受講案内:2016年度前期 土曜日の講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
歴史(川崎学)講座心理学講座>/心理学WS




講座 30 【講座名】 地域から見た歴史観―川崎に足跡をのこした人々
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 歴史(川崎学) 【時 間】 毎回10時30分〜12時00分(計12回)
概要 「地域と他地域との行き来」を視点に据えながら、時代毎に地域に生きた人々の足跡を取りあげる。それを学ぶことは、日本全体の中でこの地域の位置づけを明らかにすることになるだろう。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/16(土) 生涯学習プラザ 礎のはじまり―縄文人・弥生人の足跡から 東高根森林公園副所長
小薬 一夫
4/23(土) 五世紀のヒトとモノを語る―多摩川流域の古墳から 世田谷区教育委員会
寺田 良喜
5/7(土) 野毛大塚古墳 野毛の王墓めぐり―都史跡・野毛大塚古墳ほか
5/14(土) 生涯学習プラザ 荘園にいきる人々―多摩川流域の荘園から 國學院栃木短期大学准教授
菱沼 一憲
5/21(土) 戦国時代の武士と民衆―小机領を中心に 成蹊大学名誉教授
池上 裕子
5/28(土) 小机城 南武蔵の拠点小机城とその周辺を歩く 湘南医療福祉専門学校講師
中西望介
6/4(土) 生涯学習プラザ 二ケ領用水と小泉治太夫 地域史研究家 長島 保
6/11(土) 中原街道をゆく―御殿の道・物流の道 前品川歴史館副館長
柘植 信行
6/18(土) 品川宿 品川御殿・品川宿をめぐる
―中原街道・東海道の分岐点 品川
湘南医療福祉専門学校講師
中西望介
10 7/9(土) 生涯学習プラザ 自由民権運動と川崎市域の人々 京浜歴史科学研究会会員
大湖 賢一
11 7/16(土) 京浜工業地帯の成立と女子労働者 前敬和学園大学教授
加納 実紀代
12 7/23(土) 沖縄と川崎 明治大学講師
渡辺賢二




講座 31 【講座名】 現代日本の課題をめぐる心理学からの挑戦―自分らしく生きるための絆を求めて
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 8,640 円  1年会員 9,720 円  聴講生 12,960 円
【コース】 心理学 【時 間】 毎回 13時30分〜15時00分(計12回)
概要 少子高齢化が進む現代日本には様々な課題が山積しています。これらの課題に心理学からメスを入れ、実証データに基づいて課題解決の方途を探ります。問題解決の鍵は人と人との絆です。心理学分野で明らかにされた実証的証拠に基づき、親子の絆・夫婦の絆・家族の絆・地域の絆の大切さをめぐって、「講義」とその発展学習としての「ワークショップ」を展開します。受講生のみなさまには、現代日本の課題の解決の方途を探りつつ、実証科学としての心理学の醍醐味を味わっていただきたいと思います。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/16(土) 生涯学習
プラザ
言語と意識の起源―ネアンデルタールはことばを話したか お茶の水女子大学名誉教授
内田 伸子
4/23(土) 人間は世界をどのように認識しているか―脳と心の関係 十文字学園女子大学教授
池田 まさみ
5/7(土) 文化の中で育つ子どもの心―こんなに違う子育てと自他のとらえ方 埼玉大学准教授
清水 由紀
5/14(土) ヒトはなぜ恋愛するのか―生物学的な視点から 東京大学特任准教授
坂口 菊恵
5/21(土) 恋愛の心理―美人とは何か、ハンサムとは何か 法政大学教授
越智 啓太
5/28(土) 子どもの学びに社会はどう関わるか―人間力育成の場としての地域教育 東京大学教授
市川 伸一
6/4(土) 司法面接―子どもの目撃証言や虐待被害の事実確認の方法 北海道大学教授
仲 真紀子
6/11(土) 犯罪心理学で犯人を推定する―プロファイリングとは何か 法政大学教授
越智 啓太
6/18(土) 善悪の起源:子どもの道徳性はどのように発達するのか? 横浜市立大学教授
10 7/9(土) クリティカルな思考とは―豊かなコミュニケーションのために 十文字学園女子大学教授
池田 まさみ
11 7/16(土) 児童虐待からの再生―愛着の結び直し お茶の水女子大学名誉教授
内田 伸子
12 7/23(土) 高齢期の人とのつながりと幸福感―自分らしく生きるための絆を求めて 東京大学特任講師
菅原 育子
連絡
事項
ワークショップでは、講座で学んだ内容を深め、掘り下げます。




