アカデミー案内

アカデミーについて紹介したコーナーです。半期ごとに開催されるアカデミー講座の日程表等は「受講案内」をご覧ください。

かわさき市民アカデミーとは

 かわさき市民アカデミー(以下「アカデミー」という)は、1993年10月に開学し、市民が生涯にわたる学習と社会参加を通して積極的に生きることを支援し、活力ある地域社会の創造をめざす市民のために高い専門性を備えた継続的な学習の場を提供しています。受講生が、お互いに学びあい、高めあうことを大切にしています。武蔵小杉の生涯学習プラザを中心に、年間約100講座を開催し、年間受講登録者数延7,000名が学んでいます。
 運営は、市民・受講生が中心となってアカデミーの“市民による運営”を目指し、認定NPO法人かわさき市民アカデミー(2007年設立)(以下「NPOという」)が行っています。
 具体的には、講座運営の中心となる受講生有志による運営世話人の他、受講生のご協力による当番、NPO事務局職員、コーディネーター・講師、川崎市生涯学習財団(以下「財団」という)職員、野外学習サポーターがそれぞれの役割を担いながら、皆で協力して運営を行っています。

学習方法

「会員」として学群に所属し継続的に学ぶ方法と、「聴講生」として希望する講座だけを受講する方法があります。

学習目標

@自らの課題意識に基づく学習・研究によって、現代社会への理解を深め、市民としての自立をめざします。

A学習成果を地域社会に還元していく道すじを学びます。

B学園生活をとおして、より豊かな人間関係を築き、人生の新たな価値を見出します。

講座の種類

@講 座(授業時間は主に90分)

 講師からテーマごとに講義を聴きます。 講座によっては、見学などの実習があります。

Aワークショップ(WS)(授業時間は主に120分、ワークショップにより異なる)

 ゼミナール形式で授業を進めます。参加者自ら参加・話し合い・体験し、受講生がお互いに協力しながら学びます。ワークショップによっては、受講生が共同で作業を行ったり、テーマについてテキストを読んでレポートを発表したり、討議に参加して意見を出し合い自主的に学びます。講師はアドバイザーとして、学問的視野から見解を示していただきます。(各ワークショップの詳細については事務局にお問い合わせください。)

B短期集中講座(授業時間は90分)

 新百合21ビルを会場とし、ひとつのテーマに集中する短期講座です。1テーマ3回を原則とします。

C大学連携講座(授業時間は90分)

 昭和音楽大学との連携によって2017年度後期より初めて開講する講座です。新百合ヶ丘の同大学北校舎を会場として、オペラをテーマに研究者・音楽家が登壇します。

D地域協働講座(授業時間は主に90分)

 2011 年度から(公財)川崎市生涯学習財団のシニア活動支援事業の一環として行っている講座です。社会参加と学習成果の地域への還元=地域課題の解決に生かすことを狙いとして実施しています。財団とNPO の協働で地域協働 講座企画委員会をつくり、講座の企画やカリキュラム作成及び運営等について進めており、福祉やまちづくり、企業連携、大学連携など地域との密着性が高い講座を開講しています。

学期

前期(4〜8月)・後期(10〜翌年2月)の2学期制です。

講座会場

生涯学習プラザを中心に下記の会場で講座・ワークショップを開催しています。
事務局は生涯学習プラザの3階にあります。

生涯学習プラザ新百合21ビル麻生市民館高津市民館ミューザ川崎宮前市民館昭和音楽大学北校舎
東海道かわさき宿交流館

受講生の活動

@かわさき市民フロンティア

 アカデミー修了生により1996年に結成され、福祉活動、美術講座、文化財を訪ねる会、朗読会など、学習成果を地域社会に還元する活動を行っています。

Aアカデミー修了生による市民活動グループ

 地域福祉活動、文化活動、環境・自然保護、国際交流など、幅広い分野にわたって活躍しています。

B主な年間行事

 4月開講式(2019年4月3日)、11月フェスタ(学園祭)(11月上旬)・オープン講座、3月受講生のつどい(2019年3月6日)などの行事が開催されます。

会員制度のご案内

2年会員、1年会員、聴講生の3種の受講形態となっております。新規の2年会員・1年会員は毎年前期講座募集時に募集しています。

後期に初めてアカデミーで受講される方は、後期は「聴講生」として受講することになります。

受講生の所属の種別とそれぞれの制度内容(2019年1月現在)

