受講案内:講師紹介 わ行

2010年9月27日現在
若松 邦弘
肩書:東京外国語大学大学院総合国際学研究院 准教授
経歴:
東京大学教養学部(国際関係論分科)卒業
ウォーリック大学大学院博士課程修了(PhD in Politics)
東京大学大学院総合文化研究科助手、
東京外国語大学外国語学部助教授を経て
現在 東京外国語大学大学院総合国際学研究院准教授
主な著書:
2007年 『ポスト代表制の比較政治―熟議と参加のデモクラシー』 共著 早稲田大学出版部
2008年 『国境を超える政策実験・EU』 共著 東京大学出版会
アカデミーでの出講:
2010年後期 エクセレントT講座

2010年9月13日現在
青木 康
肩書:立教大学文学部教授
経歴:
1974年3月 東京大学卒業
南山大学、成蹊大学を経て
現在は、立教大学文学部教授
主な著書:
1997年 『議員が選挙区を選ぶ―18世紀イギリスの議会政治』 山川出版社
アカデミーでの出講:
2010年後期 エクセレントT講座

鷲谷 いづみ
肩書:国立大学法人東京大学大学院農学生命科学研究科教授
経歴:
1978年    東京大学理学博士
1986年8月  筑波大学生物科学系講師
1992年9月  筑波大学生物科学系助教授
2000年1月〜 東京大学大学院農学生命科学研究科教授
日本学術会議会員
中央環境審議会委員
林政審議会委員
1997年2月 第5回花の万博記念奨励賞受賞
2008年6月 平成20年度 環境保全功労者 環境大臣表彰
専門は生態学、保全生態学(植物の生活史の進化、植物と動物の生物間相互作用、生物多様性保全のおよび生態系修復のための生態学的研究など)
主な著書:
1996年 『保全生態学入門』 文一総合出版
2004年 『自然再生 持続可能な生態系のために』 中公新書
2006年 『天と地と人の間で』 岩波書店
1999年 『生物保全の生態学』 共立出版
2001年 『生態系を蘇らせる』 NHK出版
2007年 『コウノトリの贈り物』 地人書館
2008年 『絵でわかる生態系のしくみ』 講談社
2010年 『地球環境と保全生物学』 岩波書店 
     『にっぽん自然再生紀行』 岩波書店 など
アカデミーでの出講:
10前期:環境とみどり講座

2013年3月27日現在
和田 眞
肩書:国立大学法人徳島大学名誉教授、前徳島大学理事副学長(教育担当)
経歴:
1970年3月 青山学院大学理工学部科学科卒業 1972年3月 青山学院大学大学院理工学研究科修士課程化学専攻修了 1972年4月 東洋醸造株式会社(現旭化成)研究部研究員 1973年9月 東京工業大学理学部助手(化学科) 1975年4月 東京工業大学総合理工学研究科助手 1977年7月〜1980年3月 米国パデュー大学ならびにカリフォルニア工科大学留学 1980年4月 広島大学理学部化学科助手 1984年4月 同 講師 1988年10月 徳島大学教養部助教授 1991年4月 同 教授 1993年4月 徳島大学総合科学部自然システム学科教授 2005年4月 徳島大学総合科学部長および大学院研究科長 2010年4月 徳島大学理事・副学長(教育担当)
主な著書:
アカデミーでの出講:
13前期:人間学講座

2010年9月2日現在
渡辺 愛子
肩書:早稲田大学文学学術院准教授
経歴:
2000年1月〜2002年3月 日本学術振興会特別研究員
2002年4月〜2004年3月 東京大学大学院総合文化研究科助手
2004年4月〜2007年3月 早稲田大学文学部専任講師
2007年4月〜現在     早稲田大学文学学術院准教授
主な著書:
2008年 『対訳 あらすじで読む英国の歴史』 ジェームス・バータン・渡辺愛子 共著 中経出版
アカデミーでの出講:
2010年後期 エクセレントT講座

2013年9月11日現在
渡辺 一夫
肩書:森林インストラクター・農学博士
経歴:
1998年 東京農工大学大学院修了
現在 NHK文化センター、読売日本テレビ文化センター、毎日文化センター、NHK学園 講師
主な著書:
『森林観察ガイド』築地書館
『イタヤカエデはなぜ自ら幹を枯らすのか』築地書館
『アセビは羊を中毒死させる』築地書館
『公園・神社の樹木』築地書館
『街路樹を楽しむ15の謎』築地書館
アカデミーでの出講:
13後期:みどり学UWS

