1(金) 東京都
港区・千代田区
赤坂〜清水谷
江戸時代の赤坂溜池の跡、日枝神社の立地、大久保利通暗殺の場となった清水谷の地形について考える
12/22(金) 生涯学習プラザ 四国の自然(石鎚山・面河渓・白髪山・剣山)
10 1/12(金) ドロミテの自然
11 1/26(金) 台湾の自然
12 2/9(金) 氷河時代の発見の物語
連絡
事項
※本講座は、長年みどり学を受講した方に向けた内容となっております。
※野外学習は、歩行距離やアップダウンがある行程となりますのでご注意ください。 ※みどり学3講座と山の自然学のうち2講座が抽選となった場合、できるだけ多くの方に受講いただくために、該当講座に両方併願して当選した方について、どちらか一方の受講となるよう調整いたします。
※9/29(金)12時30分より30分間オリエンテーション(野外学習についての連絡等)を実施します。
※バスハイクは別途7,000円〜8,000円程かかる予定です。
※野外学習を安全に運営するための費用を初日に集めます。




講座 26 【講座名】 弱点克服!西洋美術の主題物語
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 美術U 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回) 
概要 昨今の美術展は大盛況ですが、その反面、作品の主題がよくわからなくてもどかしい思いをされたことはありませんか。宗教画にせよ、神話画にせよ、私たちに馴染みのない主題は多いものです。そこで今回はよく登場する主題の意味を系統的に学んで、弱点克服を目指します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/29(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
聖母マリアの物語;誕生、受胎告知、聖霊降臨、お眠り 多摩美術大学教授
諸川 春樹
10/6(金) キリストの物語1;降誕、三博士の礼拝、幼児虐殺
10/13(金) キリストの物語2;洗礼、奇跡、エルサレム入城
10/27(金) キリストの物語3;最後の晩餐、逮捕、磔刑
11/17(金) キリストの物語4;埋葬、復活、昇天
11/24(金) 聖人の物語1;四福音書記者、聖ペテロ、聖パウロ、聖女マグダラのマリア
12/1(金) 聖人の物語2及び象徴的表現
12/15(金) 旧約聖書の物語1;天地創造、原罪,ノアの物語
12/22(金) 旧約聖書の物語2;アブラハム、イサク、ヨセフ、ヤコブ、
10 1/12(金) 旧約聖書の物語3;サムソン、ダビデ、ソロモン、ユディト、スザンナ
11 1/26(金) オリュンポス十二神の物語;ゼウス、ヴィーナスなど
12 2/2(金) その他の重要な神話的主題;ヘラクレス、ダナエとペルセウス、ナルシスなど
連絡
事項
※美術U講座の様子は、運営世話人の皆さまによる講座紹介ブログ「美術U・新百合ヶ丘」がありますので、ご覧ください。




WS 12 【ワークショップ名】 ギリシャ・ローマ神話の主題とその表現を巡る旅
【定員】 40 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 美術T・U 【時 間】 毎回13時30分〜15時30分(計12回)
概要 「ギリシャ・ローマ神話は面白いが、神々の名前を覚えるのが大変」という方を対象に、西洋美術に登場するさまざまな神話的主題を解説します。と同時に、なぜその主題が選ばれたのかについて、受講される皆さんと直接、あるいはレポートなどでダイナミックに議論することで、当時の文化の一端に触れてみたいと思います。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/29(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
ヴィーナスの誕生 多摩美術大学教授
諸川 春樹
10/6(金) 三美神とキュ−ピッド
10/13(金) ゼウスの愛
10/27(金) 男神を巡る物語1;アポロン、ヘパイストス、ポセイドン、
11/17(金) 男神を巡る物語2;ヘルメス、アレス、ディオニュソス
11/24(金) 女神を巡る物語;ヘラ、アテナ、アルテミス
12/1(金) 神々を巡る物語;巨人族の戦い
12/15(金)   人間と神々の主題;プロメテウス、ナルシス、アラクネなど
12/22(金) 英雄の物語1;ヘラクレス
10 1/12(金) 英雄の物語2;ぺルセウス、オイディプス、オルフェウス
11 1/26(金) 怪物たち、その他の重要な主題;サテュロス、ケンタウロス、ハルピュイアなど
12 2/2(金)  実践編;神話主題をいかにして読み解くか