区分2年会員1年会員聴講生
会員期間2年間1年間期間限定なし
募集時期前期のみ前期のみ毎学期(前期・後期)
学習の継続性継続的な学習を目指す・・・・・・・・・・・・・半期ごとに受講の継続を検討する
入会金(※1)12,960円(2年分)7,560円(1年分)無し
アカデミー講座受講料
(1学期・1講座)
(※2、3)
12回講座は8,640円+α
6回講座は4,320円+α
12回講座は9,720円+α
6回講座は4,860円+α
12回講座は12,960円+α
6回講座は6,480円+α
短期集中講座受講料
(1学期・1講座)
(※2、3)
2,260円2,530円3,340円
大学連携講座受講料
(1学期・1講座)
(※2、3)
8,100円
交流館協力講座受講料
(1学期・1講座)
(※2、3)
4,420円4,960円6,580円
子育て支援講座受講料
(1学期・1講座)
(※2、3)
4,860円+α
保育ボランティア付き1回につき200円(受講申込みの際に申込み)
地域協働講座受講料
(1学期・1講座)
(※2、3)
4,110〜9,720円(各講座資料代は、実費徴収)
アカデミーWS受講料
(1学期・1WS)(※2、3)
6,480円+α〜18,360円+α
学群の選択
(下記参照)
入会時に受講者が選択
(所属名は選択した学群名)
学群選択無し
(所属名は聴講生)
単位制と修了
(修了制度)
30単位取得で修了(取得期限は10年、終了後も同条件で都度修了が可能)
修了式
(受講生のつどい)
修了証・記念品の授与・受講生同士の交流を深める

※金額は税込みです。 ※1:入会金は、入会時に一括してお支払いいただきます。
会員期間の終了後、引き続き2年または1年会員として受講を希望される場合、
   入会金を改めてお支払いいただきます。
※2:1学期に1講座を受講した場合の金額です。
受講料は、受講講座に応じて毎学期申込みをし、受講料をお支払いいただきます。
   回数や運営内容によって金額が異なります。
※3:+αは資料代等です。実費徴収する講座・ワークショップもあります。
※2018年度前期入会の2年会員の皆様につきましては、2019年度は会員期間の2年目となり、会員期間は2019年度後期終了時までとなっております。
※2019年度前期より、修了制度を一部変更し上記の通りになります。詳しくは会員のてびきをご参照ください。

学群の導入について

アカデミーは開学以来、市民の為の知を提供し涵養することを目指してきました。個々の情報・知識を総合し脈絡を読み取り行動の指針とする「結びつけの能力」と情報化社会の中で「批判と識別の能力」を養うことを目標にします。互いに関連の深い領域を緩やかにまとめることにより、学群に所属する者同士で自由闊達な議論が促進される効果が期待されます。また、学群は対抗関係にあるものではなく、一つの山頂を目指す別々のルートとご理解ください。
そこで、2年会員・1年会員は次の学群一覧表から学群をひとつ選びます。アカデミーにおけるご自分のホームグラウンドのようなものとお考えください。選択の目安としては、興味のある分野の講座が多い学群を選ばれることをおすすめします。各学群に該当する講座を必ず受講する必要はありません。なお、聴講生は学群の選択が無いため、所属は「聴講生」という名称になります。

(※2019年度前期から2年会員・1年会員になる方は、会員期間中の学群変更はできません。2018年度に2年会員になった方は、2019年度前期に限り、学群を変更することができます。)