WS− 14 【ワークショップ名】 WS 現代日本の課題をめぐる心理学からの挑戦
          ―自分らしく生きるための絆を求めて
【定員】 72 名  【受講料(税込)】2年会員 12,960 円  1年会員 12,960 円  聴講生 14,040 円
【ワークショップ】 心理学 【時 間】 毎回 15時15分〜16時45分(計12回)
概要 心理学講座の講義での学びを広げ・深め・日常生活に活用するために、受講生参加型のワークショップを展開します。参考文献や映像資料、新聞記事などを用いて、質疑応答と討論(グループ討論や全体討論)などを取り入れたアクティブ・ラーニングを展開します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
4/16(土) 生涯学習
プラザ
言語と意識の起源―ネアンデルタールはことばを話したか
  ―DVD視聴後 ことばの起源や心の芽生えについて討論する
お茶の水女子大学名誉教授
内田 伸子
4/23(土) 人間は世界をどのように認識しているか―脳と心の関係
 ―心理学実験で検証してみましょう
十文字学園女子大学教授
池田 まさみ
5/7(土) 文化の中で育つ子どもの心―こんなに違う子育てと自他のとらえ方
  ―私達の考え方・感じ方と文化の関係を、演習を通して考えてみましょう
埼玉大学准教授
清水 由紀
5/14(土) ヒトはなぜ恋愛するのか―生物学的な視点から
  ―生物としての人間をどのように研究したらよいか考えてみましょう
東京大学特任准教授
坂口 菊恵
5/21(土) 恋愛の心理―美人とは何か、ハンサムとは何か
   ―恋愛をどのように研究するか実際に実習してみましょう
法政大学教授
越智 啓太
5/28(土) 子どもの学びに社会はどう関わるか―人間力育成の場としての地域教育
   ―学びのポイントラリーを事例に、地域教育の活性化の方法を議論する
東京大学教授
市川 伸一
6/4(土) 司法面接―子どもの目撃証言や虐待被害の事実確認の方法
   ―子どもから自発的な報告を求める
北海道大学教授
仲 真紀子
6/11(土) 犯罪心理学で犯人を推定する―プロファイリングとは何か
   ―最近の事件の犯人を科学的に推定してみる
法政大学教授
越智 啓太
6/18(土) 善悪の起源:子どもの道徳性はどのように発達するのか?
   ―「道徳の時間」のDVD視聴後、教育の可能性について考える
横浜市立大学教授
長谷川 真里
10 7/9(土) クリティカルな思考とは―豊かなコミュニケーションのために
   ―自己分析を通して考える
十文字学園女子大学教授
池田 まさみ
11 7/16(土) 児童虐待からの再生―愛着の結び直し
   ―DVD視聴と虐待発生の社会的背景と防止策について討論する
お茶の水女子大学名誉教授
内田 伸子
12 7/23(土) 高齢期の人とのつながりと幸福感―自分らしく生きるための絆を求めて
   ―川崎市の調査結果について皆で議論する、自身の人や地域とのつながりについて考える
東京大学特任講師
菅原 育子
連絡
事項
ワークショップでは、アクティブラーニングを目的として、講師と受講生の対話を大切にしながら講座で学んだ内容を深め、掘り下げます。


















このページの先頭へ