講座 27 【講座名】 江戸社会と文化 (2)
【定員】 300 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 エクセレントU 【時 間】 毎回13時30分〜15時00分(計12回)
概要 1603年江戸開府より265年にわたり、天下の総城下町江戸では、諸国の武家や商工者たちが集中し、独自の都市社会を形成。その江戸で鎬を削る匠たちの技と身分差を超えた文化サロンを中心に、江戸文化が新たに創造されました。その特色について前期講座に引き続き紹介します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/29(金) 新百合
21ビルB2
多目的
ホール
江戸の画壇と文芸〜狩野派・俳諧・戯作〜 淑徳大学客員教授
小澤 弘
10/6(金) 江戸の教育〜昌平黌と手習所・稽古所〜 成城大学民俗学研究所研究員
小沢 詠美子
10/13(金) 江戸の治安と支配〜町触れなど〜
10/27(金) 江戸の流行病と治療・呪い
11/17(金)   江戸の旅と五街道 淑徳大学客員教授
小澤 弘
11/24(金) 江戸の暦と時刻〜時の鐘〜 徳川林政史研究所非常勤研究員
浦井祥子
12/1(金) 江戸の災害と対策〜火事・地震・風水害〜 成城大学民俗学研究所研究員
小沢 詠美子
12/15(金) 江戸の情報文化〜出版と取締り〜
12/22(金) 江戸の浮世絵〜当世風俗〜 淑徳大学客員教授
小澤 弘
10 1/12(金) 江戸の芝居 成城大学民俗学研究所研究員
小沢 詠美子
11 1/26(金) 江戸の華「吉原」と遊里文化
12 2/2(金) 江戸の評判美人と名所 淑徳大学客員教授
小澤 弘




講座 28 【講座名】 星の王子さまが見たら何というだろう―停滞と混迷の2017年世界経済
【定員】 144 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 経済 【時 間】 毎回13時00分〜14時30分(計12回)
概要 2017年の世界は、経済面では停滞を深め、それを受けて政治面でも混迷の度を深めています。しかし、そういう状態が長くつづくと、人は慣れっこになって、異常さに鈍感になりがちなものです。そこで、「星の王子さま」のような純粋な気持ちになって、この異常ともいえる今日の世界経済を俯瞰してみます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/29(金) 生涯学習
プラザ
現在のアメリカ経済の全体像を捉えてみよう 駒澤大学名誉教授
瀬戸岡 紘
10/6(金) トランプ政権下でアメリカはどう変化したか?
10/13(金) カナダ・メキシコ・中南米の経済はどうなっているか?
10/20(金) EU離脱を決めたイギリス,いま経済は?
10/27(金) ドイツ経済は,いま?―― ドイツはEUを支えられるのか?
11/17(金) フランス経済は,いま? 南ヨーロッパ経済は,いかに?
11/24(金) プーチン下でロシア経済は? 東ヨーロッパ経済は,いま?
12/8(金) 中国経済の現実は? どうなる?「一帯一路」構想
12/15(金) 朝鮮半島の現実 ―― 北朝鮮と韓国の経済は,いま?
10 12/22(金) 南アジアと西アジアの経済は,いま?
11 1/19(金) 2017年の世界経済全体をふりかえって
12 1/26(金) オリンピックを再来年にひかえて,日本経済は?
連絡
事項
情勢の推移によっては,順序や内容が入れかわることがあります。




WS 13 【ワークショップ名】 日本の財政危機をどう考えるのか?私たちの選択
                              ※討論・発表中心
【定員】 35 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 経済 【時 間】 毎回15時00分〜17時00分(計12回)
概要 政府の借金がGDPの2倍以上に膨らんでいる日本の財政は崖っぷちにあるのか、あるいはまだまだ大丈夫なのか。見解の分かれている日本の赤字財政の現状について、楽観論と危機論という対照的な認識を示す2冊のテキストを読み比べ、財政問題への理解を深めるとともに、今後の日本経済の展望を試みます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/29 (金) 生涯学習
プラザ
はじめに/オリエンテーション 横浜市立大学名誉教授
金子 文夫
10/ 6 (金) テキストA:日本経済と政府の実力は?
10/13 (金) テキストA:日本の財政は破綻するのか、しないのか?(T)
10/20 (金) テキストA:日本の財政は破綻するのか、しないのか?(U)
10/27 (金) テキストA:税と社会保障と金利の真実
11/17 (金) テキストA:日本財政の羅針盤の方向を考える
11/24 (金) テキストB:このままでは日本は破綻する
12/ 8 (金) テキストB:突出して膨らむ日本の借金
12/15 (金) テキストB:危機のシグナルー金利・格付け
10 12/22 (金) テキストB:少子高齢化の財政への影響
11 1/19 (金) テキストB:今後の財政政策を考える
12 1/26 (金) 全体のまとめ
連絡
事項
テキストA:上念司著『財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済』(講談社+α新書、880円+税)
テキストB:伊藤隆俊著『日本財政「最後の選択」』(日本経済新聞社、1800円+税)、テキストA、Bとも事前に各自ご購入下さい。
グループ毎にテキストの担当部分の概要等を発表していただき、全体で討議するゼミ形式です。グループと担当部分は初回時に決定します。                                      