渡辺 賢二
肩書:明治大学講師
経歴:
明治大学講師
秋田県横手市史近現代編集専門委員
元川崎市史現代編編集専門委員、稲城市史編集委員、日本歴史学協会特別委員
主な著書:
1989年 『私の街から戦争が見えた』 編著 教育史料出版会
1993年 『実物・絵図で学ぶ日本近代現代史』 地歴社
1999年 『平和のための「戦争論」』 教育史料出版会
1999年 『風刺マンガで学ぶ日本近現代』 地歴社
2006年 『近現代日本をどう学ぶか』 教育史料出版会
2007年 『広告・ビラ・風刺マンガで学ぶ日本近現代史』 地歴社 など
アカデミーでの出講:
17後期:歴史(川崎学)講座
17前期:歴史(川崎学)講座
16後期:歴史(川崎学)講座
16前期:歴史(川崎学)講座
15後期:歴史(川崎学)講座
15前期:歴史(川崎学)講座
14後期:歴史(川崎学)講座
14前期:歴史(川崎学)講座
13後期:歴史(川崎学)講座
13前期:歴史(川崎学)講座
12後期:歴史(川崎学)講座
12前期:歴史(川崎学)講座
11後期:川崎学(歴史)講座
11前期:川崎学(歴史)講座
10後期:川崎学(歴史)講座
09後期:川崎学(歴史)講座

2012年3月12日現在
渡辺 章悟
肩書:東洋大学文学部教授
経歴:
1953年 群馬県生まれ 
法政大学文学部哲学科卒業
東洋大学大学院仏教学専攻博士課程修了 文学博士
St.Stephan's College 哲学科客員研究員。
東洋大学文学部インド哲学科助教授を経て現職。
主な著書:
『大般若と理趣分のすべて』(北辰堂) 
『般若心経〜テクスト・思想文化〜』 (大法輪閣)
『金剛般若経の研究』(山喜房佛書林)
『ブッダを知る事典』佼成出版社
『絵解き般若心経―般若心経の文化的研究』ノンブル社
アカデミーでの出講:
12前期:人間学WS 11前期:エクセレントU講座

2013年4月現在
渡辺 秀文
肩書:東京大学名誉教授
経歴:
1977年3月 東京大学理学系大学院地球物理学専攻博士課程修了(理学博士)
1977年4月 北海道大学理学部助手(有珠火山観測所)
1985年1月 東京大学地球研究所助教授
1986年4月〜1994年6月 伊豆大島火山観測所長併任
1997年4月〜2003年3月 地震研究所火山噴火予知研究推進センター長併任
1998年4月 東京大学地震研究所教授
2010年3月 東京大学地震研究所教授定年退職
2010年4月〜 東京都防災専門員(主任)

1987年4月〜 火山噴火予知連絡会委員
1994年〜2013年3月 火山噴火予知連絡会幹事・伊豆部会長
2004年7月〜2006年6月 日本火山学会会長
主な著書:
「火山活動の予測、地球科学の新展開3」『マグマダイナミクスと火山噴火』、194−203、朝倉書店、2003年
「火山噴火の予知をめざして」『火山とマグマ』、215−233、東京大学出版会
アカデミーでの出講:
15前期:新しい科学の世界講座
13後期:新しい科学の世界講座

渡辺 雅司
肩書:東京外国語大学名誉教授
経歴:
札幌大学教授
同志社大学教授
東京外国語大学教授(2009年3月退官)
主な著書:
1980年 『美学の破壊−ピーサレフとニヒリズム』 白鳥書房
2003年 『明治日本とロシアの影』 東洋書店
アカデミーでの出講:
09後期:エクセレントT講座

2012年5月6日現在
渡辺 美彦
肩書:重永・横田記念板碑研究所理事長
経歴:
川崎市教育委員会(日本民家園・文化財課)など勤務
日本歴史学会、日本考古学会会員
現在、朝倉書店石仏辞典編集委員
主な著書:
『板碑の総合研究2 地域編』
『川崎市史 通史編1 古代・原始・自然環境』
『川崎市史 資料編1 考古、文献、美術工』
アカデミーでの出講:
12前期:歴史(川崎学)講座

和田 あき子
肩書:かわさき市民アカデミー学長//世田谷市民大学運営委員
経歴:
1987年〜1997年 成蹊大学、東京外国語大学、東京大学非常勤講師
1991年〜  世田谷市民大学運営委員・人間ゼミ講師
1993年〜  かわさき市民アカデミー運営委員、文学コース担当
2008年〜  かわさき市民アカデミー学長
主な著書:
1970年 『血の日曜日』(和田春樹と共著) 中公新書
1976年 『世界の女性史・ロシア』(共著) 評論社
2002年 『藤沢周平の世界へようこそ』 かわさき市民アカデミー・ブックレット 他
訳書:
1986年  バークマン『ヴェラ・ザスーリチ ロシア女性革命家の生涯』 三嶺書房
1990年  ラ―リナ『夫ブーハリンの想い出』 岩波書店
1994年  ヤロシンスカヤ『チェルノブイリ極秘』 平凡社
2008年  トロツキー『文化革命論』 現代思潮社 ほか
アカデミーでの出講:
09後期:エクセレントT講座

2012年4月28日現在
和南城 愛理
肩書:町田市立国際版画美術館学芸員
経歴:
お茶の水大学修士課程修了
1989年より町田市立国際版画美術館学芸員
19世紀のヨーロッパ版画担当としてこれまでに下記展覧会等を担当。
1992年「腐食銅版画家協会」展
1994年「版画とボードレール」展
2003年「ラ・カリカチュールー王に挑んだ新聞」展
2012年「版画の冒険」展
主な著書:
アカデミーでの出講:
12前期 美術T・UWS

















このページの先頭へ