受講案内:2015年後期 地域協働講座

*開講後の講座・ワークショップの日程変更等については、
事務局または各講座・ワークショップの運営世話人にご確認ください。


下記コース名をクリックすると該当講座へ移動します。
人形劇講座民俗芸能講座大学連携講座福祉講座企業連携講座教育講座






講座 A 【講座名】  プロから学ぶ人形劇 U
【定員】 20 名  【受講料(税込)】 4,110 円  【人形材料費】 1,500円(初回集金)
【コース】 人形劇 【時 間】 毎回10時00分〜12時00分(計5回)
概要 「ひょっこりひょうたん島」で知られる人形劇団ひとみ座の指導で、簡単な人形作りから動かし方、表現方法まで、基本を楽しく学ぶ初心者向けの講座。
プロの真似をしながら覚えて、演じることができるように目指します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/19(月) 生涯学習
プラザ
講師の演目を鑑賞 / 自分の役の人形を作る 1 人形劇団ひとみ座
村上良子
10/26(月) 自分の役の人形を作る 2  / 本読み
11/9(月) 人形を動かして演技する 1
11/16(月) 人形を動かして演技する 2 
11/30(月) みんなで楽しく発表会 協力:
(公財)現代人形劇センター
連絡
事項
※第1回目に、必ず出席できる方。
※第1回/第2回 持ち物:簡単な裁縫セット【 裁縫用はさみ・木綿糸(何色でも可)・針・待ち針数本・目打ち(あれば) 】




講座 B 【講座名】 民俗芸能U〜川崎の祭りと舞
【定員】 30 名  【受講料(税込)】 4,110 円
【コース】 民俗芸能 【時 間】 毎回13時30分〜15時00分(計5回)現地見学は集合時間・場所は別途連絡
概要  昔から川崎の人々のくらしの中で行われた「祈り」や「願い」。これをかたちにして生まれた民俗芸能は21世紀の今もなお、川崎の各地でしっかりと受け継がれ、大切な文化遺産として守られてきています。川崎の地に住む者として、先人の「祈り」や「願い」に触れ、地域への思いを深めるのにふさわしい講座です。今回は祭りや舞を現地で解説を交えて見学します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
9/15(火) 生涯学習
プラザ
豊潤な川崎の祭りと民俗芸能の魅力を知る 琉球大学名誉教授
小島 瓔禮(よしゆき)
9/20(日) 白幡神社 白幡八幡大神例大祭・禰宜(ねぎ)舞
宮司による講話と質疑応答
禰宜舞保存会
会長 小泉 直穂
10/4(日) 菅生神社 初山獅子舞 川崎市民俗芸能保存協会
会長 矢澤 博孝
(初山獅子舞保存会)
10/11(日) 野川神明社 野川囃子 野川囃子保存会
会長 中里 幸男
10/20 (火) 生涯学習
プラザ
川崎の民俗芸能の未来に向けて
〜担い手が思いを語る〜
琉球大学名誉教授
小島 瓔禮

新城郷土芸能囃子曲持保存会
会長
廣山 秀治




講座 C 【講座名】 最先端科学の知られざる自然科学史とエピソード
【定員】 50 名  【受講料(税込)】 4,110 円
【コース】 大学連携 【時 間】 毎回13時30分〜15時00分 (計5回)
概要 カーナビは、大航海時代の執念の産物であることを知る人は少ない。本講座では、科学技術の基礎を築いたガリレオの時代を振り返り、日本の科学技術の隠された一面をエピソードで語り、現代社会に不可欠の情報の意味を探り、社会が抱える巨大システムとリスクについて、システム工学の視点から俯瞰します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/6(火) 生涯学習
プラザ
サイエンスが実学であった時代
―ガリレオの業績と時間間隔の導入・彼を夢中にさせた経度測定と懸賞金・天文学と航海術
慶應義塾大学大学院
システムデザイン・
マネージメント研究所顧問
工学博士  狼 嘉彰
10/20(火) 江戸から明治までの日本の科学
―東京駅八重洲口の由来・徳川時代の科学と関孝和・幕末のエンジニアたち:勝海舟、榎本武揚
11/10(火) 情報の不確かさと現代の不安
―ローマ皇帝のサイコロ、フランスのカード、フェルミ推定と壺の中の貨幣、12枚の硬貨、5人の農夫
11/17(火) 巨大システムのマネジメントとリスク
―エネルギ、電力、原子力発電、科学技術立国と国際的責任など
11/24(火) 科学技術リテラシーと人材育成
―グローバリズムに立ち向かう