講座 29 懐かしの名作を語る―「私が愛した放送番組」「日本劇映画」
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 映像・メディア 【時 間】 毎回13時00分〜14時30分 (計12回)
概要 2017年後期は、受講生から要望の高かった著名アナウンサーや人気番組の制作者が語る「私が愛した放送番組」8本と「日本劇映画」4本で編成します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/29(金) 生涯学習プラザ 私が
愛した
放送番組
を語る
「大相撲」を語る:
NHK時代の大相撲中継で知られた杉山氏は、退職後も、こよなく愛し続けている「大相撲」を語ります。
日本福祉大学客員教授/
元NHKアナウンサー
杉山 邦博
10/6(金) 「古典朗読」を語る:
朗読の名人として知られる加賀美氏は、現在も古典を愛し、古典朗読の講演で引っ張りダコです。
千葉市女性センター名誉館長/
元NHKアナウンサー
加賀美 幸子
10/13(金) 「英雄たちの選択」を語る:
NHKの人気番組の一つ「英雄たちの選択」の現役のプロデューサーが、舞台裏も含めて語ります。
NHKエンタープライズ
プロデューサー
斎藤圭介
10/20(金) 「ドクターG」を語る:
受講生の要望が高い「ドクターG」の制作主体は、外部プロダクションです。広瀬氏が苦労話も含めて語ります。
プロダクション・
(有)ホームルーム代表
広瀬凉二
10/27(金) 「のど自慢」を語る:
NHKの長寿番組「のど自慢」を担当した吉川氏は、退職後 憧れの歌手に転身しました。歌手が番組を語ります。
歌手・司会/
元NHKアナウンサー
吉川精一
11/17(金) 「BSプレミアム グレートレース」を語る:
困難な山岳コースを何日もかけて競い合う、人生を変える「グレートレース」をプロデューサーが語ります。
NHKエンタープライズ
プロデューサー
神部恭久
11/24(金) 「医療・福祉番組」を語る:
東大医学部卒のアナウンサーは、解説委員、ディレクターへと転身しましたが、追求したテーマは一貫して医療・福祉です。
医療ジャーナリスト/
元NHKディレクター
迫田朋子
12/8(金) 「NNNドキュメント」を語る:
民放のドキュメントの源流は、日テレの「 ノンフィクション劇場」です。原発問題などに取り組む加藤氏が語ります。
日本テレビ放送網
報道局ディレクター
加藤就一
12/15(金) 日本
劇映画
を語る
「日本劇映画百年〜名場面でつづる一世紀の歩み〜」を語る (前編):
映画好きの林氏は、上記の番組を制作していますが、前編の見所は4人の名監督、8人の名優による「巌流島の決闘」です。
科学ジャーナリスト/
元NHKプロデューサー
林 勝彦
10 12/22(金) 「日本劇映画百年〜名場面でつづる一世紀の歩み〜」を語る (後編):
戦前の検閲から解放され、戦後は自由な表現へと花開いてゆきます。カラー映画も始まり、数々の名作を語ります。
1110 1/19(金) 「小津安二郎監督を語る」:
「東京物語」は、国際的な投票により世界一の名作に選定されています。制作した番組を通して巨匠を語ります。
映画評論家/
NHK衛星映画劇場支配人
渡辺 俊雄
1211 1/26(金) 「山田洋次監督を語る」:
監督と懇意な渡辺氏が、代表作「男はつらいよ」などを通して、人気のある映画と名監督の魅力を語ります。
12 2/9(金) 私が
愛した
放送番組
を語る
「古典朗読」を語る:
朗読の名人として知られる加賀美氏は、現在も古典を愛し、古典朗読の講演で引っ張りダコです。
千葉市女性センター/
元NHKアナウンサー
加賀美 幸子
連絡
事項
都合により日程、学習内容、講師は変更する場合がございます。
※変更(8/22):都合により、10/6(金)の回は、2/9(金)に変更になりました。













このページの先頭へ