学群学群に属する講座・WS名
政治・経済・社会政治・社会(講座・WS)、国際関係(講座・WS)、経済(講座・WS)、現代事情(講座)、宮前<経済>(講座)
歴史・文学・人間学日本史(講座・WS)、世界史(講座)、文学(講座・WS)、映像・メディア(講座)、人間学(講座・WS)、※社会福祉(WS)
自然科学新しい科学の世界(講座)、いのちの科学(講座)、科学(WS)
環境・みどり環境とみどり(講座・WS)、みどり学T(講座)、みどり学U(講座)、みどり学<フレッシュ>(講座)、山の自然学(講座)、建築と都市(講座)、
音楽・芸能音楽T(講座)、音楽U(講座)、音楽V(講座)、音楽・芸能(WS)、日本の伝統芸能(講座)
美術美術T(講座)、美術U(講座)、美術T・U(WS)、芸術(WS)
川崎学自然T(講座)、自然U(講座)、歴史(講座)、学び・歩くかわさき(講座)、まち歩き(WS)

※エクセレント講座とは、横断的講座で、学群の分類対象になっていませんが、選択することができます。

エクセレント※エクセレントT(講座)、エクセレントU(講座)、エクセレントV(講座)

※このほかに、短期集中講座、交流館協力講座、子育て支援講座、大学連携講座、地域協働講座があります。

※社会福祉(WS)は19前期のみ休止いたします。



会員期間のイメージ

会員か?聴講生か? 所属選びのポイント

例)には資料代等は含まれません。

運営組織について

認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)かわさき市民アカデミーとは

 2007年に市民・受講生が中心となってかわさき市民アカデミーの“市民による運営”を目指し「NPO法人かわさき市民アカデミー」が創設されました。2015年12月には認定NPO法人の認定を受けました。 NPOは理事長以下18名の理事・監事と事務局職員が運営にあたっています。アカデミーの講座・ワークショップは市民・受講生自らの手による運営を目指しており、受講生の皆様にも講座・ワークショップの運営に運営世話人や受付当番としてご協力いただきながら、NPO事務局職員、コーディネーター・講師、財団職員、野外学習サポーターがそれぞれの役割を担いながら、皆で協力して運営を行っています。

藤嶋先生太田先生
認定NPO法人かわさき市民アカデミー理事長
工学博士 前東京理科大学学長
藤嶋 昭
かわさき市民アカデミー学長
東京大学名誉教授
太田 猛彦

(公財)生涯学習財団とは

川崎市生涯学習財団(以下「財団」という)は、市民の学びと活動を支援するための講座等の開催、学習情報の収集および提供、学習の成果を社会還元・地域貢献できるシステムづくり等を行っております。アカデミーは当初財団によって運営されてきました。2011年度からはNPOが全面的にアカデミー運営を実施しておりますが、財団は引き続き協働という形で支援していきます。

副学長、カリキュラム企画・編成委員のご紹介(2019年1月現在)

講座やワークショップの全体的な企画・調整は、太田 猛彦学長(東京大学名誉教授)を中心に、学者・研究者などで構成されている「カリキュラム企画・編成委員会」が中心となって実施しております。

アカデミー紹介動画

2014年度に、かわさき市民活動センターと専修大学ネットワーク情報学部2年次履修「応用演習」の学生との連携事業に参加し、専修大学の学生の手で作成されたアカデミー紹介動画です。

新規受講生紹介制度

 次学期の受講生募集開始時期の時点でアカデミー受講生(現受講生)である方が、新たにご友人やご家族などアカデミーの受講を希望されている方(新規受講生)をご紹介いただき、その方(新規受講生)が、次学期の講座を申込み・受講料の納入をされた場合に、受講料納入の確認後、各講座が開講してからご紹介者(現受講生)と紹介された方(新規受講生)それぞれに記念品をさしあげます。短期集中講座、交流館協力講座、子育て支援講座、大学連携講座、地域協働講座は対象になりません。詳しくは、事務局にお問い合わせください。
下記をクリックすると申込書付のチラシをご覧いただくことができます。

新規受講生紹介制度(申込書付チラシ)
















このページの先頭へ