講座 D 【講座名】 認知症の理解と支援―傾聴ボランティア活動
【定員】 40 名  【受講料(税込)】 8,220 円
【コース】 福祉 【時 間】 1回〜4回/13時30分〜15時00分 、5回〜10回/13時00分〜17時00分
概要 認知症は、本人や家族のみならず地域社会にとっても重要な課題となっています。前半は、認知症への正しい理解を進め社会的支援について学びます。後半は、傾聴の意義と基本、傾聴ロールプレイをとおした実践的な技術を学びます。生活や仕事に役立てたり、ボランティア活動に役立てたりするための知識と手法を身につけるための講座です。
月/日(曜日)時間会場学習内容講師名(敬称略)
10/7(水) 13:30~15:00 街ぐるみ認知症
相談センター
川崎市での実際の取り組みを見てみよう!
見学会:武蔵小杉駅徒歩2分 日本医科大学武蔵小杉キャンパス 南館1階
日本医科大学
街ぐるみ認知症相談センター
並木 香奈子
10/14(水) 13:30~15:00 生涯学習
プラザ
本当に知っていますか?認知症 〜基礎知識と早期発見の重要性〜 日本医科大学 武蔵小杉病院
認知症センター部長
北村 伸
10/21(水) 13:30~15:00 認知症にならないために、なったときには 〜予防と治療〜 日本医科大学武蔵小杉病院
神経内科部長 石渡 明子
11/11(水) 13:30~15:00 認知症とともに暮らす 〜望ましい対応やケア、社会の支援〜 日本医科大学
街ぐるみ認知症相談センター
臨床心理士 稲垣 千草
11/18(水) 13:00~15:00 生涯学習
プラザ
講義 〜傾聴の意味と意義〜 NPO法人
ホールファミリーケア協会
事務局長
山田 豊吉
15:00~17:00 講義「認知症高齢者への関わり方」と関わり方ロールプレイ実習(同じ話を繰り返すケース他)
11/25(水) 13:00~15:00 認知症高齢者への関わり方ロールプレイ実習 (ご飯、食べてない他)
15:00~17:00 認知症高齢者への関わり方ロールプレイ実習 (物盗られ妄想、こだわりのケース他)
12/2(水) 13:00~15:00 認知症高齢者の介護家族の傾聴 ※ロールプレイ実習
10 15:00~17:00 傾聴ボランティア活動のすすめ 〜現場の声を聴く〜




講座 E 【講座名】 地域社会に貢献している川崎の会社と人々 その11
【定員】 72 名  【受講料(税込)】 8,220 円
【コース】 企業連携 【時 間】 13時30分〜15時00分   現地3回の開始/終了時間は例外あり(計10回)
概要 川崎は京浜工業地帯の中核都市として、日本経済を牽引してきました。また、モノづくり企業、先端技術の開発・研究機関を多く抱える元気な都市です。 
川崎を中心とした企業・団体・個人の方々から製造、先端技術、環境、まちづくり、福祉等を学び、明るい未来を展望します。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/8(木) 生涯学習
プラザ
生命おどる発酵と醸造
〜麹菌・酵母菌・乳酸菌について〜味わいながら、楽しみながら
(株)片山
代表取締役 片山 雄介
10/15(木) 異分野での新事業創造
〜電子・バイオ・畜産機材から生ハムまで〜
(株)協同インターナショナル
代表取締役社長CEO
池田 謙伸
10/22(木) 世界に通じる、川崎発の新開発ガラスフィルムとは
〜ガラス飛散・防弾・省エネ・温暖化に貢献〜
(株)総商
取締役副社長
青木 秀泰
10/29(木) 光輝くステンレス鋼と高ニッケル合金の世界へ 日本冶金工業(株)
川崎製造所
品質保証部長
吉田 裕志
11/12(木) スマートシティにおける先進交通システムのソリューション (株)東芝
社会インフラシステム社
鉄道・自動車システム事業部
都市交通ソリューション技術主幹
鈴木 勝宜
11/19(木) ものづくりの力を吹き込んだ「会津若松Akisaiやさい工場」 富士通ホーム&
オフィスサービス(株)
先端農業事業部
企画部 部長
野牧 宏治
11/26(木) 現地 長さの単位と測定器のはなし
沼田記念館・ミツトヨ博物館の見学
(株)ミツトヨ
品質保証部
部長 高橋 泰弘
12/3(木) King Skyfrontから生まれる医療産業イノベーション
〜スマートナノマシンで体内病院を目指す〜
(公財)川崎市産業振興財団
ナノ医療
イノベーションセンター
副センター長
岩崎 廣和
12/10(木) 川崎コンビナートにおけるJX日鉱日石エネルギー(株)
川崎製造所の役割
JX日鉱日石エネルギー (株) 川崎製造所
計画グループマネージャー 小室 靖浩
10 12/17(木) 生涯学習
プラザ
腹話術でゴローちゃんと語る市民演劇55年 京浜協同劇団
腹話術師 
しろたに まもる
(平成26年度
川崎市文化賞受賞)
連絡
事項
※第9回は別途バス料金の徴収があります。




講座 F 【講座名】 発達障がいの青年・成人の方の理解を深めるために
【定員】 30 名  【受講料(税込)】 4,110 円
【コース】 教育 【時 間】 毎回 10時00分〜12時00分(計5回)
概要 発達障がいについては社会的にまだ誤解されやすい状況があります。今回は青年・成人の方々の理解を深めます。
月/日(曜日)会場学習内容講師名(敬称略)
10/2(金) 生涯学習
プラザ
講義と演習 概論「発達障がい」とは
――疑似体験(ワークショップ)を通じて発達障がいを理解する――
早稲田大学大学院教職科教授
高橋 あつ子
10/16(金) 講義「就労支援の現場からの悩みと課題」 (株)ダンウェイ社長
(特定社会保険労務士)
高橋 陽子
10/30(金) 講義「発達障がいの息子と共に歩む」
<発達障がいなんのその、それがほくの生きる道>
のびのび会代表
上野 景子
11/13(金) 講義「本人に合った支援のあり方について考える」 川崎市発達相談支援センター
阿佐野 智昭
11/27(金) 討議「発達障がいの方の課題解決に向けて」 (株)ダンウェイ社長
(特定社会保険労務士)
高橋 陽子





















このページの先頭へ